FC2ブログ
2019年11月4日

「カワイコちゃん」は、妹の家によく顔をだし、エサを食べて行くノラ猫の名前である。白いメス猫でかわいらしいので、「カワイコちゃん」とここでは呼ばれている。

我が家族同様、妹家族もネコ好きだ。数年前まで、20年間共に暮らしてきた二ひきの猫を見送って以来家猫はいないのだが、1年ほど前から来ている。

子猫を産んでは大変であろうと、避妊手術をしてあげるために捕まえて獣医に連れて行こうとなった。それが先週木曜日のこと。

妹夫婦に慣れているのでなんなく籠に入り、無事獣医に連れて行き、丸一日入院してもらうことになったのだが、妹の話によると、週末はあまり顔を見せないノラちゃんらしい。 

kawaikochan1.jpg

ふと、わたしは思った。
ひょっとして飼い主がおり、ウィークデイは勤めがあるゆえ猫を外に出して、勤めがない週末は飼い主、猫共に家で過ごしているのではないか?

妹たちがカワイコちゃんを捕まえて獣医に連れて行った朝は、わたしは20年ぶりに出会う、ポルトで知り合った知人との約束があり池袋まで出かけたのだが、気になっていたのである。

帰宅するなり、妹にどんな具合かと聞くと、いわく、「それがねぇ、獣医から電話がかかってきて、カワイコちゃん、既に手術がしてあったんだって」
や、やっぱり!

普通ノラネコに避妊手術をした後は、それがわかるようにと片耳の少し切目を入れるのだが、避妊手術を確認するために少し切開したので、一晩入院し予防接種も受けさせた妹たちであるが、外の自由を味わった成猫を家猫にするのには、難しさがある。

案の定、用意した大きなケージに入れると出してくれと言わんばかりによく鳴くもので、結局再び外へ放した。

一体どこへ行くのかと妹がカワイコちゃんの後をつけると、どうやらこの辺りが縄張りらしく、近所の家の後ろで用意されてある水をのみ、別の家では車庫の前でゴロンゴロンと地面に背中をこすりつけ、実に悠々と歩くのだそうな。

小春日和もある今の時期はいいのだが、氷雨が降ったり、日に日に寒くなるこれから先は、ノラ猫には厳しい季節に入る。その時は、再び妹たちがケージを組み立て、家に招き入れてくれることを切に望んでいるのである。

我が家の4匹猫は、夫が面倒をみてくれているが、外猫4匹については、うちに掃除に来るおばさんに4週間のわたしの留守中、毎晩エサ運びをしてくれるよう頼んできた。もちろん、4週間分のエサそのものをわたしが前もって飼い揃え、バイト代を払ってのことである。

どこにいても猫好きの人には猫が寄ってくるものだ。

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
・・・ということは・・・
飼い猫ちゃんだったということですね。
このブログを読んで名乗りを上げる飼い主さんが出てくる可能性もなきにしもあらずですね。
それにしても不妊手術を受けさせてあげようとされるお妹さん。真の猫ちゃん好きですね。 かわいこちゃんも幸せです。
2019/11/05(Tue) 06:18 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
近所の誰かの飼い猫だった可能性もなきにしもあらずです。

今ではわたしも触ることができますよ。
2019/11/06(Wed) 18:09 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ