FC2ブログ
2019年12月10日
 
日本から帰って以来一か月ほど、老猫の本格的な介護をしていました。

これまでに飼ってきた猫を何匹か見送りましたが、今回の猫、クルルにするような本格的な介護は初めてでした。夫の話によると、粗相が始まったのはわたしが返ってくる2週間ほど前だとのこと。わたしの4週間の帰国は猫にしてみれば約1年間の時間に例えられるとあります。

しばらく前から、ひたすら食べ物をねだり、食べても食べてもガツガツ食べるクルルは、ひょっとして自分が食べたのを忘れるというような痴ほう症かな?とも思っていたので、4週間家を空けるのは痴呆が進む危険があるかもしれないとは思っていたのですが。
夫はきちんと面倒をみてくれたとしても、午後は仕事があるので、いったん家を出ると夕方6、7時ころまで帰りません。

わたしの日本語を教える仕事は家が教室になっているもので、家にいる時間が多く、猫たちにとっては飼い主様はわたしということになります。

食べても太るということはなく、食べる量に反比例するようにひたすら痩せていきました。視力もかなり弱くなったようです。
2019kururu1.jpg

寒いからなのか、わたしがシャワーの後、ヘアドライヤーを使い始めると決まってそばにやって来るので、髪を乾かしながらドライヤーでクルル猫の体もついでに温めるたね、ドライヤーを向けていました。

わたしが家にいるとは言え、ずっと猫について回るわけには行かないので、粗相はどうしても避けられません。そこで、大きなケージを買ってきて、わたしが目が届かない間はその中に入ってもらうことにしました。
kururu3-1.jpg

寒がりやなので左横に小さめのストーブを置いています。面白いことにオシッコはちゃんとトイレの中にするのに、もうひとつがダメなのです。それで、ケージにはクッションの上に介護用の使い捨て防水シーツを敷きました。

これを汚した場合は、取り換えると同時に、猫の手足、しっぽをお湯で洗います。これを朝一番、5時ころに起きてし、日に何度も繰り返すのですが、夫も家にいるときは協力してくれました。

シーツは使い捨てですからいいものの、クッション代わりの毛布の選択を何度したことか、雨の日が多かったので本当に困りました。
2019kururu2-1.jpg
寒いので、昔息子が生まれたての赤ん坊の時に着た手編みのセーターを着せてあげていました。

すこしづつ衰弱し、昨日、「クルちゃん、もうがんばらなくていいんだよ」と体を撫でて声をかけた後、わたしが日本語授業をしている間に、静かに逝きました。

前の借家時代から飼っていたただ一匹の二代目猫、18、9歳でした。人間の年齢でというと90歳前後だそうで、長生きです。
クルルの介護を経験したことで、もう次は慌てずイライラせずに対処できるエキスパートになったかと思います。夫曰く、孫の世話の練習だと思って(笑)
本日、火葬に送り出しました。

可愛かった時のクルルの写真を載せて、みなさま、ではまた。
kururu2.jpg
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
spacesisさんのお帰りを頑張って待っていて~
お帰りになってからは甘えて安心して逝ってしまった気がします。授業中に静かに逝ったこと~クルルは授業の邪魔をしないでと気遣ったかのようで切ないです。

19年もの間、spacesisさん家族の一員として暮らしてきてとても幸せだったことでしょう。ご家族の歴史を誰よりも知るクルルでしたね。クルルという名には意味があるのですか?
 寂しくなりましたね。
2019/12/11(Wed) 11:49 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
クルルという名前はモイケル娘が付けました。今度彼女に聞いてみますね。

クルルのことは夫がわたしより先に息子に話したようで、息子から娘にと、子供たちはもう知っていました。

死は生きているものの定め、こちらでは「É vida」とよく言います。

最後のころは体重が1500グラムくらいでした。
食事の時間に「ご飯だよ~」と呼ぶと台所に立つわたしの足元に4匹がごわっといるので、我ながら、わ!すごい猫たち、と思っていましたが、3匹になって寂しい限りです。
2019/12/11(Wed) 20:23 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ