FC2ブログ
2020年1月6日 

一休和尚のに、
「門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」

との狂歌があるそうですが、なるほどなぁ、と、感じ入っているのですが、正月早々縁起でもない、滅相もない、と、叱られるでしょうか(笑)

室町時代に生き、一休さんと親しまれた一休宗純が、反骨精神逞しく風狂の人であったとは、この知りませんでした。なかなかに奇行の多い人だったようです。

「有ろじ(うろじ)より 無ろじ(むろじ)へ帰る 一休み 雨ふらば降れ 風ふかば吹け」

有漏路(うろじ)とは迷いの多いこの世界、無漏路(むろじ)は悟りの世界。人生は迷いの多い仮の世界、あちらの世界への旅中ちょっと一休みのできごとゆえ、この世のことは、どうということもない、ととれるのでしょうか。

一休の名前はこれから取られたと言われます。

少し古くなりますが、2012年の放映されたNHK大河ドラマの「平清盛」の冒頭が、「遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生れけん」と始まっていました。当時わたしはいたくこの歌に惹かれたのでした。

これは平安時代も末期、後白河法皇編集の「梁塵秘抄(りょうじんひしょう)」と言われる歌謡集のひとつだそうです。

今でこそ日本人の寿命はのびましたが、昔の人は己の短い人生を達観していたのでしょう。

おさな子がしだいしだいに知恵づきて 
 仏に遠くなるぞ悲しき

南無釈迦じゃ 娑婆じゃ地獄じゃ 苦じゃ楽じゃ
どうじゃこうじゃと いうが愚かじゃ

と、ここまで読んで、大笑いしたのでありました。

88歳で往生した一休和尚の最後の言葉はなんと、「死にとうはない」だそうですよ。 この仮の世でもっと遊んでいたかったと死ぬ間際に駄々をこねるは、いかにも一休和尚さんらしいではありませんか。

つい先だって、新年の挨拶のメールで同年代のA氏に、こんなのを見つけた、あっはっはと書き送ったところです。

「70歳で迎えがきたら今留守だといえ 80歳で迎えがきたらまだ早すぎるといえ。90歳で迎えがきたら、まぁまぁそんなに急ぐなといえ。100歳で迎えがきたらぼつぼつ考えようといえ」

これで行くとわたしも同時代の友人たちも、我らは目下居留守を使っている人生ということでしょうねぇ、と。

一休和尚ではありませんが、わたしもあと10年、いや、できれば20年ほどは、この有漏路(うろじ)で遊んでいたいものです。

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
20年といわず
30年も40年も( ̄ー ̄)
2020/01/07(Tue) 17:15 | URL | もいける | 【編集
お~~!
もいける娘よ、珍しくコメントもらったv-291わ~い。

よ、40年はさすがおジャマになるようなw
でも、ありがと。嬉しいよ。
2020/01/07(Tue) 17:43 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ