FC2ブログ
2020年1月8日

いい音楽は、心を豊かにしてくれる。
     
わたしは子供達が幼い頃から、家中で音楽を流しながら立ち仕事座り仕事をよくしたものだ。岩崎宏美の日本愛唱歌、ジョン・デンバー、キャッツ・スティーブン、パバロッティ、ショパン、モーツアルト、ユーミン、研ナオコ、エディット・ピアフ、ムスタキ、トム・ウェイツ、高橋真梨子等等、ジャンル、洋の東西を問わず好きな音楽は何度でも聴く。

家中が音楽で溢れていると、何故だかそれだけで心が満ち足りるのだ。

大してうまくもない歌も、時々一人でヘタクソなピアノを弾きながら歌ったりすると、時の経つのも忘れ1時間2時間とやってしまい、
「お~~い、奥さん、晩飯はまだかぁ」と夫の声がかかり「あらん^^;」と言うこと度々だった。

このような生活環境だったから、子供達もおのずと音楽好きに育った。レコードから流れているのや、わたしが歌うのを聴いたりして、彼らの年代にしては、古い歌も随分知っているのではないかと思う。

「空にゃ今日もアドバルーン~ さぞかし会社でいまごろは~」なんて歌は、我が母が歌うのを子供だったわたしが耳にして覚えていたのだが、これを英語にしたのを見つけては、もいける娘と二人大いに盛り上がったものだ。
      
Today adbaloon in the sky,
Perhaps he is in the company.
I think he is very busy.
ああ, nevertherless nevertherless, don´t you?
I get angry I get angry it is naturalね~          

「なによ、これぇ~」と喜んでは二人ともしばらくこの歌詞が頭から出ていかないのであった。サトーハチロー作詞、古賀正男作曲1937年ヒット。もちろんわたしはまだ生まれてませんて(笑)

息子は小学生のころ、ロック歌手ティナ・ターナーやGuns & Rosesなどに一時夢中になり、エレキギターからアコースティックギターを経て、いつの間にかアパートの一室をスタジオにしてコンピューターを駆使し面白い音楽作曲にいそしんだ時期があった。

モイケル娘とわたしは音楽の趣味が合うようで、それぞれが好きな音楽をネットを通じて紹介し合ったりしたものだ。

彼女がまだ我が家にいた乙女のころ、わたしたち母子がバッチリ意見も合い大好きだったのが「チャゲ&飛鳥」だ。「チャゲアス」をわたしたちが知ったのは、彼らの最高潮時期を過ぎてからだった。

日本に帰国していた時にたまたま観た、再々放送くらいのドラマ「振り返れば奴がいる」。ドラマも面白かったがテーマ曲に二人とも「ぬぬ?」となったのが「Yah Yah Yah」。なんと斬新な歌詞!メロディ!いけるじゃん!このDuo、「101回目のプロポーズ」の「Say, yes」の二人ではないの!となった。

彼らの歌詞もメロディもステージ・パーフォーマンスも抜群に肌に合った。以来、我ら母子はチャゲアスのcdを聴きまくることになる。

Yah Yah Yahをかけながら、On Your Markを聴きながら、車をぶっとばすことの気持ちよさったらなかった。

♪い~まからソイツを これからソイツを 殴りに行こうか~。
Yah Yah Yah Yah Yah Yah Ya~

飛鳥はアンパン顔だけど、カッコいいじゃん。こんなセンスのいい音楽を作る事ができるんだねぇ と、モイケル娘とわたしは彼らの歌にすっかり酔ってしまったのである。

ある日のこと、ポルトで日本人の友人宅から帰って来たモイケル娘が、困惑気味な顔して言う。

「おっかさん、あのさ・・・・わたしたち、とんでもない勘違いしてた。
 チャゲアスね、今日、友達んとこのテレビで観たんだけど・・・
 チャゲが飛鳥で、飛鳥がチャゲだったよーー!」
      
なんでんねん、そりゃ?

「チャゲと飛鳥の映像」を観たことのない我ら親子は、cdの歌詞小冊子に載る二人の写真を見て、愚かにも「チャゲを飛鳥と思い、飛鳥をチャゲ」と勝手に信じ込んでいたのである。

う、うそ・・・そんなぁ。今更ひどいよ。
イメージチェンジ、きかないよ~~(爆笑)      

いやはや、これには参ったズッコケ親子。いったい全体、何がどうしてそんな事になってしまったのか。友人連に話しては、「あんたら、アホ」の一言で片付けられたのではあった。

いったん頭の中に定着してしまった「チャゲが飛鳥で飛鳥がチャゲ」像、これを払拭するのに長い長い時間がかかったのでした。

それにしても、チャゲアスの詩に心をグッと鷲づかみされるような不思議な斬新さをわたしは感じたのでした。

♪いーまから ソイツを これから ソイツを 殴りに 行こーかー
  Yah Yah Yah Yah Yah Yah Ya~

なんてあまり女性が声高々に歌っていいものかとは思うものの、女だって殴ってやりたい人間の一人や二人、いますもんね。
お、殴りたいヤツ、いるのかって?
おうよ!いるんだわ今、ほんと!

と、どさくさに紛れてうっぷん晴らしの本日でございました。
みなさま、ごめんあそばせね。



関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
殴りたい奴はポルトガルにもいっぱいいますが、私が殴ると、死ぬ可能性が高いので、控えております。
2020/01/10(Fri) 01:35 | URL | ganchan | 【編集
Ganchanさん
そ、それはいけませんものねv-404

でもね、こんな小さな海外の日本人社会で、せっかく皆さん、平穏に暮らしている中、何が面白くて嘘八百を並べて人様をあれこれ中傷して貶めるのやら、まぁ、海外滞在者の中にも悪意のある人がいるものですね。
今日のは情けない話ではありました、すみません。



2020/01/10(Fri) 01:58 | URL | spacesis | 【編集
無理すると私のほうが死んじゃうって意味でもあります。
2020/01/10(Fri) 02:52 | URL | ganchan | 【編集
Ganchanさん
わっはっはっは、そういう意味もですか!
2020/01/10(Fri) 04:39 | URL | spacesis | 【編集
ああ~それなのにそれなのに~
知ってます。もちろん生まれてない。

夕食づくりも忘れてピアノの弾き語りを~旦那様が「あの、、夕食は?」と遠慮がちにおっしゃるくだり、思わず笑ってしまいました。
我が家は「あの・・もうちょっと小さい声で歌ってくれない」と二階から降りてきて文句言いますよ。優しくない!苦笑。
音楽好きのお母さんからプロ級の音楽好きが生まれたのですね~。

チャゲ飛鳥は子供たちが聴いていて覚えました。古いですが♪ひとり咲きも好きです。
ドラマにもはまりました。「僕は死にましぇん」

 殴りたいやつ 毎日ニュースで出てくるやつ。障害者施設を襲った男、黒い箱に入って逃亡した男、殴りたいやつが大勢います。
 昨日 新しいパスポートを受け取りに行ってきました。自宅に戻ってきましたら
ツレが発熱。39℃もあるのです。
「パスポートを真っ白のまま死にたくない」と言うのです。大笑い。今はだいぶ熱は下がりました。
 
2020/01/10(Fri) 06:31 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
ああ、それなのに、知っていましたか!

「あの・・もうちょっと小さい声で歌ってくれない」←うちも仕事から帰って来て、車を車庫に入れた夫から、「外へみんな歌ってるのが聞こえてるぞぉ、階段からも聞こえてるぅ」とは、よく言われました。

料理しながら台所でCDかけて一緒に声張り上げて歌うもので(笑)大きな声で歌うのは体にいいのよね^^

「僕は死にましぇん」は百一回目のプロポーズですね。Say, yesも好きです。

今、インフルエンザが流行っていると聞きます。ご主人、大丈夫ですか?新しいパスポート、ぜひ近いうちに使えますように!よろしくお伝えください。

近日中にメールしたいと思っています。
2020/01/10(Fri) 16:49 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ