FC2ブログ
2020年1月16日 

どこの町内にでもいるであろう、良きに付け悪しきに付けご近所でなにかと評判になるお方。
わが町では、ジョアキンおじさんがそのお人です。

写真は、拙ブログにも時々ご登場願っている土地成金のジョアキンおじさんと、相棒マリア・リタ嬢とのツーショットであります。ブログ写真掲載の許可を得ているのですが、モザイクをかけました。

Srjoaquimtomariarita2-1.jpg

ロバをひっぱって野良仕事の格好をしているものの、「汝、そのなりを見て、人を判断すべからず」と昔から言われます。 我が家が面している通りには持ち家の他にカフェ、それに他所に2軒のアパートを持ち、この辺りの小金持ちおじさんなのであります。

毎朝小1時間ほど、商店街も含んだこの辺りをマリア・リタ嬢とグルリ一回りして帰ってきます。そして、ロバと一緒に畑仕事です。

商店街をロバと行くわけですから、人がみな急いで職場に向かう時間帯、ロバの後ろの車のドライバーが、いまいましそうに苦虫つぶした顔していようが、おじさんは平気の平左。こういうことができるのは、このお方を除いては、他におりません。

マリア・リタ嬢を紹介します。
Srjoaquinmariarita.jpg
マリア・リタ嬢は当時でゆうに20歳は過ぎていたと聞きました。

「愛国心」などと口に出そうものなら、即「右翼」と白目で見られるような日本と違い、ここはポルトガル。ジョアキンおじさんの愛国心は大したもので、愛ロバもおじさんの意向を反映して背中にポルトガルの国旗を背負っておるのです。

選挙の時期など、マリア・リタ嬢が引く荷車に国旗と自分が支持する党の旗をはためかせ、あげく、マイク付きのラジカセを積んで、街頭スピーチまがいです。わっはっは。

ちなみに、ポルトガルでは日本のような選挙の街頭スピーチはありません。
    
もう働かなくたって暮らしていけるのですが、昔と変わらぬ野良仕事の格好で、昔と変わらず土を相手にジャガイモ、とうもろこし、菜種、かぼちゃを作り、自分のカフェや自宅前で、それを売ったりもする。

始めて会った時は気難しそうなおじさんだと思いましたが、なんのなんの。ネコがきっかけで、話すようになりました。
  
実はジョアキンおじさんの畑は、ブタ小屋、鶏小屋、そしてネコだらけなのであります(笑)いったい何十匹ひそんでいるのか、皆目見当もつきません。大木もあるので、そこに宿る鳥もたくさんいます。                

このおじさんがロバと一緒に帰ってくると、畑の向こうから、まぁ、来るわ来るわ、餌をもらいにたくさんのネコが(爆) その光景たるや、壮観たるものであります。

毎朝、近くの商店街一帯をマリア・リタ嬢と一回りするのは、この動物たちのためにカフェやレストランの残飯を集めてくるのですね。 

その畑も半分に分けられ、今では畑がつぶされた箇所に新道が通り、猫たちは四散。ロバのマリア・リタ嬢も天寿を全うし、お金を出してまで餌をあげようとはジョアキンおじさん、思わないようで、かろうじて残っている数匹に、わたしが毎夜えさを運ぶにいたったわけです。

一時は畑に入るカギまで預けられたりして、これも人のいいわたしの話ではあります

勿論、ご近所にはそんなわたしやジョアキンおじさんに眉をひそめる人たちがいるのは百も承知であります。

「野良犬、野良猫にえさをやらないでください」と言う人がおりますが、犬猫を捨てたりして自然を破壊し自然界の掟を破っているのは元は人間です。なにも拾ってやってくれと言ってるわけではなし、そこまでエゴにならなくてもええやないの、とわたしは思うのです。

と、ジョアキンおじさんに脱帽し、かつて書いたのですが、2年ほど前に奥さんを亡くしてから、畑仕事をする姿をあまり見かけなくなりました。

足を痛めたようですが、それでも路上で大声で話し、杖をつきながら歩く姿を目にしていたのですが、去年のある日、おじさんの姿をまったく見かけないのに気が付きました。

夫に、「ジョアキンおじさん、最近見ないのだけど、どうしたんだろ?」と聞いてみると、次回、カフェで探ってみるよ、とのこと。そして、分かったのは、老人ホームに預けられたのだそうです。

娘さんがカフェを仕切り、畑は婿殿が継いでいるようですが、畑の入り口は閉め切ったままで、高い壁に更にフェンスを作ったもので住む猫もいなくなりました。ジョアキンおじさんの家にはこれまで別居していたその娘夫婦が現在住んでいます。            
なんだか、身につまされる話で、近所の名物男がいなくなり、ひたすら、おじさんの畑の外でねこたちに餌を食べさせている今、「ボン・ディーア(おはよう)」の、ちょっと大きすぎる挨拶も聞かなくなり、寂しいなぁと思うのであります。

世代が交替し、時代はこうして移り変わっていくのですね。

お手数をおかけしますが、ランキングクリックしていただけると励みになります
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
世代交代ですね。
ジョアキンおじさん  どこかの施設でお元気にしていらっしゃるのでしょうか。

写真ですととてもがっちりと筋肉質なお体ですっと働いてきた方とお見受けしました。
spacesisさんとジョアキンおじさんとのご縁~おじさんもきっと嬉しかったことと思います。spacesisさんのお人柄ですね。お名前の通りお優しい方です!!!
2020/01/19(Sun) 06:17 | URL | ムイントボン | 【編集
ムイントボンさん
いえいえ、怒ると怖い!と子供がいいますよ。当たり前ですけど(笑)

ジョアキンおじさん、クリスマスにこちらへ帰って来てたようですが、残何ながらわたしはお見掛けしませんでした。
2020/01/20(Mon) 17:14 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ