FC2ブログ
2020年1月20日 

公園を館に向かって歩いていくと以前は水だけ張っていた噴水が今回はちゃんと作動していました。
saoroc1_1.jpg

途中の道脇で見つけたこれは、なんでしょうか。以前から気になっているのですが、分からずじまいです。
saoroc9_1.jpg

もうひとつ。
saoroc10_1.jpg


さて、公園の別入り口があるRua da Lameira(ラメイラ通り)に面した、現在モダンアートセンターとして開館された館。

saoroc7_1.jpg

saoro8_1.jpg
かつて薄汚れていた屋敷はきれいに塗装され、生き返ったようです。

屋敷の一部、Jardim de Inverno(日本語訳はサンルームかな?)もきれいに修繕されていました。
saoroc5_1.jpg

外から中を覗いてみると、こんな感じ。
saoroc6_1.jpg

館内に入りたかったのですが、開館は1時半からで、残念ながら午後の仕事が控えていたゆえ、次の機会に持ち越しです。

館の後ろには興味深い人口洞窟があります。 ポルトガル語ではGrutaと言いますが、シントラのレガレイラの森を始め、この手の洞窟は古い館や庭園に、ライオンの噴水と併せてよく見られ、必ず小さな池の側に造られています。ここの洞窟もその例に漏れず。

saoroc3_1.jpg

こちらは以前撮った画像です。
gruta.jpg

洞窟は秘儀思想、アルケミスト、新プラトン主義のシンボルであろうとわたしは解釈しています。わたしたちの住む世界がこの洞窟であり、英知という光を求めてその闇を抜け、光ある外界へ出ることで囚われていた己の魂を開放する、となるのでしょうか。「英知」なるものがいったいなんであるのかよく理解していない凡人のわたしではあります。


以前訪れた時のことですが、周辺を一通りぐるりと回り、さて、帰ろうかともう一度この洞窟に入ろうと近づいた時です。洞窟の中の岩の一部が光っているのに気が付きました。光った部分はやがて段々と範囲を広げていき、とても不思議な現象でした。

空に目をやると丁度太陽の木漏れ日を池の水が受け、それが岩(恐らく花崗岩)に反射してでしょう、もわ~っとあたかも岩が光を放ち始めたような状況に、思わず鳥肌がたったのでした。

素人腕ではありますが、スマホの録画撮りをしてきました
[広告] VPS


この状態を目にして、なんだかエラく得をしたような気がし、あおの日は午後もずっと清清しい気分でした。この時間帯にこの状況が起こることは全て計算づくめで池も洞窟も造られたのは間違いないでしょう。

豊かな物質文明に身を置くわたしたち現代人の堕落面も否定することはできない。忘られつつある古の哲学者たちの思想に目を向けてみようかと思っています。

最後に、この公園には無数の住人がいる様子。歩いているうちに何匹もの猫ちゃんたちを見かけました。
saoroc16_1.jpg

saoroc12_1.jpg

春までもう少し、がんばってね。

ではみなさま、本日はこれにて。

ランキングを押していただけると嬉しいです。


関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ