FC2ブログ
2020年1月26日 

今年は6月中旬過ぎの帰国を予定しています。
今回はこれまでよりも長い滞在になるので、夫と日程を相談しているのですが、「あなた、大丈夫?猫たちも大丈夫かなぁ」と言ったところ、「猫たちの方が心配なんじゃないの?」ですって。 わ、分かってるやん(笑)

いえね、これまでだとせいぜい長くて4週間の日本滞在でしたから、家猫は夫に任せ、野良猫たちのエサは帰国前に猫缶を買いまとめて、お掃除にくるおばさんにバイト代を払い、世話を依頼していたのです。

しかし、今回のように長期になると、バイト代もバカにはならんなぁ。夫には野良猫の世話までは頼めません。払ってお願いするしかありませんな^^;

今は夫の母親も鬼籍に入り、夫の世話をする人はいないので、やはり気になるというものですが、数カ月に渡るわたしの日本滞在は、我が東京息子が幼い頃に2度ほど、ありまして、本日はその思い出話をば。

トピックにある、「曽根崎署始末記」でござんす。以下。


大阪は曽根崎と聞けば、わたしなどはすぐ「曽根崎心中」と「曽根崎警察署」を思い浮かべる。

「曽根崎心中」は、近松門左衛門の文楽で知られる。

この世のなごり 夜もなごり。死にに行く身をたとふれば
あだしが原の道の霜 一足づつに消えて行く 夢の夢こそ あわれなれ。
あれ 数うれば暁の 七つの時が六つ鳴りて 残る一つが今生の
鐘の響きの聞きおさめ。寂滅為楽とひびくなり。


大阪商家の手代徳兵衛と遊女おはつの道行(ミチユキ)の場面である。この世で結ばれぬ恋をあの世で成就させようとする二人が、手に手を取って心中へと連れだって行く姿の哀れさは、人形劇と言えども真に迫り、見る者の心を濡らさずにはおかない。

若い時に観たこの人形浄瑠璃の美しさに目を、心を奪われ、わたしは近松の本を手に取り、更に「女殺し油の地獄」「心中天の網島」と観に行ったものである。上の道行の部分は、今でも間違えずにそらんじている。

しかし、なんでまたこれに「曽根崎警察」?これが、まったく面目ないことで^^;

母子で3年ぶりに初めて帰国したわたしは夫を7ヶ月もポルトガルにほったらかして、堺のアサヒ・ビアハウスの先輩歌姫、宝木嬢宅に同居し、ビアハウスでも週に何回かバイトで歌っていました。

それができたのは、当時、私たち親子は夫の母、夫のおばたちと同居しており、夫の世話をあまり心配する必要がなかったこともあります。

いつ帰るとも分からぬわたしと息子に、とうとうシビレを切らした夫が日本へ迎えに来ました。

そうして、ビアハウスで常連さんたち仲間たちがわたし達家族3人の送別会を開いてくれた、息子がまもなく2歳になろうかという夏の夜のできごとです。

sakai1.jpg
↑大阪堺の宝木嬢たくの界隈で。後ろに見える自動販売機がいたく気に入ったようで、しょっちゅうここに連れていけとせがまれたものです。ご近所に皆さんもにとても可愛がってもらいました。

ビアハウスのステージも終わり閉店の夜9時半、夫、息子、それに数人のアサヒ仲間と帰路に着き、ゾロゾロ数人連れ立って梅田地下街を歩いていました。

夫がちょっと用足しに行くと言い、「はいはい、ここで待ってます」とわたし。10時頃の地下街はまだまだ人通りが多く、同行していた宝木嬢とホンの一言二言話をして、ひょいと横をみたら、い、い、いない!息子がおれへんやん!

えーー!慌てて周りを見回したものの、見当たりまへん。え~らいこっちゃです!即座に同行していた仲間と手分けして、地下街のあっちこっち走り回って探したものの、あかん・・・
  
トイレの目の前にはビルの上のオフイス街へと続く数台のエレベータードアがズラリ^^;真っ青になりました。このどれかにヨチヨチと乗っていったとしたら、いったいどうなるのだろう^^;
もう泣かんばかりの心地です。すぐビルの夜勤管理人に連絡をし上へ下へのてんやわんや。
  
かれこれ1時間半も探し回りましたが、見つかるものではない。心配と探し回ったのとで皆くたびれ果てたころ、管理人の電話が鳴りました。

「おかあさん、ちょっと出ておくんなはれ」と管理人さんに差し出された受話器の向こうから、ウェ~ンウェ~ンと大声で泣いてる息子の声が。

「あ、もしもし、こちら曽根崎警察署です。この子ハーフちがうのん?○色のちっちゃなリュックしょって。もうオシッコでビショ濡れやで。」
万が一を思い、管理人さんに頼んで曽根崎警察署に連絡を入れていたのでした。

息子は通りかかった若い数人の男女のグループに連れて行かれたのか、あるいはついて行ったか。だとすると、そのグループが地下街から外へ出て置いて行ったとも考えられます。

そうして見ると、丁度わたし達とすれ違いざまに、若いグループが通り過ぎがてれ、「うわ!この子可愛い!」と言っていたのを思い出しました。息子はまったく人見知りしない子だったのです。ニコニコと若者のグループについていったのでしょうか。

わたしたち夫婦と、その日、お宅に泊まることになっていた先輩歌姫、宝木嬢たちと曽根崎署まで急いだ。署内2階で、涙と鼻水とオシッコでグショグショのジョンボーイ(ポルトガルではこう呼ばれていた)を引き取り、曽根崎署でしかとお小言をいただき、始末書を書いたのでありました。
  
いや~、これにはさすがのわたしも肝がつぶれる思いでした。

大騒動のその間もその後も、夫は一言とて、わたしを責める言葉を口にしなかったのでありました。この時はまったくもって面目なかった。以来、外で子供たちから目や手を離すことあるまじ、と心に決めてきたのでした。

このことは息子の記憶にないだろうな。

本日も読んでいただき、ありがとうございます。
お時間あらば、ポチっとランキングクリックをしていただけると嬉しいです。

では、また。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
曽根崎と言えば「曽根崎心中」
読んだことはありませんが、そうなります。
こういうアンダーカルチャー的なことは言語活動にかなり重要ですが、先生はどのように生徒にお教えになられるのか興味深いです。私はそのレベルまでまだ教えることはできませんし、もともと文学専門じゃないので、自分が書いたつたない物語とか読ませてますが・・・ こんなとこで先輩に愚痴言って申し訳ありませんが、中級以上教えてるとやはり問題になります。
2020/01/27(Mon) 07:41 | URL | ganchan | 【編集
ご機嫌さんよ達者かね(^。^)
げにおそろしや、うろ覚え(^。^)
『七つの🔔鐘が六鳴れば、後の一つが今生の💰金の響きの聞き納め…諸行無常の響きあり…』
とばかり誦んじておりました(^。^)曽根崎心中と平家物語のイントロを勝手に合体させて覚えてました(^。^)
2020/01/27(Mon) 08:20 | URL | やまひろ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020/01/27(Mon) 09:50 |  |  | 【編集
ganchanさん
先生なんて止めて、ハンドルネームのspacesisでお願いします!
日本語教師のCertificateは一応持っていますが、最終学歴は高卒です。これであちこちではじかれたりするのですが、癪だけど学びたくてもお金がなかったので仕方ありません。

読書は高校時代から夢中になるほど好きでしたが、わたしも文学専門じゃありませんよ。好きなものだけ覚えているのです。

でも、ganchanさん、自分のお書きになったものを教材に使うのも面白いと思います。わたしはたまたま運よく補習校で講師を頼まれてしてきたもので(当時は高学歴の人材がなかったのですね笑)、中級クラスには小学校高学年、あるいは中学校の教科書から、教材を時々取り上げています。

ご希望でしたら、ダブっている教科書もあると思いますので、お送りしますよ。ついでにお望みでしたら、少し号が遡りますが、文芸春秋などもありますよん。

ganchanさんのところ、コメントするには登録の必要があり、できずにいますが、時々オジャマしてます^^
2020/01/27(Mon) 19:28 | URL | spacesis | 【編集
やまひろさん
おお、やまひろさん!お達者でおられたか!

ゴロがいいので、一緒くたに覚えてもあまり抵抗が感じられませんね(爆)

しかし、金の響きの聞き納め、ってなんでんねん(笑)

空耳もよくあることで、わたしも経験しています。

菜の花畑に入日薄れ 見渡す山の端、を
見渡す山野は、って(笑)

古の日本語には美しい言葉がたくさんありますね。もう使われないから「死語」だなどと言わずに、ぜひ、辞書でも見かけられるようにして欲しいものだと、思っています。
2020/01/27(Mon) 19:38 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ