FC2ブログ
2020年4月4日 

来週は9日の聖木曜日からPascoa(パスコア=イースター)です。例年ならどこでも家族一族が集まってキリストの復活を祝うのです。

わたしたちも夫の一族が義姉宅があるアヴェイルに集まり昼食をするのが習慣です。 が、ポルトガル政府は今回の武漢ウイルスパンデミックを受けて、9日から14日までパスコアの間は、これまでの「家にいろ」の非常事態宣言を更に厳しくし「居住区域を出るな」を発表しました。

既に5人以上の集会は禁止されているのですが、2週間の自宅待機も過ぎ、2度目の2週間自宅待機に入るとどうしても国民の気も緩みがちになります。おまけにパスコアとなると、ついつい、近くにいる親戚同士が集まらないとも限りません。それを見越しての政府のお達しです。

昨日、一週間ぶりに買い出しに出かけたのですが、これまでの2週間の静寂さに比べて、なんだか少しですが、人の話し声が聞こえ、車の往来が増えたような気がします。

出かけたスーパーも、え?と思うような人の多さでした。そして、マスク姿の人をたくさん見かけめましたが、一体どこから手に入れてるのでしょう。どこでも売っていないのですよ。このスーパーには怖いのでしばらく行かないことにしました。

医療関係者からもらってるのでしょうか?夫は病院勤めですが、今はマスクが医療機関でも足りないのを知っていますから、それをこっそり持ってこいとは言えないです。

マスクするに越したことはないが、それが足りない今はマスクは感染者、病院関係者用に使われるべきだ、と言います。

こういうのって正直者はバカを見る、とでも言う?マスクが病院から盗まれたという話もありますから、抜け目ない人というのはいずこにもいるものですね。

さて、先ほどのニュースでポルト市は今回の武漢ウイルスゆえ、毎年6月23、24日に催されるサン・ジュアン祭りの中止を決定たしとのこと。

saojoao2019_5_1.jpg
2019年ダウンタウン、サンベント駅周辺。向こうの空が赤いのは夜12時に上げられる花火。

010_1.jpg
食べて歌って飲んで踊って。街の至る路地で見かけるサン・ジュアン前夜祭の様子。

今年は春も夏もただ時間が通り過ぎるだけです。

わたしも武漢ウイルス以前に既に予定して購入してある6月22日の日本行切符で、果たして帰国できるかな? まぁ、言っても仕方ないけれど、返す返すも残念な中共のお粗末さではあります(怒)
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
イースターに親戚が集まりお祝いする~
とてもいい習わしですよね。日本のお盆なども昔はそうでした。
 今年はこの騒ぎで我慢しなくてはいけないのですね。疫病が世界を襲い、人が簡単に死んで行く。毎日嫌というほど各国の惨状を目にしますが、これが現実? 世界の終わりに向かっているのでは?と恐ろしくなります。

 6月22日 お元気で日本の地を踏むことが出来ますように。もちろん 日本も完全復活していることが大前提です!
2020/04/05(Sun) 18:59 | URL | ムイントボン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ