2007年1月22日

夕べはちょいと驚いた(笑)
台所で遅い夕食の後片付けをしていたら、サーッと後ろを何かが走
っていった気配。するとすぐ後から、夫がフェルトのスリッパを
片手に意気込んで来た。

「フラカォンはどこ?!」(フラカォン=furacaõ=台風の意味=今
では我が家のチビ猫、ゴロー君の呼び名に定着w)
「し、知らないけど、どうしたの?」←後ろをサーッと通っていった
                      のはフラカォンだったw
                      しかし、知らぬ顔存ぜぬ顔。
                      悪い妻だw

「どうもこうもない!頭にきてる」←おほほほほ。お珍し^^
「あぁた、猫も犬と同じように、コントロールできると思ってるで
しょ?you can not control them(笑)」
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

先日も夫が帰宅してすぐに、
「お~~い、yukoさん。ちょっときてごらんよ。」
なになに?と今では空室になっているモイケル娘の部屋へ行ってみ
ると、あらま、カーテンバーに通して吊り下げていたカーテンが、
布のループだけ残して半分ダラリと垂れている。
カーテン・バーの端っこに、モイケル娘の黄色いオウムの人形を下
げていたのだが、それを狙ったフラカォンがカーテンをよじ登った
ところ、カーテンがループから離れてどさりとフラカォンは床に
落ち、逃げたのだそうな。
次から次へといろいろしでかしてくれる。

犬は人間が主人になれるけれど、猫は逆になりがちなのであるw
わたしはそう思っている。
だから、猫好きで5匹も拾って飼ってはいるが、ねこッ可愛がりは
しない。可愛がり方はいたってあっさりしたものだ。
猫の奴隷にならないためである(笑)

また、うちの猫たちはどれも首輪をつけていない。
首輪が外へ出たときに案外事故の元になったりすることもあろうと
ある時からわたしは止めたのだ。
フラットの2階が自宅になった今、もしベランダから落ちてしまっ
た時は、そして、行方知れずになってしまった時は・・・仕方がな
い、それもまた人生、いや、猫生なのだ。

我が家に拾われるネコは、時々ナデナデはされるけれども、飼い主
からあまり深い干渉を受けず、そういう意味では、フラットという
小さな空間ではあるが、いくらか気ままに生活しているのではない
かと、思ったりする。

夫がさんざん探し回したフラカォンだが、どこかにひっそりと身を
隠し、夫は見つけることができなかった。
すぐ側の、毎晩出かける母親の家を訪ねるためフラットのドアを夫
が閉めたが直後、フラカォンはどこからかひょこっとわたしの目の
前に姿を現した(笑)

「お前ね、もうちとダンナに敬意を払った方がよくはないかい?」
と抱き上げた後、他の大人ネコたちがくつろいでいるリビングのス
トーブの前に、フラカォンをそっと置いた。

義母の家から帰ってきたころには、夫は頭にきていたこともすっか
り忘れていたのであった。
 
そそ、モイケル娘のオウムは、場所を変え、今は息子の部屋のカー
テンの横にぶら下がっているのだが、ここもそのうち、フラカォン
は見つけるだろうな^^;
mariana-papagaio

叱られて逃げ隠れするのも遊びと思ってるかも知れない。
幸せなこと^^

★ランキングクリックお願いします^^


コメント
台風ラブ♪
「フラカォン」て愛称は、響きも、意味も、いいなぁ!
イタズラ盛りのゴロー君の“豆台風”ぶりが伝わってきます。
spacesisさんの猫との接し方も、おおらかで(ちょっと
spacesisさんの「子育て」とも通じるところがあって)、
いいですね^^
最後の「幸せなこと^^」という呟きにシビレますよ^^
まさに、そういう感覚を味わうために、人はペットを飼う
のだと思います。

少し前の記事へのコメントになってしまいますけど、
もいちゃんの子育てに関しては、「ねこッ可愛がり」とは違
うけれど、本当に丁寧に、根気よく手をかけられましたね^^
「チャット」を日本語学習に利用したことを以前に知った
時には、「あ、なるほど、それで、もいちゃんの日本語は
日本の若者言葉と変わらないのか!」と思い当たりつつも、
日本では、「チャット」と言うと「一人深夜にやるもの」
みたいなイメージがあるので(母親の監視?付きでチャット
するなんて話は聞いたことない^^)、いったい、どのように
したらそんなことが可能なのか?と、何となく疑問には
感じていたのでした。

…一番盲点だったのは“時差”!
夕方の3時、4時に、母と娘で笑いあいながらチャットを
しているなんて、何て明るく健全な光景!(笑)
こんなことをしている親子は、世界中でspacesisさんたち
だけだったかも?
それにしても、素晴らしいアイディアですよ。
「何事も使い方次第」ということを、改めて感じます。
そして、ずっと隣に付き添い続けたことも立派!
普通はなかなか続きませんよ。
いろいろ抜けているみたいなのに(失礼^^!)、子育てに
関しては、手を抜いてはいけないところは、しつこく
頑固なくらいに、きっちりやってますね!
(誉めてんだか、けなしてんだか、わからない言い方だ^^)
その基本にあるのは、大きな「愛」だということも伝わっ
てきて、何だか涙が出そうでした。
今さら言うのも変だけど、spacesisさん…、
本当に、良い子育てをなさいましたね。
そんなおっかさんに育ててもらった、もいちゃんも、幸せ
だと思うことです。
ま、もいちゃんも、まだ当分は“台風”でしょうけどね^^
それもまた楽し♪ ですね^^
2007/01/24(Wed) 23:33 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
うふふ
記事を読んでうふふん♪と平和な気持ちになって
コメントをしようと思いましたら
目に留まったかんちがいさんのコメント。。

spacesisさんとかんちがいさんの関係も、
とても素敵ですね。

もいちゃんとおっかさんの関係は、ほんと
かんちがいさんの言うとおり、グッと胸にこみあげてくるものがあります。

そうそう、今はやんちゃ盛りのゴロー君も
spacesisさん御夫婦の元で幸せな事。。

やばい!ワンコの散歩ここのところ オサボリ気味である。。(汗)


2007/01/25(Thu) 01:47 | URL | syomin1 | 【編集
>かんちがいさん

よくぞ言ってくれました!
そうなんです、モイケル娘が一番大きなフラカォン(笑)
見た目はのんびりと危ういことをしでかさない
印象なのですが、これがまぁ、大胆なことをバサッと
やっちゃうところがあるとは!
直撃曲球型台風でした@@(笑)

子供達とあんなこんなと色々できたのは、やはり
のんびりしたポルトに住むことができたからかな・・・
当時の持ってる時間の多くは、子供達に費やした
ような気がしますが、あと数年したら今度は自分の
ために少し使って見たいと思ってます^^

それにしても、かんちがさん、本当に誉め上手!(笑)
またまた気をよくして、調子に乗りそうです~
あ、そうそう、本サイトの方、あと400ほどですよん^^
もちょっと先ですが、是非踏んでくださいませませ^^

>shyominちゃん

お久しぶりです!
さくらちゃんファミリーとのお付き合い、いい具合に
なりましたね^^絵
本にならないかな?なんてひとり思ったりしてます。

フラカォンは息子の部屋に移動させたオームの人形を
もう見つけ、飛びつかんがため、窓において
あった鉢をとっくに床に落としてこわしたのでした^^;
日本語勉強中でガシャンとの音にレッスン中断して
行ったみたれば・・・
生徒が家にいる手前、がなって叱るわけにも行かず、
あやつめ、うまいこと逃げよった(笑)

syminちゃんもワンちゃん3匹、散歩、大変ですね。
でも、いい運動になっていいかもよん(笑)
2007/01/26(Fri) 02:08 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村