2007年2月15日
ponte-mariapia
★ドウロ川に架かる七つの橋の一つ。マリア・ピア橋。後ろに見え
 のはサン・ジュアン橋。


日本にいるモイケル娘が地方でアパートを探している。
礼金2ヶ月、敷金1ヶ月、そんでもって仲介屋さんの謝礼に1ヶ月
だと言う。ちょ、ちょと待て~~。
それで退去するときはなんぼ返却されるの?と聞いたら、礼金は返
ってこない、敷金も下手すると同様だと言う。
引越し貧乏とはホンマ、よう言うたものだ^^;

これまでのアパートは、借りるとき謝礼云々がどこにも書いていな
かったので、礼金なし、敷金一ヶ月だけでいいと思っていたら、最
後には結局仲介屋さんに一か月分ふんだくられ、最初からちゃんと
明言してよ、となんだか誤魔化されたような気がしたものだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

保証金なら納得できる。入ったところが家賃を払えないとでもなる
と、それでは家主も困るのでそういうときのための家賃前納めと考
えることができる。
それなら、退去するときには返金されるべきであろう。
勿論、部屋の破損などもあろう時は、差し引かれても仕方がないの
だが、だいたい人が住むのに、入ったときと同じように部屋を保て
よ、と言うほうが無理な話。それでもそこはゆずります。

しかし、礼金ってなんなのよ?
こちらがお礼することなのに、何ゆえそちらが設定して、「よこせ」
ということになるの・・・
元々は、戦後、家主さんに色々お世話になります、していただきま
すという店子(タナコ=モイケル用のフリ仮名ですw)のお礼の気
持ちから出されたわずかのものだったのが、いつの間にか家主の方
で、「礼をよこせ」とうまい具合に摩り替えられてしまっている。

近頃のアパートは、家主が色々と面倒見るようなことは殆どなく、
たいていほったらかしが多いではないか。
共益費だって、小さなアパートの数軒にかけられるにしては、どこ
も金額が大きすぎるとわたしは思っている。
共益費って何に使ってくれているのか?

わたしの住むフラットも、自宅であるが共益費を毎月払っている。
それは、例えば積み立てて、数年ごとにフラット建物の外壁や全員
の車庫のペンキ塗り替えに使われたり、毎週土曜日に、フラット内
の階段、玄関の清掃をしてくれる人を雇い、その支払いに使われた
りするのである。

しかるに日本は、店子同士が当番でしたり、あるいはほったらかし
になったりの状態ではないか。
毎月何千円もの共益費はいったい何に使われるのだ・・・
廊下の電球が切れただけでは、毎週切れたにしろ、それでも余り過
ぎる。

アメリカに住んだときも、ポルトガルでも、一ヶ月分は保証金とし
て先渡しするところがあるけれども、それも退去するときは、たい
てい戻ってくる。
だから、日本の言う、礼金はおろか敷金だってほとんど払ったこと
はない。

自分が汗水流して貯めた大金を日本人は何も思わずに渡してきたの
だと思うと、おかしいじゃないの@@と思わず言って、いえ、書い
てしまった・・・

大学の入学金制度も、日本のような国は他に見当たらないのではな
いか。寄付金としては募られるけれども、それは強請ではないし、
たとえ入学金制度があるにしろ、たいてい、それは留学できるほど
裕福だと考えられる外国人に課されるような気がするが、わたしの
思い違いであろうか。

幼稚園から大学、果ては語学学校、習い事と、なんでもかんでも事
始に、まずけっこうな額の入学金である。
こちらでは、とんとない制度だ。
社会の慣わしといわれてしまえばそれきりだが、自分が汗水流した
労力結果の貯金を、ごく当たり前のように、なんだかわけがわから
ないまま、ふんだくられていくのに、今日はしこたま不満を覚えた。

少子化で、将来は日本の人口も減るという。
そうなると、借り手は少ないのに、あまたの物件。
そのうち、家主のほうから、「借りて頂いてありがとうございます」
と礼金が店子に入る、そんな時代が来てくれないかしら!

★ランキングクリックお願いします^^

コメント
狂気の沙汰も金次第
礼金はよくわからんですよね
最近は無しの所もあるみたいですけど

少子化で人口が減った分を
移民でまかなおうとか言ってる人もいるみたい
なのでちょっと不安です^^;
実際、日本はすでにフィリピン人看護師と介護士を
合わせて1000人受け入れる準備を進めているそうです
ドイツとかフランスとかの移民先進国
のことをもっと勉強せねばと思うのですが
思ってるだけでなかなか時間がありません^^;
あっしは勉強できないけれど、国会議員は勉強してくださいっ

所得税定率減税が20%から10%になって
ちょっと税金が高くなってblueなぎたれれでした^^;
2007/02/17(Sat) 05:22 | URL | ぎたれれ | 【編集
礼金がなくなっている所もある東京は
人も流動的だからでしょうね。

人口減分を移民でまかなうというのには
慎重にすべきだ、がわたしの意見です。
ぎたれれ君の指摘するとおり、労働力不足
とて移民を大いに導入してきたイギリス、フランス、
ドイツの例をみると必ずや人権、宗教問題などが
からんできて、大きな社会問題に発展している現実が
を抱えています。どこで躓いているのかを、実例をみて
研究してから策を出してはどうよ?と思うのですが、
ここにも経団連の息がかかってるのかしら・・・

外国人看護師の受け入れ体制には日本語、研修、
在留資格の問題点など課題が山積みとの記事も
読んでいます。

看護問題はわたしたち日本人間でどうしても
解決できないものなのか・・・
ぎたれれ君の期待する国会議員だって、議会で
携帯見入っているようなのもいる実態を知れば
絶望的や~^^;
2007/02/18(Sun) 08:20 | URL | spacesis | 【編集
私が今住んでいるアパートでは敷金はありましたが礼金はなしです。
そして2年毎の契約更新の時にも更新料なし
故に家賃も値上がりしません。
ただ契約更新の際に事務手数料として1万円の支払いがありますが…。
最近はこういうタイプも増えてきたみたいですよ。
共益費も支払った分、共有部分の清掃とか
時には各戸の玄関ドアまで磨いてくれたりもします。
だから住み心地が良いのであります(^_^)
昔は2年毎に更新料として家賃1ヶ月分を余分に支払って
その度に家賃も少しずつ上がっていくというのが普通だったし
まだそういうシステムも残っています。
もう少し借りやすく住み易い賃貸が増えて欲しいものです。
2007/02/18(Sun) 11:56 | URL | みぃー | 【編集
切実に。。
子供達の住むところに
金がかかるのが大変だ・・・・ゞ(_△_ )ゞ ヒクッヒクッ
2007/02/19(Mon) 01:08 | URL | syomin1 | 【編集
>みぃーさん

いいですね^^
そういう善良的な借家が増えて欲しいものです。
今回はそういう金銭条件の他に連帯保証人まで
求められて、いったい何事?と却って不審に
思ったくらいです。
今時こんなのあるのかしらね。
あ、そういってみれば更新はどうなるのか、
確認してない!すぐしなくちゃ~~^^;

>syominちゃん

お久しぶり^^ほんとよ・・・
わたしも顔、ひきつってます~
覚悟あれ!

2007/02/19(Mon) 07:22 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村