FC2ブログ
2006年3月12日(日曜日)

さてさて、これらの我が子たちへの海外に於ける日本語英語教育は、20年も前の昔の
ことですから、社会の状況も変わり、そんなに興味の湧かない話ではあると思います。
幼児、小学校低学年向けの、英語教育教材も、ひらがなカタカナ漢字、さらには計算習得の
教材は、現在では数多くあって、どれを選べばいいのか選択にとまどうほどでしょう。

わたしの場合は、なかったので手元にあるもので間に合わせ、後は「自分がアレンジして
作成する
」これのみです。

British Schoolは当時はまだ5歳児のPrep(5歳児の小学校準備クラス)しかありませんで
したので、息子が4歳になると、ポルトにただ一校ある私立のイギリス・キンダーガーデン
に一年間午前中のみ通わせました。

今とは交通の便が違います。朝のラッシュ時は恐ろしいもの!
今だと高速を走らせて20分ほどで行ける海の近くのその幼稚園、当時は朝、交通停滞
が故、車でゆうに1時間はかかったのでした^^;
その頃、わたしは運転ができなかったので、朝の送りは亭主の仕事ですw
帰りはというと、運良く斜め向かいに住んでいた、亭主と同じ病院で働く
Falcão=ファルカォン夫妻が一人息子をBritish SchoolのPrep(5歳児クラス)に入れており、
終わる時間が同じなので、1年間ずっとこの迎えをしてくれました。
こういうこと、つまり、「ついでだから」を、ポルトガルの人は嫌がらずによくしてくれます。

ここで、です、息子を送り出した後は、午前中時間ができました。
義母さん、ふたりの年取ったおばさん、それに我ら3人家族が同居していた当時の家は、週に2度、
お手伝いさんが来て掃除をして行きます。義母さんを始め同居のおばさんたちも、一緒に掃除に
動き回りますから、小さな家はいつもピッカピカ!
わたしの役目は、と言うと、どうやらあまり手を出さないほうがいいらしい(笑)というわけで、 
さよう、時間だけはたっぷりあったのでした^^

息子がいないその午前中たっぷりの時間を使って、わたしは教材作りに励みました。
それがまた、楽しいのです^^
1ページ1ページ、鉛筆の手描きですぞ(笑)
ご覧あれ、この写真(笑)!
KOKUKU

で、中身はこれ、この通りw 帰国ノート2
(画像ふたつ並べたいのだが、まだやり方がわからないw)

何冊もある20年前のノートの一部。車庫から引っ張り出して来ましたw
オリジナルの一冊に、子供がそのまま書き入れると、一回しか書けず終わりです。
日本から取寄せるのもなかなか頼めないもので、コピー代もべらぼうに高かったこの時代、
とてもそんなことはできない。
入手したオリジナルの絵を写し、マスを書き、クレヨンで色付けします。このようにして、
絵を見て物の名前を覚え、ひらがなで書き込めるように、毎日2ページほどを、
手描きで写しました。

読みは3歳で、英語の真っ赤な文字から入って、4歳にはこんな風に日本語の生活に密着する
言葉の、「見ながら書きながら覚える」を導入。
これをたゆみなく続け、5歳では、足し算を始めました。

覚えてもらうのにかける時間は「ゆ~~~っくりと
そして、決してイライラなどして怒らないこと。
何度も何度も同じことを繰り返し手描きし、子供と一緒に必ず机に向かって座り、
時間は長くてせいぜい15分!
褒めますと喜びますから、「もっとしたい!」です^^
でも、ここがコツ!「今日の分はこれで終わりよ。また明日^^」
影の声:だってまだ次の手描きができてないのだw
亭主が仕事から帰宅しますと、今日はこんな文字を覚えた、と単純なわたしたちの話は
盛り上がる。こうして少しずつ少しずつ亭主の日本語の域を子供は超えて行くのでありました^^

世の中、便利になりグローバル化して、その気になればポルトガルにいながらにして、
JSTVなどの日本の衛星放送テレビも見ることができ、欲しいものもたいていは日本から
取寄せがきく現在、こんなことに自分の時間をつぶすなど、ちょっと考えられない
かもしれませんね。

子育てから開放されてもっと自分の時間が持ちたい、自分の好きなことがしたい、
という母親の話はよく耳にします。
わたしも、これやってみたいあれやってみたい、こんな勉強したい、できれば大学にも行きたい、
と語れる夢や希望はたくさんありましたし、今もあります。

あの頃のわたしは、子供の手描き教材作りに、自分の自由を感じたのでした^^

★今日の写真は、わたしのふる~い手作り教材でご勘弁を^^
★読んで、面白いと思ったら、右欄下のランキングをクリック^^
★今日は下にもうひとつ、日記があります^^お時間あったらどぞ^^
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
親近感!!
手作り教材、最高~(^_^)♪
spacesisさんが楽しみながら工夫していたのが、よくわかります。
私もspacesisさんの立場だったら、きっと、似たようなことをして
いたことでしょう(…こういうことが私も好きなのよ^^)。
市販教材のあふれる日本にいても、それでは飽き足らず、
私も、我が息子たちの為に、小学校1~6年まで同じものを繰り
返して使える漢字教材を手作り(ワープロ打ちですが)したこと
があります。 本業の、人様の子供の為の教材づくりの仕事が
忙しくて、あまり続かなかったのですけど…(^^;)
今度、ちょっと披露してみますね^^
2006/03/13(Mon) 10:44 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
かんちがいさん
おお!日本にいてそういことをやってた人がいたとは!
これは凄い!考えてみたらかんちがいさんとこは、
お宿帳(でしたっけ?)みたいなものもご自宅に
置くような奇抜なアイディアをお持ちでしたからね^^
さもありなん!
わたしは絵がヘタクソですから、ああやって写す
しかなかったのですが、かんちがいさんは、
トールペイントをみても絵心があるのが分かります。
是非是非、そのお手製の教材披露、してくださりませ^^
2006/03/14(Tue) 03:19 | URL | spacesis | 【編集
遅れて
あれー
なんと、今日、初めてブログを見ました。 しかも2月から!
ブログでもよろしく。
2006/03/14(Tue) 22:53 | URL | shima | 【編集
すばらしい
育児というか、教育方法GETです。

「ついでだから」
おおらかですよね~
というか、ほとんどおおらかな感じが・・・
一応、技術を教えに行ったんですが
彼らには、人生を楽しむコツを
教えてもらった気がします。
ちゃんと、仕事してるかなぁ~~(ーー;)
2006/03/14(Tue) 23:26 | URL | マー | 【編集
shimaさん
shimaさん、いらっしゃい^^
ホームページとはテーマを変えてみました。
主に子育て時代の話題になります。
よかったらこちらもお時間のあるときに寄って
いただけたら嬉しいです^^
2006/03/15(Wed) 18:19 | URL | spacesis | 【編集
マーさん
そそ、ほとんどがおおらかという感じ、その通りです(笑)
陰湿なところがあまりないのは、ラテン系の気質
でしょうね。それと、まだ発展しきっていませんから、
こずるいのはいますが、人間が擦れていません。

もちろん昨今は少しずつ変わってきましたが。
マーさん、もしかしてわたしが知っているところで
技術を教えていたのかもしれませんね^^
子育てがんばってください!
2006/03/15(Wed) 18:24 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ