FC2ブログ
2007年5月2日

古い都市ならどこにでも言えることでしょうが、ポルトにも目を凝
らして街を歩けば、磨けば光る宝石の原石のような物が、あちこち
に転がっているのに気づきます。

けだし、狭い路地裏でこそ、思いがけなく面白いものに出合ったり
するものでしょう。
わたしはそれで、恐る恐る足を踏み入れてみます。単独の観光客に
は、あまりお薦めできないところでもあるのですが^^;

そうして興味を持ったもののひとつがfonte=フォント=噴水です。
わたしの言うのは観賞用の噴水ではなくて、いわゆる昔の共同水汲
み場でしょうか。
今ではここで水汲みをして行く人はほとんどいないでしょうが^^
フォント1

 
上の写真は、ドウロ川のリベイラへ下りて行く道、Rua Mouzinho
daSilvaの通りにある大きなfonteです。
原型は14世紀と言われます。1920年に、市がこの通りを商店街に
するために解体し、すぐ側のRua do Souto通り入り口にそのホンの
一部を移動しました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

それが下の写真です。移動された「1920」の年号が入っています。
CMPはCamara Munincipal do Porto=ポルト市の略字です。
拡大できます。
フォント2
     

1960年代に、一部の商店が撤退したのを機に、市は再びこの通りに
原型に忠実に再建しました。
中央には貝のデザインが施され花崗岩でできています。

今では鳩の水飲み場、水浴び場になり、とても大きいのに、リベイ
ラを目指し
ここを通る観光客が、見落としがちな、ポルトの隠れた遺産です。

★ランキングクリックお願いします^^




関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ