2006年2月16日(木曜日)

卒業式の季節が来ると、毎年のように今ではもう5年前になってしまった、ぎょっとした卒業式を思い出す。

ポルトガルには卒業式というものはないのだが、我が子二人は、月曜日から金曜日までBritish Schoolに通学し、毎週土曜日は、日本語補習校なるところに9年間通い、日本の義務教育課程をとりあえず終えたのである。週に一度の3時間授業で、国語数学2教科の日本の1年間の教育カリキュラムをこなすのだからこれは大変な進度具合なのだ。

しかし、おかげで二人とも小中学部では日本式の厳かな卒業式なるものを経験することができた。
小小規模の補習校であるから、卒業生は一人か二人が通常であるので、どの子もいっちょ前に日本ではなかなか仰せつかうことのない、「卒業生代表の答辞」とやらをすることになる。

その年、義務教育課程を終えたのは我が「もいける娘」ひとり。
補習校関係者は在校生はもちろんのこと、その親達も全員出席しており、壇上に上がったもいける娘はおもむろに答辞原稿を開いて読み始めた。と、答辞のあるくだりに来ると場内にどっと笑い声がさざめいたのである。

「わたしは今から3年後、ポルトガルで高校を終えた後、日本へ行くつもりです。いえ、行くのではありません、わたしは日本へ帰るのです。」

さざめく笑い声とともに、「おおおお~~」との声があちこちから響き、横にいた大阪出身の友人は、ひじでわたしを突っつきながら、
「あんた、今の娘の言葉を聞いた?行くんじゃなくて帰るんだってよ!覚悟しときや。」

ポ国で生まれ育ち、日本には3年に一度の割で行き、夏休みの一ヶ月ほどを過ごしただけの日本。
しかし、その日本へ、彼女は「行く」のではなくて、「帰る」と言うのだ。
その日わたしは、頭から水をぶっかけられでもしたように、意外な娘の言葉にハッとさせられたのである。

これは彼女の、面と向かってはなかなか言い出せなかった、父親への、実はメッセージだったのでした。
そして、その父親はと言えば、肝心の卒業式には出席できなかったのでありました。

わたしたち母子の、日本の大学受験奮闘はこうして始まったのでした。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
おめでとうございます!!!
spacesisさん、ブログ開設おめでとうございます。
リンクもありがとうございます。
HPとはまた違った味わいのあるブログ、楽しめますね。

もいけるちゃんの日本語学校での卒業式、こんな感じだったのね。
ちゃんと聞かないと想像出来ませんでしたよ^^
「日本に帰る」と宣言したもいけるちゃんの答辞、胸が熱くなりました。

私もブログをスタ-トしたばかり、切り口を日記とはちょっと変えて
楽しんでます♪ スタートした動機を、初心を忘れずまめに更新し、
いつも新鮮な気持ちでやっていきたいなと思ってます。
一緒に楽しみましょうね。

spacesisさん、オメデト♪(*⌒ー⌒)o∠★:゚*PAN!
2006/02/17(Fri) 07:34 | URL | ミーシャ | 【編集
きちゃいました。。
spacesisさん、ブログ開設おめでとうございます♪
かんちがい姐さんのとこで見かけて

「ぉぉ。。ついに。。
ワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ」

ということで、これからも宜しくお願いします♪
\(^▽^)Λ(^▽^)Λ(^▽^)/ !!

ところで、、記事の続きがありそうな感じなので
また覗きにきますね!

P.S あちこちで書きまくってすまんです。。おほほ^^


2006/02/17(Fri) 14:42 | URL | syomin1 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村