2007年6月4日

ポルトの小さな家
★朝日が差し込む青いドアの小さな家

2、3日前に、やたらテレビで騒いでいた話題に、オランダの「Big
Doner show」がありました。

この番組は、脳腫瘍で余命いくばくもない37歳の女性が、このリ
アリティショーに移殖希望者として出演する3人、その家族や友人
などの話を聞きながら、最後に自分の腎臓を提供する一人を選ぶと
いう内容のものです。
もちろん、その間の80分、視聴者も参加し誰に提供すべきか、メッ
セージを送ったりして投票できます。

テレビをひねるとあちこちで騒がれていたもので、いったい何が?
と思い耳を傾けてみますと、
あらららのら・・・^^;

その最終局面、提供者が一人を選ぶ寸前になって、司会者が突如、
「みなさん、実はこのリアリティーショーは、全てフィクション(
作り事)であります」とのたもうた!
つまり、やらせだったんですってよ!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

移殖希望者三人は、どうやら本物ではあるものの、内情を知ってい
て出演したとのこと。
くだんの余命いくばくもない女性は、本職が役者なんだと^^;

やらせもやらせ、この結果には視聴者から抗議が相次いだそうです
が、わたしに言わせると、「あんたら、抗議する資格があるの?」

プロデューサー、局側は、「移殖腎臓不足の実情を広く世に理解し
てもらうため」ともっともらしいことを言っていますが、こんな
人命がかかわることをショーにしていいのか。
こんな番組を見てる人たちの気が、わたしは知れません。

この番組の制作会社は、ヨーロッパで高視聴率を稼いだ「Big
Brother」リアリティショーを発案した同会社です。
「Bog Brother」とは、ジョージ・オーウェルの「1984年」と
いう小説に出てくる全体主義体制を確立した「偉大な兄弟」と呼ば
れる指導者のことで、番組の名前はそれに因んでつけらています。

オランダが発信地ですが、世界20カ国以上、それぞれの国で出演者
を公募し、数週間に渡る共同生活をさせ、その間、出演者は共同生
活の家から一歩も外へ出ることはできません。
その様子を全て放映し、視聴者が投票でひとり、ふたりと落として
行き、最後まで残った者が賞金を得る、というルールです。

ポルトガルでも一時期、大変な人気を呼び、その様子が四六時中
テレビ放映されている
いるのには、「ったく、どこが面白いんだか・・」とわたしはろく
すっぽ見たこともない。
だいたい、人が一日中何しているかなんて、知ったところでどこが
面白いの・・・
人間の覗き心理を刺激して視聴率を煽ごうとする側も側ですが、
まんまと乗って悪趣味をさらけ出して見る人も見る人です。
ポルトガルでは、やっとその番組がなくなりました。

しばらく前もイギリスの「Big Brother」では、出演者イギリス女
性が同居のインド人女優に醜い人種差別発言をし、国内はもとより
インド、ヨーロッパで物議をかもし出し、イギリス国会にまで話が
行きました。

ポルトガルのニュースで何度も流されるもので、その醜い攻撃の
仕方をいやというほど見せつけられ、もううんざり。
なぜこういった番組が高視聴率を得るのか、わたしにはとんと分か
りません。

今回の「Big Doner show」、開いた口がふさがらないけれど、やら
せにしては実にお見事。
いっぱい食わされた視聴者も少しは恥じ入るべきです。

データをごまかして、視聴者の興味をそそり、「納豆がダイエット
になる」なんてことを公の電波で流すやらせの種類は、もちろんい
けないことですが、「Big Doner Show」に比べたら、かすんでし
まいそうな気がします。

こちらもあちらもやらせ。
踊る阿呆に見る阿呆、と言ってる間はいいけれど。
そのうち、出演してる方と見てる方と、どっちがリアリティショー
なのか、分からなくなるわよ。
くわばらくわばら。



コメント
ちょびっと更新したで!
こちらでも、やらせや、過剰演出はこけるね!
祈祷師だか、占い師の女が偉そうにご託を述べている番組も嫌いだな~。タレントの結婚披露宴の様子も、うそっぽくて!鳥肌がたちますな~。
2007/06/05(Tue) 08:13 | URL | 猟期的男ちゅう | 【編集
為るほど
ブラジルでも大きな賞金を付けて有名司会者が紹介してますが、寝室の様子等ウス汚いシーンで、”こんなの何処が面白いのか”と娘に尋ねた過去が有りましたので、これで判ったと、朝食のカフェ時に次女に話したら、

”ポルトのお医者さんと結婚しているご婦人はそこらのマリヤでは無いし、お父さんと同郷人だからね。”と返って来ました(会話はポ語)由来を習いました。有難う。
2007/06/05(Tue) 22:40 | URL | nakayoshi | 【編集
なんか、すごいな・・・
そこまで?

記事を読んでいて、
私も一つ、何だそりゃと思う、
番組がある。

大家族を密着するやつです。

目にするたび、
7人、8人・・・子供がいて、
更に出産とか何とか・・・
「大変だ~」とかで、

どうにも??なのです。

TVが一種の娯楽だったのが、
いまや競争。

いやはや、
実にくだらないものが
多い事だろうか(ーー;)
そして、時に引き込まれている自分もいます。怖いものですよね。


2007/06/05(Tue) 23:25 | URL | マー | 【編集
>ちゅうさん

更新、面白かった!
今日も元気に笑いをいただきました^^
ほんとによく見てるわねw

みなさんも、ちゅうさんの風刺絵、URLをクリックして
是非おでかけください。

>nakayoshiさん

そそ、それです。
ベッドインまがいのシーンも平気でたれ流して、
ったく、見る方もする方も何考えてんだか、と
腹がたってくるような番組です^^;

ブラジルでもやはりありましたか。
近頃は日本のテレビもそうですが、こちらも面白い
(いいという意味合いですが)番組がなかなかなくて、
わたしもテレビ離れが始まっています。

>マーさん

日本のテレビもひどくなりましたね。
帰国してももう見ることがなくなりました。
かつては、子ども用大人用に、いいと思われる番組が
たくさんあって、よくビデオにとって持って帰り、
何度も繰り返し見たり見せたりしたものですが、
いったいどうなってしまったのか・・

マリファナも指定のカフェで堂々と吸え、同性
結婚も法的に許されるというオランダから発信
しただけあって、やらせとは言え、眉を曇らせる
くらいドライなリアリティショーです。
残念なのは、わたしのような意見を持つのと同じ
くらい、こういう番組に興味を持って見るひとが
いるということです^^;








2007/06/06(Wed) 17:59 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村