2007年7月13日

息子はリスボンに、モイケル娘は日本にと、子供達がそれぞれ家を
出、夫婦二人になって4回目の夏がきた。

特に、モイケル娘が旅立ってしばらくは、我知らず深いため息ばか
りついていたような気がする。
が、間もなく、結婚以来夫と二人だけの生活がなかったことにハタ
と気づき、「そうだ!今から新婚生活もどきだ^^」と思ってから、
少し生き方もいい方向に向かってきた。

実際には、甘い新婚生活もどきどころか、夫にかまうのは以前と大
して変わらず、日本語教室を増やしたり、デジカメを持って街をほ
っつき歩いたりと、夫婦二人というより、わたし一人の生活が少し
色づけられる結果になったのであるが(笑)

物事には何事も両面あるものだ。
わたしはいざというときには、何度かこうしてツマンナイことの
もう一面を見つけ出して、その場その場を切り抜けてきたような
気がする。

さて、今日は久しぶりに「バイリンガル物語日本語編」です。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

子供達がいた頃は、夏休みが来ると「うわ~~!@@」で始まり、
9月の新学期が始まると「ふ~~っ」と夏の一仕事が終わったこと
に胸をなでおろしたものだ。
新学期が始まった最初の一週間、家中がやおら静かになり夏の日差
しの暑いのも一通り山を越え、柔らかめの光を投げ込むその時が、
母ことわたしの遅まきの夏休みであった。
わたしの、子どもたちがいた夏はいや全く一仕事だったのである。

17年間、普段は車での学校送迎に始まり、帰宅後は、やれ宿題の、
通信教育の、補習校の勉強のと、これに、ピアノの稽古だ、数学の
家庭教師の家だ、やれ乗馬だと加わり、親も子も毎日がぎっしりの
スケジュールであった。
稽古事も近隣ではないので、すべて車で送迎。1時間のことなので
結局車の中で待つ、と言うことになる。
まったくお付の運転手の役割である^^;

家庭学習にいたっては、日本語の学習は当然ながら、自分の能力を
超えそうな英語、ポルトガル語も、時には辞書と首っ引きで子供達
と取り組んだものである。
子どもとのポルトガル語の学習では、今でも心に残っていることが
ある。

小学校4年生のモイケル娘のポルトガル歴史の成績が一向に芳しく
ない。
British Schoolであるから、どうしても英語圏の科目が主要になり、
一週間に一度しかない授業ではある。家庭語がポルトガル語でない
我が家にいては、いたし方ないところもあるのだが、もう少し成績
アップを願ったわたしたち、(というより、母親が、ですね^^;)
娘と二人、テスト勉強に取り組んだのであります。

ちなみにこの頃のわたしは、ポルトガル語など碌すっぽ勉強したこ
ともなく、独学でかじった知識しかなし。
さぁ、取り組んで見たはいいが、これがあぁた、「あははは」と笑
うっきゃぁない代物でした^^;
つまり、そんなわたしの生半可なポルトガル語では、取り組むにも
取り組み様がなかったということなんであります。

あれ?いったいどこで文章が終わるのよ?いつの間にやら話が変わ
ったのよ?主語はどれ!なんでこんなに文が長いの!
この言葉、同じ意味じゃないの!なんでわざわざ違った言葉を使う
のよ~~(涙)と、読んでも読んでも分からない。
大人がこんな状態ですからね、子どもにさぁ分かれ、成績あげろは
無理ってもんです。

歴史ですから語彙もこれまで耳にしたこともないものばかり。
娘と二人、辞書と教科書にかじりついて1ページを終えるのにどれ
だけの時間を費やしたことか。
く○!絶対理解してやる!と、そこで母はやおら大決心。

娘が学校に行っている間は、家事そっちのけで小4のポルトガル歴史
の教科書と取っ組んだ。
こうして下準備して置き、学校から帰ってから再び二人で机に向か
う、という日々。
ポルトガルの歴史教科書


モイケル娘よ、覚えておるかな^^
あの頃使った歴史の教科書は捨てられないで、今でもわたしは時々
ひもときます。
と言うのは、当時より少しはポルトガル語が理解できるようになっ
たわたしは、この歴史の教科書がなかなかよくできているのに気が
つき、参考にすることが多くなった近年です。

テストの結果はと言うと、やはり上がりました^^
この辺りは4年生の娘の努力もさることながら母親のガッツに負う
ところが多いと自負する親

後年、ポルトガルの地方を旅行しながら、
「もいちゃん、ほら、ここ、教科書に出てたじゃない?」と連発の
わたしでしたが、本人は、
「覚えてな~い」でした^^;
忘れるの、早いのぉ~、モイケルよ^^;

さて、優に二ヶ月はあるこちらの夏期休暇、夏休みくらいと、うっ
かり気をゆるめれば、たちまちにして日本語の書く力読む力は悲惨
な目を見る結果になるのである。
いえ、わたしじゃないです、こちら生まれこちら育ちの二人の子供
ですがな(笑)

明日は、子供達と取っ組んだ夏休み日本語学習を取り上げてみたい
と思います。

ランキングクリック、お願いします。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村