2007年10月12日

日本で勉強している我がモイケル娘、今週から小学生の英語家庭教師
をすると言う。それで、目下絵カードを作っているのだそうな。
「大変だぁ」と言いながらも、久しぶりのお絵かきを案外楽しんでいるの
ではないかなと思っている。

以前も日記に書いたことがあるが、我が家では子供達の絵作品や日本
語の作文はたいがい残してある。作文はともかくとして、絵作品は折り
こんでしまうのももったいない気がする。
それでかなり大きなアートホルダーに保管してある。が、膨んで場所を
取ることから、デジカメ撮影し保存することにしたのである。

ポルトガルは画材が目の玉が飛び出るほど高価で、スケッチブック、
クレヨン、絵の具、鉛筆など殆どは帰国時を利用して日本から持ち込ん
だものだ。

子供達が小さい頃は、傍の迷惑を考えて家族でレストランへ行くことは
極力控えたものだが、それでも、時には食事作りの手抜きをしたいわた
し、たまにはやはり外食に出かけた。
子どもが赤ん坊のうちはなんとかなるのだが、ヨチヨチ歩き出し始めると
食事が終わるまでテーブルに就かせておくのが、ひと苦労なのである。
昨今は、子どもが席を立ってレストラン内をうろつくのを許している親を
よく見かける。自分達も食事を楽しみたいとの気持ちはわかるが、夫も
わたしもそれに賛成しない。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

レストランで食べるときは、必ず絵本とノート、色鉛筆を携えて行った。
ポルトガルのレストランでは、注文して食べ物が運ばれてくるのに時間
がかかる。
レストランに入り食べ終わって出てくるのにゆうに2時間はみる。
大人同士であれば、ワインやビールを1、2杯傾けながらメイン・ディッ
シュがテーブルにのるまで、お喋りするのだが、小さな子どもが一緒だ
とそうはいかない。それで、小さな声で絵本を読んであげたり、お絵かき
をしてもらったりするのである。
子どもと言えども、レストランではウロウロ立ち歩かないことを教わって
もらわなければならない。

息子は絵を描くことにはあまり興味がなかったようで、彼の作品はたい
して残っていない。
モイケル娘は思春期の一時期、少しはまったみたいで、学校の作品の
ほか彼女が趣味で描いたものが何枚かあり、描きかけのものもその
まま残っている。

ということで、秋でもありますし、今日は子供達の作品のいくつかを載せ
てミニ展覧会とでも行きましょう。

サントス家のミニ展覧会

子どもの絵1
1985年 息子5才時の父の日のプレゼント。
パパを描きましたと^^
子どもの絵2
学校のアルバムに載った中2の作品。多分これが息子の
傑作。
子どもの絵3
小学5年。モイケル娘が自分で書いた物語を紙芝居にして補習校で
発表した「空とぶブタ」。紙芝居はただ今わたしがHPにアップ作業中です。
子どもの絵4
ドラクエ(?)に夢中になっていた頃の娘の作品。
子どもの絵5
こちらもドラクエからでしょう。
子どもの絵5
モイケル娘の作品の中でわたしが一番好きな絵。
ポピーという犬と猫5、6匹の暮らしの中に、彼女が拾ってきて
里親が見付かるまで我が家に一時期いた二匹のワンちゃんの
一匹。なんだか目にとても心惹かれる一枚です。
子どもの絵6
ご存知トトロ。デッサンのみ。

本を開いてゴッホやシャガールの絵を眺めるのもすきですが、子供達
の絵も、時を経て眺めてみると、下手なりにその時その時のあるが
あるようで、なかなかに楽しいものですね。
コメント
いいですなぁ〜!
子供の絵は親でなくても魅力のあるものばかりですね。
我が家の息子たちの描いた絵も『すごい感性』、『天才かも?』と思うほどでした。
最近の何げない会話の中で気がついたこと一つ!
『最近の若いやつは〜』とか『おじさんはね〜』など
自然とおじさん言葉になっている自分に気がつきました。
でも『おじいさん言葉』にはまだなっていないので安心…かな!?
2007/10/14(Sun) 07:34 | URL | テニスちゅう | 【編集
傑作がずらり~
ミニ展覧会楽しませてもらいました^^
うん!子供の絵って本当に
この時しか描けないんじゃないか?って思うものばかりですねー。
うちにも何枚か子供の絵が飾ってあります。

レストランなどで小さい子をおとなしく
させておくのに我が家でも小さいメモ帳と
ペンを持参していま~す。^^

姉さん、フランスへ行くのん?
気をつけてねん。(*^^*)


2007/10/14(Sun) 13:31 | URL | syomin1 | 【編集
>ちゅうさん

ちゅうさんの子どもの頃の作品は残っていないのかしら?
とっても興味があります^^

「今時の若いヤツは」が、ポルトでは「今時の日本人は」に
なるのです^^;
私たちの先人達もかつての若き日の我等をこんな風に
言ったんでしょうね(笑)
時代は回る、です。

>syominちゃん

syominちゃんとこもおんなじことしてるのね^^
子どもが小さいときは外食しても結局食べた気が
しなかったっけ^^;
人前で大声出して叱るわけにはいかないし、
彼らはそれを知ってるもので、ちゃんと勘定して
行動する。腹立ったわぁ(笑)
で、押さえきれず低いドスのきいた声で
「もいちゃん!」なぁんてやると、さすが顔色声色見て
やめたもんでした。

二人とも成長して今は夫婦ふたりして外食を毎土曜日しますが、
落ち着いて楽しめるというより、やっぱりうるさくても、
大変でも家族がみな揃っての外食、よかったなぁ、と今思います。

syominちゃん、今の時代を大いにお楽しみあれ^^

2007/10/15(Mon) 08:16 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村