FC2ブログ
2007年10月17日

せっかくパリへ行くのだ、まだ10日ほどある。
通じるかどうかは別にして二言三言のフランス語でも、使ってみよう
ではないか!
日本語教室も週末職場も通常通りで、たいして勉強する時間はない
が、今回はspacesis力んでいます(笑)

これには訳がある。
パリにはこれまで二度足を踏み入れている。一度目は今から30数
年前の20代に、当時勤めていた会社を一ヶ月の休暇をとりケンブリ
ッジに語学留学していた時に週末を利用して訪れた。
(この時のエピソードは後日披露)

もう一度は、日本での2年の留学を終えて一足先にポルトガルに帰
国していた夫の下へ、彼の日本人友人と二人、新妻としてポルトに
向かっていた時に途中立ち寄ったパリである。

二度ともわたしは通関するときに、これまた二度とも意地悪な黒人
検査官に荷物を開けさせられ、どうでもいいような中身のひとつひと
つを手で摘まんでは検査され、傍で見ていた他のツーリストたちに
気の毒そうな目を向けられたのである。
あれは間違いなく偏見であったと確信している。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

以来、わたしはフランスには悪印象を持ち、
「フン!フランス人なんてなによ。英語が分かるけど故意に話さな
いんじゃなくて、発音が日本人以上にヘタクソなのを自覚してるから
話さないんだ。」
なんて心中思い、密かに溜飲を下げてきたのである(^^;)

しかし、パリの秋は、高校時代からの長年の憧れではあった。
いつの日にか、ちょっとフランス語をかじってから、もう一度行って
きっと征服してやる!と思いながら、なんだかんだ毎日の生活に追わ
れ、結局なにもせず仕舞いで今日まで来てしまったのである。

ネット検索でツーリスト用の簡単なフランス語をプリントした。
が・・・発音、イントネーションがわからない。ただ丸暗記というのは、
どうも気持ちが悪くてわたしはできない性分だ。目で見て耳で聞いて
できれば少し文法を、と欲張ってしまう。

まだ10日ほどある、と上で書いたものの、たった10日しかない。

先週ヒョコッとこの愚痴を、友人兼日本語教室の生徒であるマリアさ
んにこぼしたら、
「手伝ってあげるわよ。わたしは元々フランス語の教師だったから。」
と。それは知らなかった!彼女が英語、ドイツ語の先生であるのは
知っていたが、フランス語もとは初耳である。
それで急遽、彼女の日本語レッスンを始める前の30分を今週来週の
ニ回、特訓してもらうことになったのだ(笑)

そんな話をしたら、モイケル娘に、
「おっかさん、来週末に行くのにまだフランス語諦めていないのね。
あっはっは。」と笑われた。笑っとれ~~。
で、今日の朝がspacesisマダムのおフランス語第一回目。面白かった!

フランス語は表記されていても発音しない部分がたくさんあって、そこ
が頭にくるのではありますが、ポルトガル語同様語源がラテン語なので
慣れてくると少し分かり易い。
マリア先生に旅行で使えそうなフランス語の短い文章をまず発音して
もらい、リピートする。
次に、文法の基礎的な部分を説明してもらう。
もう一度読み、すぐ応用に入ってみました。

「こんにちは。元気?」
「はい、元気です。」
「日本から来たの?」
「いいえ、ポルトガルから来ました。でも、日本人ですよ。」
「フランス語、分かりますね」
「いえいえ、フランス語はよくわかりません。フランス語は難しいもの。
でも、英語、ポルトガル語なら分かりますよ。」


うふふ。こんな風にうまく行ったらいいなぁ^^ 
で、目下時間のあるときに、フランス語の会話テープを流しっぱなしに
してます。
勿論たいして分かるわけではないのだが、なぁに、なんとなくおフラン
ス語の雰囲気が掴めればいいのだ(笑)

ところで、下記月曜日に書いたクレリゴス教会及び塔に刻まれている
「AM」の記号の意味について。↓
クレリゴスAM

夫とマリアさんに、切符売り場のおじさんが
「あれはAve Maria の意味じゃ。」なんて言ったけど・・・
と話すと言下に
「それはないだろ。よく知ったかぶりでいい加減に教えるからね。」
ですってよ!
んもう~、頼むわよ。こっちは真剣に調べてるんだから^^;
ということは、ひょっとして、我が推測はあたっているかもよん^^
ここ数日中に、クレリゴス塔の写真をアップできると思います。

関連記事
コメント
おフランスざんすね^^
ボンジュール、サバ?
ジュマペール ギタレレ
メルシィ メルシィ
とNHKフランス語講座第1回だけみて
ええぇ、挫折しましたとも^^;
2007/10/17(Wed) 23:42 | URL | ぎたれれ | 【編集
絵言葉
パリに2回行きましたが、会話は「ボンジュール」と「メルシー」だけ。
あとはお得意の漫画を描き、伝えました。けっこうおもしろがってくれました。
日本人コーディネーターが「ください。」を「しもぶくれ」で伝わるということで、実践したら何と伝わっちゃいました。
カフェで、どうでも良い男と美人のパリジェンヌがいてどうでも良い男が、他の女の子に気を取られているのを見た美人さんが嫉妬しているのを、傍らで見たちゅう達はその男に嫉妬したという、どうでも良い話でした。
2007/10/18(Thu) 00:55 | URL | テニスちゅう | 【編集
ご、、ごめんなさい。
いつもちゅうさんのコメントを見て
笑ってしまっています。

spacesisさん頑張ってね♪(*^^*)v
2007/10/18(Thu) 20:59 | URL | syomin1 | 【編集
>ぎたれれ君

挫折したんか~(笑)
楽しみながらちょこっとかじってみるのも
方法ってものかもよ^^

フランス語、発音は別にして、英語と対比してメモ
とってみると、少し分かりやすいような気がします。
英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、
イタリア語となんとなく似たところがあるものね。
こっちの人たちが普通に2,3ヶ国語が少しできる
というの、分かりますね。

英語、頑張ってね^^

>ちゅうさん
「しょもぶくれ」って!(爆)
それ、「sil vous plait」スィルヴレだろうなぁ(笑)

どうでもいい男と美人のパリジェンヌってw
多分日本女性からしたら、それも、
「どうでもいいパ女とステキなパリジャン」
ってことになるかもね!あははは

>syominちゃん

そうよね。ちゅうさんはユーモアがわかる大人の男^^
(ここでヨイショしておこう、オホ^^)

頑張るにもあと一回の30分レッスンだ^^;

ところでsyominちゃんもベリーダンス、がんばってよ!
次回は正装姿アップして~~。



2007/10/19(Fri) 03:14 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ