FC2ブログ
2007年10月24日

東京のW大学から九州のとある市立大学に3年でコース変更、編入し
たモイケル娘の話です。

4月の話で、編入時に持ち込んだW大学の単位のうち、認定単位が
たったの24と言われたのを、これじゃ、どんなに頑張っても残りの
2年で卒業できない、あたってくだけろ!と学部長に時期談判。
40単位にしてもらったのだそうですが、更にTOEIC(Test of English
for Inter-national Communidation)の得点次第で数単位免除され
るとのこと。

それ!と、3週間ほど前に受験したのですが、先日95%正解の結果が
出て4単位ゲット!
いいなぁ、こうやって挑戦できるってことは^^
おっかさんも頑張らなくっちゃ!

さて、そのモイケル娘、この10月からバイトで小学生の英語個人教
授をし始めた。子どもに外国語を教えるのは並大抵ではない。
わたしも時々日本語を子どもに、との話が入ってくるのだが、断って
いる。何しろ、文法から入るわけにはいかず、手間隙かかるのであ
る。それに、子供用の日本語テキストもいいのがない。
子どもに外国語を教えるのは簡単だと思われがちだが、それはとん
でもな勘違いなのである。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

しかし、日本語と違い、英語は世界共通語となっている現在、英語圏外
の幼児から子供向けのテキストは結構揃っているのである。
ポルトにはBritish Book Storeなる本屋があり、ここで娘が英語を教え
るのに使えそうな本がありそうだと、先日でかけてきた。

我が子たちが小さかった頃は、この本屋も子供用の教材はあまりなか
ったが、しばらく来ない間に店内は改装され、いつの間にやら以前はな
かった2階ができ、そこが子どもの書籍コーナーになっていた。

本を手にとっているうちに時間のたつのも忘れ、ほぼ1時間ほども過ご
しただろうか。
我が子たちが幼かった頃に朗読してあげた物語や、Activiti Book
(学習帳とでも言おうか)も色々あって、あの頃、子どもたちと一緒に
自分も日本の英語授業では習うことのない、子どもの言葉をたくさん
勉強させてもらったのを思い出した。
上の写真はモイケル娘の英語レッスンの参考にと、今回わたしが選ん
だものの一部。
英語の絵本


「Three Billy-Goats」では「troll」と言う言葉を子供達と一緒にわたし
も覚えたものだ。troll(トロル)は宮崎アニメ「トトロ」の語源だ。
tip tap tip tapと橋を渡ろうとする三匹のヤギを待ち構えて食べようと
するトロルが、最後には大きなBilly-Goatに角で川に突き落とされ
流れていくと言うお話は、子供達はどうか知らないが、一緒に読んだ
母親のわたしには面白くて朗読してあげるのも楽しかった。

「The Snowman」は幻想的なお話。最後はリアリティーなオチがつい
ていて、少し哀しいけれど、絵も素敵で心に残る絵本だ。

ついでに今日は、わたしの日本の愛読絵本を紹介します。
日本の絵本


「チロヌップのきつね」も「100万回生きたねこ」も、幾度読み返しても、
まぶたがジンと熱くなり、手で目頭をぬぐわずにはおられない。
そう、全部動物が主人公のお話ですね。
子供達に、そのまた子供達にもずっと伝えたい絵本です。

動物の絵本を読ませすぎたかな?
ただいま我が家族のメンバーがそれぞれに飼っている猫の数、我が
家が5匹、モイケル娘がとうとう三匹、そして、ついこの間、リスボンに
住む息子が、なにやら口に障害のある白猫を拾ったとかで、
合計9匹です・・・・

彼らの立場だったら、やはり同じように拾ってしまったであろうわたしは
「そんなの、困るから捨ててきなさい。」とは、言えないのであります。
夫には、頃合いを見計らって打ち明ける作戦だけは、しっかり立てて
置かないと・・・

一冊一冊手にとって、我が子の手に触れて欲しいと思う本を選ぶ時間は
ほんとうに楽しいひと時だった。
本を選ぶ時間は、子への、限りない希望に満ちた時間でもありました。

関連記事
コメント
おひさ~!
もいちゃん、TOEICで95%の正解率って、さすが~!
単位もゲットできて良かったですね^^
「おっかさんも頑張らなくっちゃ!」というspacesisさん
の反応が、また良いです。
ホント、我々親世代もまだまだ頑張らなくちゃね~(^^;)

絵本を使って言葉を教えるのは効果がありそうですね。
もいちゃんも、自分が受けてきた教育を思い出しながら
いろいろ工夫しているのでしょうね。
教えることで学べることは多いので、そういう意味でも
すごく良い経験になると思います。

ここのところ、忙しかったので、カキコしそびれていた
ことを、幾つか…。
☆クレリゴス塔の写真、「ここまで上った」の文字に
 笑ったよ~(^_^)
☆T氏に十数年ぶりに電話なさった話では、私も「きっと
 驚くだろうな」というイタズラ心で読み進めたので、、
 その日に亡くなっていたというタイミングに、胸を突か
 れました。…そんなこともあるんですね。でも「何かが
 通じた」ようで、不思議な気がしました。
 私の死んだ妹も白血病でした。今は快癒する人が増えて
 いるのに、やはり亡くなる人もいて残念です…。
☆もう暫く前の記事だけど、4年に1度の花の祭りの
 タブレイロス・フェスタね、やっぱり、できればその時
 に、ポルトに行きたいと思うことでした。
 何に一番興味があるかって、あの衣装!!
 私もタブレイロを頭に乗せて、白い衣装も着て、記念
 写真撮りたいんですけど~(観光客には無理?…笑)
2007/10/25(Thu) 23:12 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
私も職業柄というか
もともと本が大好きなものですから絵本は大好きです。
保育園の子どもたちに読んであげようと思う本は
家で何度か声を出して読み、練習してから園に持っていきます。
午前中に読んであげ、しばらくそれをお部屋においておくと
今度は子どもたちが自分でページを開いて読み始めます。
ストーリーはわかっているはずなのに
繰り返し、繰り返し読む(見る)んですよね。
そんな姿が大好きです。
私は保育士にならなかったら絵本屋さんになろうと思ってたくらいです(笑)
spacesisさんの紹介されている絵本は勿論全部知ってるますよ。
その中でも「てぶくろをかいに」は
母に買ってもらい何度も何度も読んだ大好きな絵本です。
2007/10/26(Fri) 20:58 | URL | みぃー | 【編集
>かんちがいさん
こちらもバタバタして読み逃げしてます^^;
息子さんたちのご就職、おめでとうございます!
なんだか、かんちがいさんのDNAでしょうか?お二人とも先生って^^
これから教育関係の色々な話題が上って来そうですね。
楽しみです^^。

妹さんのお話、以前ブログで触れていらっしゃいましたね。
T氏の頑丈そうな体格からはとても想像できませんでした。
わたしたちの体って強いようで脆い、脆いようで逞しい。
今恵まれている健康に感謝しなくてはならないと思いますね。
わたしもね、亡くなられたその日になんて、因縁ごときものを
感じました。少ないポルト在住日本人同士、T氏、もしかして、
ふっと思い出すことがあったのでしょうか。

クレリゴス塔、225階段だったけど、翌日足腰が痛く
ならなかったのは不思議だった~(笑)

タブレイロス祭はキャシーちゃんが残念残念!と騒いでいましたね。
四年後ですよ、四年後!(笑)
自分の年を思うと、ちょっとご~~ん、だわん^^;

2007/10/27(Sat) 03:20 | URL | spacesis | 【編集
>みぃーさん
絵本屋さん!いいですね^^

みぃーさんの絵本の朗読、聞いてみたいわぁ^^
わたしも時々小学生のクラスに読んであげます。
絵本じゃなくて、教科書に出てくる物語ですが、子供達に
読んで読んで~とせがまれて、
それにのせられ、ついつい(笑)

特にわたしが好きなのは、方言のの入ったお話(笑)
なまりを入れると、読むこちらも楽しいです。

「手袋を買いに」、黒井健さんの絵、ほんわかして、
とても好きです。
そして、新美南吉の物語はどれも心温まるものばかり。
「手袋を買いに」の最後の文、
「ほんとうに人間はいいものかしら。」には、そうあって
欲しいと心から願わずにいられない思いにさせられます。

子供達に読んで聞かせてあげたいお話はたく
さん、あります。
みぃーさんも、お話上手なようですね^^
2007/10/27(Sat) 03:30 | URL | spacesis | 【編集
spacesisさん、こんにちは。
絵本、私も大好きです。
「100万回生きたねこ」を初めて読んだ時、衝撃でした。 こういう絵本もありなんだなあって。 その後、お店で 大竹しのぶさんが この話を朗読しているCDを見つけ、思わず買ってしまいました。 今は、私の子供たちもたまに聞いています。
ブログ、いつも楽しみに読ませていただいています。
2007/10/27(Sat) 12:50 | URL | かたこ | 【編集
>かたこさん
「100万回生きたねこ」の白猫さん、私が長い間飼っていた
白猫さんを思い出すのですよ^^

真っ白な気位の高い猫で「たんぽぽちゃん」と
呼んでいました。
我が家の6匹猫の中でも大先輩で、どの猫も
タンポポちゃんの側を通るときは距離を置いて
通るのでした^^

下記のわたしのURL、「毎日が猫だらけ」のページ、
「メモリーギャラリー」に載っています。
よろしかったらどうぞおでかけください。

わたしもかたこさんのブログを読ませていただいてます。
短い日記にお子さん達の可愛らしさ、いじらしさ、頑張りな
ところ等等、とてもうまく表れていて、わたしも子育て時代を
思い出すことが多いです。

息子ちゃん、大器晩成ではないかしら^^
今の環境で、どうかおおらかに育ちますことを心から
願っております。
2007/10/28(Sun) 06:30 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ