FC2ブログ
2007年12月14日

ハッと目が覚めたら、おおおーーー!8時ではないか!
今日の出張日本語レッスン、9時からであったよ~~(汗)

ガバと起き上がり、洗面所に突進し慌てふためいていたら、先に起き
て既に出勤の準備完了の夫、「あれ?今日が9時からだっけ?」
そうなんでありゃんすよ^^;起こしておくれよ、ダンさん^^;

ちょんばれですがな、夫が先に起きてる日常が(笑)
いえ、いつもこんな時間まで寝呆けてるわけではないんですが^^;

夕べは遅くまで土曜日の仕上げの仕事をしておったのですが、その
後がイカンのでした。原因はこれなんであります↓
本テンプル1
 
上は夏ごろに読んだ本。 
下は数日前に所沢に住む我が妹が「遅ればせながらの誕生日
プレゼント」だ、と送ってくれた期待の本です。
本テンプル2

太古、古代の歴史の謎を読んでは調べて勝手推測してみるのが好き
なわたしは、気になって仕方のないことがあるとすっかり凝ってしま
います。

18世紀にイタリアのトスカーナからポルトにやってきて、多くの独特な
建築物(クレリゴス教会、フレイシュ宮殿、ミゼルコルディア教会、プレ
ラーダ宮殿、大寺院内装、その他諸々)を手がけ、晩年はポルトで
ひっそりと生涯を閉じたと言われるニコラウ・ナゾニが発端なのです
が、(ナゾニはメースンリーだったのではないか、が、わたしの推理)
キリストの謎もテンプル騎士団の謎も聖杯もフリーメーソンも、膨大な
この話の綾は、見えるようで見えない何かがある。
それが気になって仕方がない。
そして、相変わらず、夫や息子には「ぶぶっ!」と笑われております。

イベリア半島のアラブ支配からの独立(レコンキスタ)や大航海時代に
於けるテンプル騎士団の活躍が、なぜ注目を浴びないのか。
とまぁ、こんなことを考えながら、あれこれの本を読んでいるわけです
が、写真左の本を読んだのを最後に、この何ヶ月も多忙で本を読む
時間もありませんでした。
俗に言う「活字中毒」のわたしは、こうなってくると落ち着かない。

が、今少し本に時間を割くことはできない状態なもので、届いた本を
チラチラ横目で見ては、
「だめだだめだ。今手を出したらいかんぞぉ~」とこの数日、
自らを戒めてきたのです。
が、昨夜、とうとう一冊のページを開いちまったまった~(笑)

気がつけばなんと午前2時過ぎ。慌てて寝入ろうと努力するものの、
頭の中はあなた、本の中身でキンキンですわ。
すぐと寝付くこともならず、悶々^^;
そして、目覚ましをかけたつもりの今朝の寝坊と相成ったのでした。

30分で洗顔着替え化粧を済まし運良く本日はジャスト・オン・タイム!
助かった~~。

わたしのこの謎解きは、後半の人生、じっくり時間をかけて本を読ん
だりネット検索したり、歴史現場を訪ねたりして、楽しみながら進めて
いくことを考えています。
もう少し時間にゆとりがないと、溜まりません。

さて、明日は土曜日の我が職場恒例の餅つき大会です。
去年のように、調子に乗って、大縄とびでスッテンコロリン、てなこと
にならないよう、気をつけて参ります^^;

★spacesisの歩くポルトの街「ワインセラー・サンデマン
アップしました。クリックしてどうぞ。

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ