FC2ブログ
2008年2月5日

リスボンの息子から昨日の午後電話が入った。

「ママ!今テレビのニュースでうちの前にあるカフェがドロボーに
やられたってニュースが流れたよ!」

日曜日の夕食時に夫がそんな話していたようだが軽く聞き流して
いた^^;
このあたりは自慢じゃないが車上ドロボーの話もよく聞くのである。
朝起きてみたら4車輪とも無くなっていたとか、カーステレオをとら
れていた等、わたしも目撃こそしていないが、犯行後の現場は何
度か見ている。
気の毒だなぁ、自分も気をつけなくちゃと思いながら同情するしか
ないのである。警察は殆ど何もしてくれはしない。

かつて小さな庭付きの借家に住んでいたころ、我が家も何度かこそ
泥にやられていたようだ。「いたようだ」と言うのは、やられていた
のに気付かなかったのである^^;

ま、こそ泥であり、取られて悔しいというほどのものでもなかったの
で、届け出もしていない。
一言言ってくれたらあげたっていいのに・・くらいに思うようなもの
ばかりであったからだ。

件のカフェは「CONFEITARIA BOM REGRESSO」と言って、我が
フラットの斜め向かい。
土日の週末と祝日の朝は、夫はそこで典型的なポルトガルの亭主
族よろしく、カフェをすすりながらその日の朝刊にじっくり目を通す
のが習慣である。

また、ベンフィキスタ(リスボンのフットボールチーム、ベンフィーカ
ファンのこと)の彼は、試合があると、無関心なわたし相手に家で
見ていてもつまらないらしく、これも典型的なポルトガル人よろしく、
ご近所集まってテレビで試合を観戦し、GOLO(得点が入ること)が
入ったの入らないのと盛り上がる場所がカフェなのである。

カーニバル休みの今日、カフェから戻ってくるなり新聞を開いて、
「載ってるよ、向かいのカフェのことが」と言う。
ドロボー記事2
           ↑新聞記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

ドロボー記事1
↑我がフラットベランダから撮った同じカフェ。

「日曜日の明け方3時から7時の間、盗車を繰り返し数箇所のカフェ
などに侵入。15歳と18歳の少年が最後に入ったのがマイア市
ペドローソスのカフェ。店には若い女性が独り、7時に開店したば
かりのところ、顔をマスクとマフラーで覆った二人が金を出せと脅し
たが、くだんの若い女店員、側にある野球のバットを手になかなか
応ぜず、ドロボーはタバコだけを持って逃げた」
とある・・・・

この二人は同日曜日に警察の追跡で捕まったのだが、18歳の
少年はこの手口の常習犯とのこと。
女店員の態度には「す、すごい。よくぞおもちゃガンと見抜いたな。」
と思う反面、一歩間違ったら、エライことになっていたのではないか
との感が拭い切れない^^;
野球バットを手にしたということは、常時レジの側に置いていたのであろう。

昔、わたしが大阪の堂島のオフィスで働いていたとき、仕事を辞め
た同僚にタクシーの運転手に転職したのがいる。
彼いわく、
「万が一のことを考えて、怖いから助手席にはいつも野球バットを
置いている」と話していたのを思い出した。
車内でバットを振り回すことができるかどうかは知らないが、銃社
会のアメリカが店主も銃を構えるのと違い、こんなことで終わるよう
なポルトガルは、まだまだマシだと思った。

しかも、事が起こったのは日曜日、それが火曜日の新聞に載る
なんて(笑)こんな類のニュースが少なかったのね^^;
そう思うと、毎日殺人だ強盗だ食品テロだと新聞記事に事欠か
ない日本と比べ、なんという違いだろうかと感じ入ってしまった。

日本もわたしが住んでいた30年ほど前は、世界で一番治安のいい
国だとの誉れがあったのだが・・・・
時代はすっかり変わってしまった。

下記、我が「のほほんドロボー体験談」をどうぞ。

よもやま話:「生ハムどろぼう
関連記事
コメント
日本は怖いですよ~w
あっしも語学勉強して脱出しようかな^^;
2008/02/06(Wed) 04:33 | URL | ぎたれれ | 【編集
脱出も一手だが、居残って変革に動き出すのも手であるぞ^^

ほんま、今のうちにどけんがせんとなぁ。。。
日本に我が子孫が残るとすれば、先が暗い。
2008/02/06(Wed) 19:01 | URL | spacesis | 【編集
リンク
初めまして。
来宮火鑞と申します。
某サイトのリンクから来させて頂きました。

いきなりで申し訳ないのですが、
私のブログのリンクに登録しても良いでしょうか?
このサイトは海外のことがわかりやすく書いてあり、とても面白いです。
そのためこのサイトを少しでも多くの人に知ってもらいと思いお願いしました。
迷惑でなくれば、よろしくお願いします。
2008/02/06(Wed) 23:11 | URL | 来宮 火鑞 | 【編集
いいですよ^^
>来宮 火鑞さん

リンクokです。

インフルエンザ早く治るといいですね。
日本で大学生をしている我が娘も、目下試験中。
君のテストの健闘を祈ってます。
後ほど、こちらでもリンクをはって置きます。

で、ハンドルネーム、なんと読むのでしょうか^^;
ついでの時にでも教えてください。
2008/02/06(Wed) 23:29 | URL | spacesis | 【編集
あら。。。
ご近所でそんなことが起こっていたのですね・・・。
知りませんでした。

このあたりは、色々あるとは聞いてるものの、危ない目にあったことがないので、気を抜いていました。
気をつけなきゃ。
写真をじーっと見て、どこだかわかるような、わからないような。でも、きっと前を通ったことはあると思います。行ったこともあるかも(!?)

日本は物騒なハナシが多くて、多すぎて、なんだかなーという感じですね。陰険なかんじの事件も多くて。

こんかいの事件はなんだかかわいらしいですね。
そういえば、うちのアパートは地下駐車場に住人しか入れない(中からも鍵がないと地下に降りることができないです)が、以前、車のガラスが割られてなにか盗まれたようです。う~ん、油断大敵ですね!
2008/02/07(Thu) 09:14 | URL | Rin | 【編集
リンク
>管理人様
ありがとうございます。
くだらないサイトでしたから、駄目かなと思っておりました。

名前は、
「きのみや かろう」です。
ではこれからも見に来させてもらいます。
2008/02/07(Thu) 10:00 | URL | 来宮 火鑞 | 【編集
>Rin さん

この辺りだけでなくて、あっちもこっちも色々、
がポルトの現状です(笑)
アパートの地下駐車場の被害も昔から結構
耳にしています^^;
ちゃぁんと下見をしてるか、引き込みをする
仲間がいるかでしょうね・・・

うちなんか昔台所のドアを開けっ放しにしていたもので
昼寝しているうちに入られてました(爆)
犬を飼っていたのに・・・
子ども達も友達を呼んでリビングでゲームなどで
盛り上がっていたのに・・・
全くふがいない話ではあります^^;

こうして書いてみると、何度もやられてますね、
わたしも(爆)

Rinさん、ポルトガル語、どうですか?
わたしも時間があればきちんと勉強したいところです^^;
がんばってください。

>来宮さん

わたしの方でもリンク完了です。
サイトの情報が何かお役に立てたら嬉しいです。







2008/02/08(Fri) 01:44 | URL | spacesis | 【編集
な、なにかと物騒になってますよね。
このネタ関係は、良く読みますし・・・

・・・不謹慎ですが、
生ハムどろぼうは、クスクスと(^^ゞ

けど、
なんか、
寂しいですよね。

心が貧しくなったら、
ホント人間終わりじゃないかと・・(-_-;)
2008/02/10(Sun) 21:50 | URL | マー | 【編集
>マーさん

悔しいけれど笑ってすませる事件はいいですよね。
こちらは昔からこそ泥が多いのですが、ニュースを読んでる
限りでは、近ごろじゃ日本の方がずっと怖い^^;

思うにわたしがこちらで台所のドアも車庫のドアも開けっ放しに
していたのは、ドロボーに入られるから云々のアタマがなかった
当時の日本の世界一治安がよかった社会の名残だったのでしょう。

「人を見たらドロボーと思え」なんて大人は子供に教えない
社会でしたからね。

大した事件ではなかったけれど、何度かそういう目に
あってやがて一種のカルチュアショックと気付くのでした(笑)

マーさんの最後の「心が貧しくなったら」に
久しぶりに思い出しました、この言葉。
「ボロは着てても心の錦~♪」
これを心の片隅においておきたいと思います。




2008/02/11(Mon) 17:56 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ