FC2ブログ
2008年2月27日

ネット友のかんちがいさんは目下のところ短期間の二世帯住まいを大い
に楽しんでいるらしい。
それもそのはず、彼女はまだ50(こんなとこでご本人の許可無く歳をバ
ラしてしまうことに少しは躊躇したのだが、なぁに、気の良いかんちがい
さんのこと、ちっとも気にしてないわよんと言ってくれるに違いない。
それに自分のブログでちゃぁんと書いてるし。爆)になったばかりのとこ
ろ、初孫娘に恵まれすっかり幸せ気分でいるようだ^^

その かんちがいさんのブログをのぞいてみると、鮮やかな雛人形の
画像が目に飛び込んできた。
お嫁さんの実家から初孫へと贈られてきたのだそうだ。

わたしも我がモイケル娘の誕生以来、いつの日にか五段三段飾りと行
かないまでも、一対の美しい雛人形を揃えてあげたいものだとずっと思
ってきたのだが、その高価なのに怖気づいて、結局それへの費用は教
育費に回すこととなり今日まで来てしまった。
2月の終わりともなると、替わりに日本から持ってきた小さなミニチュア
雛人形を飾って来たのだが、どうも迫力無く夫、息子ばかりか、当のモイ
ケル娘まで、気付いているのかいないのか言及したことはない^^;

わたしはと言えば、子供のころは田舎の貧乏大世帯の中で暮らし、
雛人形どころではなかった。幸いなことにそれを欲しいとも思わず、近所
の子ども達を集めては女ながらも棒きれを振り回し、チャンバラでは適う
ものないガキ大将であったのだから、せめて、娘にはたおやかな女らし
さをと願ったのであるが・・・・
チャンバラこそはしなかったが、どうやら見事におっかさんの血を引いた
ようである。

あいや、待たれい!?
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

そう言えば娘の小学校時代一時期、日本から
「スポチャン」なる物を持ち込んでポルトの狭い我が家で兄貴と一緒に
振り回していたではないか!(爆)それ、確か未だに娘の部屋のどこか
に、あった・・・ような・・・(ちょいとaway)

ありましたありました!↓
スポチャン

ドラマ「金八先生」で生徒達のストレス発散にと金八先生が取り入れた
このスポチャンバラ、娘はいたく憧れて、ついに日本からポルトガルに
持ち込んだというイワクつきのものである。笑

おっと、話がずれこみそうで。

雛人形と言えば、わたしは、先だってブログで取り上げた、厳しいお姑さ
んをして「世界一の嫁」とついには言わしめた我が親友「みちべぇ」の、
今は亡きお父上を思い出してしまうのである。

若い頃、一切合財の持ち物を売り払ってアパートを出、アメリカへ移住
する覚悟で渡米したのだが、運命のいたずらで(笑)渡米半年前に今の
夫と出会ってしまい、それでも長年の夢のアメリカ、思いを振り切って渡
ったのだが,彼の翌春ポ国完全帰国の報を手に(手紙であったから)
移住も大学入学の夢もサラリと捨て去り、半年後には再び大阪に舞い
戻ったわたしである。(このアメリカ体験談はこちらに^^)

帰ったはいいが、さぁ、行くところがない、寝るとこがない^^;
白いサムソナイトの旅行かばんをずるずる引きずりながら親友みちべぇ
に誘われて、かつて住み慣れていた枚方(ひらかた)は宮之阪駅近くの
彼女の家に、着いたその日は泊めてもらうことに。
同じオフィスで先輩後輩の間柄であったわたしのアパートとみちべぇの
家は偶然にも同じ町だったのである。


ー明日に続きますー
関連記事
コメント
spacesis様
豪傑やなぁ!
…って、女性に対して言って良い言葉かどうかは定かならねども…(苦笑)。

これとシベリア抑留とどう絡んでくるのか、期待しています。
2008/02/28(Thu) 20:43 | URL | 孤舟居士 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ