FC2ブログ
2008年6月13日

今日は、しばらく前に探し当てた、18世紀にイタリアからポルトに
やってきて、数多くの建築作品を残した建築家兼画家、ニコラウ・
ナゾニのもうひとつの作品を紹介いたします。

ボンジョイア邸


「ボンジョイア小宮殿」とも呼ばれるカーザ(casa=邸)は18世紀に
当時この辺りの領主だったドン・ロレンソ・アモリン・ド・ガマ・ロボ
の依頼でニコラウ・ナゾニが手がけた。
現在はポルト市に属する財団となり、イヴェントが行われる。
             
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
カンパニャン駅の裏の道を徒歩で10分ほどの不便な場所にあり、
近辺の人を除いてはあまり知る人がいないのが残念だ。
              
ポルトガル語でQuinta(荘園とでも訳すのか・・)と言われる広大
な土地は、公園のようになっている。
ボンジョイア・ファシャーダ

写真はナゾニ独特の「ファシャーダ」(正門)↑
ボンジョイア3
 
正門から見えるカーザ(casa=家)。現在は財団のオフィスに
なっている。

更なる写真はこちらでどうぞ。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ