FC2ブログ
2008年7月1日

昨日の続きで、本日は再びダヴィンチ・コードまがい(笑)。

わたしにとって二つ目のAll-Seeing-Eye(全てを見通す叡智
の目)の発見ですぞ!  
  
実はしばらく前に、我が記事サン・ラザロ公園真向かいの教会で
見たAll-Seeing-Eye
を読んだと、リスボンに在住したことがあり、
現在は日本にいらっしゃる「N.E.」さんとおっしゃる日本女性か
らメールでこの礼拝堂の情報が入ったのでした。

ご主人のご兄弟がポルトに住んでおられ、ポルトを訪問した折に
この海辺の礼拝堂内を訪れ、All-Seeing-Eyeなるシンボルを
ご主人に教わったとのこと。
  
そこで、6月の初めの日曜日に、食事をしがてら夫を誘っていそ
いそと出かけてきました。
ペドラ礼拝堂1
礼拝堂正面の扉は閉まっており、礼拝堂へな左横の扉から
入ります。

扉の両脇にはアズレージュ(青タイル絵)で左には、「礼拝堂が
建っている場所はこの郷土では最古の聖地で、キリスト教時代
以前は異教の祭壇があった。」とあります。
    
木の扉に薄っすらと左右に彫られてある模様に目がいきました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

ペドラ礼拝堂3
真ん中のハートを中心に、縦長のクロス、ハンマー、雲?、恐らく
はコンパスをもじったもの、周りはアカシアの葉かな?(これらは
いずれもフリーメーソンのシンボル)などが見受けられます。

ペドラ礼拝堂2
こっちは、トップに太陽、縦長クロス、ハンマー(フリーメーソンの
シンボル)、そして中央、太陽の下にあるのは、わたしには「杯」
のように見えるのだが・・・
だとすれば、これまでの勉強でシンボルに「杯」を見るのは初めて
で、ひょっとして、サ、サングラール(聖杯)?@@  
・・・って、spacesisさん、本の読みすぎかぁ(爆)

ペドラ礼拝堂5メーソンシンボル
↑ついでに借り物画像、メーソンシンボルの一部。

さて、小さな礼拝堂内では、おお!「全てを見通す叡智の目」は
すぐ目につきました。祭壇のトップにこんなに堂々と^^。
ペドラ礼拝堂eye1


目の拡大図。どうだ!(笑)
三角ピラミッドの中のAll-Seeing-Eyeeです。
ペドラ礼拝堂eye2


夕映えの海と空を背景にするこの礼拝堂は不思議な美しさをかも
し出すようで写真を撮る人も多いらしく、この祭壇の写真もネット
内で見かけるのが、十字架のイエスが中心の
写真で、上部が入っておらず、だれもこの「目」に言及していない
のは不思議!かつてのわたし同様、「見えても見ない」のか、それ
ともそんな探究心は持ちあわせていない?。。。

わたしなら、「果たしてあれは何の意味?」と、すぐさま飛びつくの
ですが(笑)例えば、下の大理石テーブルのように^^
ペドラ礼拝堂4

祭壇の前の美しい大理石台ですが、ついてる脚の位置があれれ?
普通と変わっています。
それで気がついたのは、見る方向によって脚が三本に見える!
三本の柱、三本脚は、やはりメーソンのシンボル。
     
(参照)下はわたしが昨年訪れた「聖堂騎士団(=テンプル騎士
団)修道院聖堂内の騎士団入団の洗礼時に使用されたと思われ
る聖堂中央に配置された三脚の台。
ペドラ礼拝堂トマール台


「セニョール・ダ・ペドラ礼拝堂もまた、キリスト教の建物に異教の
メッセージが隠された建物である」が、わたしの結論ではあり
ます。  

フリーメーソンと聞けば、秘密結社という名称と、これまで出版さ
れた多くの興味本位中心の創作本から一般的に受ける印象は
「陰謀を画するグループ」と、どうもなりがちですが、これまで調べ
てきたことから、わたしにはまったく違ったフリーメーソンの姿が
浮かびあがってきます。

この方面の本では、焦点が当たらないポルトガルですが、目を
凝らすと意外や、驚くほどの隠されたシンボルが見えてきました。
これらと照らし合わせて、今後膨大な資料を整理しながら、時間
をかけてわたしは道楽して行くことになるのですが(笑)、現代の
フリーメーソンから、カトリック教、聖堂騎士団弾圧、初期キリスト
教、さらにはギリシャ、古代エジプトのグノーシス(霊知)主義へと
人類の歴史を遡って行くことになり、これらの不思議なシンボルの
謎解きは、壮大なロマンを辿ることになる予感がしています。

次回、聖堂騎士団シリーズは、2007年夏に訪れて多くの写真を
デジカメに収めてきて、まだ整理がついていない、ポルトガルの
聖堂騎士団の町と言われるトマール(Tomar)にある「テンプル
騎士団(聖堂騎士団)および、キリスト騎士団修道院」の内部を
少しずつ紹介したいと思います。
    
今日は長いブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。
最後に、N.E.さん、情報をありがとうございました!  
関連記事
コメント
面白いです!
このシリーズを楽しみにしています。
2008/07/02(Wed) 05:00 | URL | garapy | 【編集
後でまた考えちゃったんですけど、みつめがとおる、とか、インドの額にする点のお化粧とか、この目と関係あるのでしょうか???
2008/07/03(Thu) 03:17 | URL | garapy | 【編集
>garapyさんも

はまりそうですね^^

元々メーソンと深いつながりがあると言われる聖堂騎士団(テンプル騎士団)は、garapyさんがお住まいのフランスが起源。
端麗王フィリップ4世の謀略で騎士団は終焉を迎えましたが、大部分の騎士団メンバーの消息は不明とされています。

フランスのシャルトル大聖堂には多くの秘密のシンボルメッセージがあるそうですよ^^

いつの日にか、自分の目で確かめて見たいと思っています。

ところで、みつめとインドの額の点ですが、ちょっときづきませんでしたね。
わたしがこれまで読んだ書籍では、みつめは別として、インドに額の点についての言及は
みていませんが、一度検索してみようと思います^^

日本滞在、お子さんたちも十分楽しまれたようですね^^
2008/07/03(Thu) 08:03 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ