FC2ブログ
2008年7月16日
parque

ここ数日、ブログ記事アップのため、ポルトガルの歴史と取っ組ん
でおりました。
取っ組みながら、歴史というものは、表立って書かれてあることを
鵜呑みにしないで、できれば色々に考察してみると、ひょっとして
今まで見えなかったものが、チラリ姿を見せたりするのではないか
と、たいしてよくもない我が頭で思ったのでした。

さて、「肉体は精神の牢獄である。」と言ったのは、ギリシャの哲
学者であり、ソクラテスの弟子でもあったプラトンです。
若い頃に出会ったこの言葉にわたしはいたく感動して勝手解釈w
以来、今日でもこの言葉を時折思い出しては、我が牢獄から我が
精神が開放できるよう心がけます。

忙しい現代生活や、人との接触が避けがたい日々の生活の中で、
そういうものから離れて日常とは少し違った風景を目にすることは
大切だとわたしは思っています。
若い頃は、周囲の迷惑も考えずに一人でふらりと放浪の旅に出た
り、そういうお金がないときは、大阪に住んでいたもので、京都な
どの近場を歩いたものです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

それで今はと言うと、遠出は亭主を引っ張り出すけれど、近場は
友達も誘わず一人徘徊しているというわけです(笑)
これは、わたしにとって精神を自由にすることの試みのひとつです。

大きな公園で古い大木に出会ったりすると思わず手を触れて身体
を寄せ、木霊というものがあるのなら^^と少女じみた感情が湧い
てきたりするのですが、こういうことは、夫や友達が一緒にいた日
には、そうしたいと思ってもなかなかできるものではありません^^;
日ごろ、目も向けずに見過ごしている自然の姿には、心も目も
癒してくれる何かをこういうときは感じます。
coreto
日本にいた頃は、わたしもまだ若くて気づかなかったのですが、
アスファルトの道を歩くと、近頃疲れを感じるようになりました。
そして、長年保険の外交の仕事で、脚を鍛えてきた母が生前、
「こういう道を歩くと脚がとても疲れる。」と、ふとこぼしたのを思い
出しています。

考えてみると、わたしたちの多くは、土の上を歩かなくなって、もう
どのくらいになるのでしょう。。
アスファルトは大地の息遣いを地底に押し込めてしまい、太古から
の土のエネルギーをわたしたちは足元に感じなくなってしまった
ようです。

時々わたしは思います。
現代人の抱えるたくさんのストレスは、大地の息遣いが伝わらない
ことが一因でありはしないか?と。
そう思いながら、オンボロの借家住まいの頃ネコの額のような庭が
あったのですが、耕し起こされた土の柔らかさに小さな喜びを感じ
たのを思い出しています。
関連記事
コメント
自然のエネルギーを感じること、大切ですよね!
イライラすることや心が落ち着きを失った時など、樹木や土に触れると落ち着きます。
土の道は足に柔らかく、いいですよね。夏でもアスファルトみたいに熱~くなることないですし(笑)
2008/07/18(Fri) 07:11 | URL | tulp | 【編集
そういえば、地方から東京に出てきた人たちが「東京の夏は下から熱気がくる!」と言っているのをよく聞きます!
東京育ちの私には最初意味が分からなかったのですが、おそらく土が無くアスファルトばかりだから、それが熱されて下から暑いのかと。。。
本当にアスファルトに囲まれて土の無い生活をしてるんだなーーと実感しております。

アスファルトに囲まれ電磁波に囲まれ…あ…なんかドッと疲れが…(笑)

ポルトガルには9月の末に行きますよ~♪今旅の日程を考え中なので、近々ポルトに寄る日をメールしますね(≡^∇^≡)
2008/07/19(Sat) 00:36 | URL | tomapote | 【編集
>tulpさん

ほんとですね。
秋になったら、また土の上を歩き回ります^^
tulpさんの近辺、林など散歩できる土の道ががありそうですね。

>tomapoteさん

おお!いよいよいらっしゃいますか!
できれば9月の28,29日を避けてね^^
この日はもう予定が入って体が空きそうもありません^^;

ポルトガルもアスファルトの道が俄然多くなりました。
わたしが来たころは、雨が降ると困るような道路ばかりでしたが、
それを今こんな風に考えるなど、夢思わなかったものです(笑)

石畳の道もそうして考えると、車にはよくないけれど、
これはこれでいいものだ、と^^
2008/07/19(Sat) 01:46 | URL | spacesis | 【編集
こんにちは。
私も同感です。
木や土って当然ながら生きていますし、生きている以上は、何らかのエネルギーを出していますよね。
私の場合、土のでは裸足で歩いたりもしていますよ。
2008/07/19(Sat) 18:49 | URL | maioha | 【編集
>miohaさん
そうでしょうね。
maiohaさんのその姿、想像できます^^

古い大木は切り倒されるときに悲鳴をあげる、
と、どこかで読んだことがありますが、この
ような
自然の命の神秘には惹かれます。

maiohaさんのNZの大自然のなかでの暮らしブログ、
いつも楽しみにしています。
2008/07/20(Sun) 20:13 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ