FC2ブログ
2008年7月22日
トマール
★トマール・キリスト騎士団修道院の巨大な窓にある不思議な
シンボルのひとつ。


今日は昨日アップするはずが、うっかり忘れてしまった日記です^^;
↓ここから

週末土曜日の仕事が一昨日で一段落、そちらは今日から夏休
みに入りました。
我が自宅日本語教室も先週金曜日で全て9月までの休暇に。
残るは企業の出張日本語個人レッスン、今日の朝の予定だった
のですが、昨日電話が入り、
「せんせい、まだメキシコです。明日の朝しかポルトに着きません。」
 あらら~~(笑)

というので、今日は自由の身。
ところが、日々スケジュールいっぱい、カレンダーもぎっしり書き
込みがある近頃、「フーッ!」とうっかり息抜きでもしようものなら、
もとがボケの多いわたし、
「あ!この教室の後もすぐもうひとつ続くのだった!忘れてた@@」
など起こったりします。

それで、突然自由の身になった今日は、朝から何度も台所にか
けてあるカレンダーを見直しに行っている。「えっと、月曜日。ほん
まになんもないのだな?」という具合であります(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

今日から夏休みとはいうものの、この後の8月いっぱいは毎日
午前中の仕事が控えている。
夏場の仕事など今まではしなかったのですが、8月後半まで夫も
仕事だし、暑い中家でダレ~ッとしていてもしょがない、いっちょ、
やってみっか!と頼み込まれて引き受けたのですが、考えてみる
と、これは週末の仕事が毎日あるとの同じだ@@
だ、だいじょぶかな、と今頃心配になってきたりしてます。

こんなことを受けたのも、ひとつには長年週に2回、掃除に通って
くれていたベルミーラおばさんが二度目の乳癌治療で、毎夏の
旅行中に頼んできたキャッツ・シッターができそうにないと思った
からです。

今、ベルミーラおばさんの代わりに彼女の妹のフェリスミーナ
おばさんが週に一度来ているのですが、(前回の日記でお気に
入りの皿を壊した人や~笑)、話を聞いて見るとベルミーラおば
さん、まったく仕事ができないのも少し大変らしい。

結婚して子供が二人いる娘さん一家、それにまだ独身の娘さん
たちと一緒に住んでいます。
連絡をしてみると、キャッツ・シッターしますとのこと。
これまでは日に3回来てもらっていたのですが、それを2回にして、
おばさんができないときは、娘さんができるように、週末を入れ、
家を空けるのは3日だけにしました。

行き先は・・・うひひ、どうしても行ってこの目で確かめて来たい
ものがある!(笑)歴史がらみ謎がらみ~。

リスボンにいる息子、日本にいるモイケル娘とはしょっちゅうメッ
セで話しているのですが、「今日、パパを引っ張ってどこそこへ
行った。」「この夏もあの夏も、聖堂騎士団、メーソンがらみ」と
言うと、二人とも「パパ、可哀想」と言う^^;

そ、そうかな?と、さすがの鈍なわたしも思い始め、今回の旅行
前に聞いて見た。
わたし「子供たちがこう言ってたんだけど、こんなとこ行くの、
     あぁた迷惑?」
夫   「そんなことないよ。
     変わっててなかなかインテレスティングだ。」

「変わってて」だけ余計だい!(笑)

さて、spacesis、謎を追うシリーズの一環として、昨夏は夫、息子、
わたしの三人でポルトガルはトマール(Tomar)まで出かけ、聖堂
騎士団(テンプル騎士団とも言う。テンプル(Tample)とはその昔、
エルサレムにあったソロモン宮殿を彼らの場合、意味する)から、
キリスト騎士団へと名を変えた、テンプル騎士団+キリスト騎士
団修道院を見学してきました。

フラッシュさえたかなければ撮影はOKなので、100枚以上の写真
を撮ってきたのですが、時間が足りなくて考察が仕切れず、今日
までアップできないで来ました。
しかし、時々、自分では画像を開いては拡大し、シンボルや聖堂、
修道院内の建築の素晴らしさに、その都度、感銘しています。

目下、写真の整理から始めており、この夏には、少しずつご紹介
していきたいと思います。

上記写真はその中の一枚、乞う、ご期待!
関連記事
コメント
100枚以上の写真ですか・・・
何かすごい秘密が明かされつつある・・・のですね。
2008/07/24(Thu) 06:26 | URL | garapy | 【編集
昨夜!
あるテレビ番組で、ポルトを紹介していました。
「おーっ、ここにS姐さま家族が居わすのだ!」と興味津々。
カミさんと目を皿の様にしてみました。
小さな漁港や、地下鉄の電車が通る二階建ての橋、
そして、家族で営んでいるレストラン「カサド.ペスカドール」の
美味しそうな「八つ目うなぎ入りライス」も紹介。
そうそう、S姐さまの紹介していた伝統ある本屋さんも
紹介してましたよ。
見終わった後、もう実際に旅行して来たような気分になりました。
(どこかでS姐さま、現れないかな?と見入っておりやした。)
そのあとは、ブラガを紹介していました。
ブラガは「祈りの街」と言われる程、教会施設が多いんですね。
ポルトは「働きの街」と紹介してましたが、登場して来たおばさん達のたくましさに納得。
S姐さまも、その一人かな!?
2008/07/24(Thu) 09:21 | URL | 仕事しようか思案ちゅう! | 【編集
>garapyさん

こんにちは!そちらの夏休み、いかがですか?
100枚以上もの写真を整理して更に使えるものを
より分け仕事は、長い休みのときででもないとできませんね。
自分でも色々調べて行くのが楽しみです^^
多分今日明日にでも第一弾、アップできると思います^^


>ちゅうさん

とある雑誌に書いた記事でわたしもそのフレーズ、使いましたよ^^
「リスボンは遊び、ブラがは祈り、ポルトは働く!
その働き者のポルトっ子が熱狂するのがサン・ジュアン前夜祭」って。

ポルトガルの女性は一般的に元気でおしゃべり、働き者が多いですよ^^

どう?一度来てみたいとは思いませんか?^^





2008/07/24(Thu) 17:51 | URL | spacesis | 【編集
トマール、すごく行きたかったのですが
バスの時間の都合でいけなかったところです・・(ナザレからバスで行くつもりが週末でバスの本数が少なく・・結局コインブラに行きました!)

トマールの写真、楽しみにしています!
そして今回の旅行先はどちらでしょう??
こちらも楽しみです~~~~。
2008/07/24(Thu) 23:42 | URL | tulp | 【編集
>tulpさん

残念でしたね。
トマールの騎士団修道院は見ごたえがありましたよ^^
次回のポルトガル訪問には是非!

今回の行き先はSintraです。
ここでの訪問を首を長くして休みを待っていたのです。
お土産話、持ってきますぞ!(笑)
2008/07/25(Fri) 08:33 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ