FC2ブログ
2006年4月12日

志望校決定後、受験作戦を練るわけですが、一般入試の過去問題集は市販されて
いるものの、それは使えない。この帰国子女過去問集がないのである。

帰国子女枠での受験科目は、大学によっても違うが文系は、英語、ドイツ語、
フランス語、スペイン語、中国語の中から一科目選択、国語、英語、日本語の
小論文、それに面接試験である。理数系であればこれに数学、科学が組まれる。

この頃、わたしたちは代々木ゼミナールの小冊子、「帰国子女大学合格体験記」
なるものを何度も何度も読み返した。
すると、合格体験談を書いている帰国生はほとんどが3年から5年の海外滞在期間である。
つまり、日本語の読み書きには大きな支障を抱えていないことになる。
ここで一言、帰国子女受験は、在外の日本の教育施設(全日日本人学校)に籍を
おいている場合は適用されない。
お金がないよ、と言ってわずか4回の代ゼミ・小論文通信教育を受けたポ国生まれ
ポ国育ちの我が娘、それだけで収まるはずがない。

いろいろ調べていくと、いくらやる気があっても暗記物はひとつも受験科目にはなし。
日本語英語の実力そのものが問われることが、明確に分かって行くのである。
日本語英語の実力とは、ただ流暢に話せることではない。
普段から物事に対して、真理を求める努力をし、自分のしっかりした意見を持てる
ようにし、これを表明できる、というのが実力なのだ。

2004年に入ると半年先の6月のポルトガルの統一試験にまっしぐら。
それが終わるや否や、9月には日本で受験です。
小論文がきちんと書けないようでは、大学での学問でついていけるはずがない。
受験科目に含まれるのは当然であります。
この期に及んで、ポルトガルで小論文のノーハウなどいかんともし難い。

体験談を読んで行く毎にもいける娘、こりゃヤバイと思ったことでしょう。

「おっかさん・・・こういう経歴の人たちがわたしのライバルだ・・・・
受験までの数週間だけでも、代ゼミの帰国大学受験の夏季コースをとる。
自分の貯金で払うから。」

難関文系コース、一番安いの(笑)で6週間毎日午前中3時間ほどで25万也!
2004年春先、ポルトガルからコース受講を申し込んだ。

もいける娘の全財産40万ちょっとが、これで半分以上お足が生えて飛んで参りました。
もう切符代しかないぞ~~(笑)

このあたりから「福沢諭吉さま」待てと言うても、どんどん飛んでいくのであります^^;
なんまんだ~~。

 kikokushiryou1
代ゼミの資料、大変お世話になりました^^
 ありがとう!

★よかったらランキングクリックお願いします^^


では、下記、本日のもいけるあのころ日記。

もいけるのどうでもいい話(8)        2003年 
       
①授業が終わりいつものバス停に行くと、すでに生徒が2、3人いた。
 後姿が後輩っぽい。
 高3のわたしには年上がもういなくて(落第生をのぞけばだw)後輩しかいない。
 ちょっと年配・・じゃない、先輩ぶっこいて「くそがきが先にいる か、ははは」
 と思っていたら
 よくよく見ると後姿はお久しの「てっちゃん」だった。
 (・・・・・チビだから後輩に見えんだよ・・・)


 ②この前、親父がパソコンを使用しながら、紙に書いてあるパスワードを
  読み上げなたらキーボードを叩いていた。
 「ゼール(ポルトガル語の「zero」の発音)、フォー(英語)フォー、
 フォー、スィンコ(ポルトガル語の5)」

 数年前にも携帯のピンコードを声に出して、
 「フォー(英語)、きゅう(日本語)、ワン(英語)、スィンコ(ポ語)」

 。。。。。。親父の頭、どうなってんだ


           ★母のコメント:笑えない・・・・母の場合は咄嗟に自宅の
                             電話番号を聞かれて、ポルトガル語では
                             サッと出るのに、日本語で番号を答えると
                             なると、えぇぇっと・・と手間取り、一旦紙に
                             書いて言う羽目になる^^;
   
                    


関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ