FC2ブログ
2008年8月25日

探れば探るほど迷路にはまり込む。

今日はわたしの道楽に関する話です。
性分で、「どこそこへ行って来た~」と訪れた場所の写真を載せる
だけで済ませられず、背景にどんな歴史があるのかなぜなのか?
と色々気になり出すと、もう止まらない(笑)

ひとつの言葉から次から次へとたぐり寄せられて出てくる未知事
項を調べていくと、あっという間に時間が過ぎ、頭で整理するのに
何日、時には何ヶ月も要するが、そうして自分の疑問が判明した
時の喜びがある。

さて、ひょんなことから18世紀にイタリアからポルトにやってきて、
ポルトガル北部に多くの独特な建築を遺した建築家「ニコラウ・ナ
ゾニ」に興味を持ったのがきっかけで、フリーメーソンから(建築家
ナゾニはメーソンだとわたしは推理する)ポルトガル歴史における
テンプル騎士団、キリスト騎士団と暇を見ては追いかけてきました。

こうして調べていくうちに、途中から、ポルトガルの大航海時代は、
テンプル騎士団の知識、技術、そして財産なしでは無かったので
はなかったか、と、最初は自分でも「ぶふふ」と笑いながら冗談ま
じりに言っていたのだが、まんざら外れてもいないと今では思い始
めています。

さて、ここまで来て、つくづく今考えるのは、欧米思想、文化を理解
するには、宗教の知識なくしてはできないのではないか?です。
それは逆に言えば、日本の文化、物事の考え方を外国の人が
理解するのに、歴史を知るのみでは十分でなく、神道や仏教思想
も含まれることになるのであろう、と。

そんなわけで、昨年訪れたトマールのテンプル騎士団修道院も、
調べることがたくさんあり、中途半端で終わっていますが、こうして
いると、いつまでたってもアップできませんので、思いきって、自分
の中ではまだ少し謎のままでも写真を載せることにしました。

解明した時点で徐々に書き加えていく、という風にしたいと思い
ます。

さて、今日は今夏、訪れて発見してきたシントラの秘境(大げさ
かな?でも、今のところあまり観光客が訪れていませんw)、
Convento dos Capuchos(convento=修道院,Capuchos=頭巾
の複数)を紹介します。

カプーショ外1
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

「Sintra」の名前の所以は、何かと色々調べたが、なかなか出て
こず、やっとのことで見つけました。
ケルト伝説の月の女神「Cynthia(シンシア)」からきていると思わ
れます。Cynthiaは、ギリシャ神話のアルテミス、ローマ神話のダ
イアナ(共に月の女神)にあたり、アルテミスもダイアナもCynthus
山で生まれたと言われます。

シントラ山脈には古代ケルト民族一派のドルイドたちに崇拝された
何千年の樹齢を持つ樹木が生い茂っており、古(いにしえ)から
不思議な「大地の気」が感じられる聖なる山、「月の山」と呼ばれ
てきました。

この夏は、今年に入って、偶然テレビでほんの少しだけこの古い
修道院の画像が出て、その入り口の仕様にわたしは釘付けに
なったのであります。なにかある!(笑)
日帰りでできるコースではないので、長い夏休みを待っていたわ
けで、今回出かけて来ました。

「Convento dos Capuchu」(Capucho=カプーシュ=フードの意味)
は、正式名は「サンタ・クルス修道院」(Convento da Santa Crus)
と言います。
別名「コルク修道院」は、1787年にここと訪れたイギリス人作家
William Beckford(わたしは彼をメーソンと推理する)によって名づ
けられました。

ドン・ジュアン3世の命で建築し始めたが未完で終わった父の後を
引き継ぎ、1560年にセバスチャン王政時代に、その息子であり、
王の顧問でもあったArvaro de Castroが造ったこの修道院は、
花崗岩の山頂に建てられ、厳格で清貧主義のフランシスコ修道
会の修道士8人が住み始めました。

まずは、沈黙と祈りの世界への入り口からご案内します。
カプーショ外3
上記トップの写真十字架の後ろはこうなっていて、ここから中庭に
入る。

中庭には下の写真のように更にふたつの十字架が見られる。
カプーショ外6

カプーショ外4
この中庭はキリストが他の二人の罪人とともに十字架に架けられた
「ゴルゴタの丘」を意味する。

中央に立つ大きな苔の生えた樹。
カプーショ外5

中庭から岩石の扉に。ここが修道院への正式な入り口。
カプーシュ外7
扉の階段を上ると正面に詰まれた石の頂の十字架。
カプーシュ外外8
その後ろに来訪を知らせる小さな鐘がある。
カプーショ外9

修道院建物入り口前の庭にある水汲み場。朽ち果てて、下部の
アズレージュが装飾は分からないかろうじて残っているのみ。
上方には三角ピラミッドのような跡が見える。
カプーショ外10

ーこの章、パート2に続くー


関連記事
コメント
if need be
ゲーム内で便利に使える補助装置!今や大人気です。
ゲームを思いのままに操作できて、無理なゲームプレイによる疲れなどから開放。
. macro : ゲームでの反復的な(キーボード/マウス)動作を録画して再生。
. graphic2 : ゲーム画面を認識し、使用者の指定した動作(攻撃/スキル/水薬/拾い)を実行。
この他にもオンラインゲーム専用のアイテムが勢ぞろいです。
詳しい情報をご希望であれば、下記のアドレスから確認してください。
( automouse.jp )
2008/09/03(Wed) 14:24 | URL | surfer | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ