FC2ブログ
2006年4月14日

借家だった古い我が家の小さな庭の、一本の桃の木の話です。
ほったらかしで手をかけたことがありません。
それでも一年おきに甘い立派な見事な桃の実を提供してくれました。
最高で80個ほどの実を収穫したことがあります。自分の庭でもぎとった果物
を食卓に運ぶのは格別な幸せがあります。

ところが、この桃の木、実は私たちの家族は誰も植えた覚えがないのであり
ます。庭の真ん中に、ある日、ひょろりひょろりと伸びている植物を見つけ
て、始めは「抜いちゃおうか。」と思ったのですが、庭師のおじいさんがや
って来る日が近かったものでそのままにしておきましたら、おじいさん、
抜かないで行ったんですね。庭師のおじさんが抜かないというのは何かの木
であろうと、のんきなものです、そのままにして様子をみることにしました。
   
それから丁度に3年目!見上げるような一人前の木になり、ある早春の朝、
二階の我が家の窓から木の先々に薄ぼんやりと見えたもの、

「あれ?なにやらピンクの花が咲いてるぞ?」と発見。
もしかして時節柄からして、桃の花?」と、あいなったのであります。
何しろ床にゴミが落ちていてもかなり大きなのでない限り、見えないほど
ド近眼のわたしです。
   
さぁて、台所のドアから庭に続く外階段を下りていくと、案の定、まぁ、
ほんとに桃の花でありました。桃の実そのものは食べても、桃の花なども、
最期に見たのがいつであったかを思い出せないくらい長い間目にしていませ
ん。小枝を少し折っては家の中に飾り、子供たちと多いに喜んで観賞したの
でした。

その年の夏は、気づかないうちにいつのまにか面白いほどたくさんの見事な
実がなり、子供たちと木に登りワイワイもぎとったのでした。ひとつひとつ
枝から手で摘むその感覚ときたら、それはもう、童心に帰ったような嬉しい
気持ちと満足感がありました。我が家にあるカゴも箱もいっぱいで、80個
以上も摘んだのです。
 
とても食べきれず、生ものですから長期保存はできないので、階下のマリア
おばさんにもおすそ分け。
で、「本当言うと、植えた覚えがないんですよ。」と言いましたら、おばさ
んいわく、   「あら、じゃ私が食べた後に窓から捨てた桃の種の一つが
ついたんじゃなぁい?」
「え?・・・・・・」   

あらま、道理で。
わたしたちの借家は3階建てで3家族がそれぞれの階を借りていました。
庭の敷地も低い石垣で三つに区切られ、それぞれが使っていたのですが、車
庫つきのわたしたちの庭はそのなかで一番大きい庭でした。

引越しする前からカーラがたくさん植えられてあり、それにわたしが大好き
なバラと紫陽花をたくさん加えて、季節になるときれに咲いていました。が、
りんごの芯やらタバコの吸い殻やらが、庭を掃除しても後から後から落ちて
いるのです。
   
ははん、これは下のおじさんだな・・・ひょっとして灰皿の吸殻を窓から全
部庭に捨てているのかも。自分の庭がうちのすぐ横にあるんだから、なぁん
でそこに捨てないのかね。自分のところはこれでもか!というくらいきれい
にしといて、ゴミ、ガラクタ類はみな、外よそ様のところへ押しやって、っ
て輩が結構こちらにはいるのでありまして・・・・

家の入り口を掃除するも、ゴミを箒で通りへ掃きだすのが、当時はこちらの
普通のやり方ではありました。チリさらいひとつで内へ持ち込んでゴミ袋に
入れればいいのにと、何度も思ったことですが(笑)
   
でもまぁ、こうしてマリアおばさんが食った桃の種を窓から我が家に放り投
げたお陰で今まで持ったことのない桃の木の所有者になった訳だし、今回の
ところは帳消しにしとこう!
と相成ったのでした。

2年続けて桃の木は、立派な実をわたしたちにくれました。
我がモイケル娘などは、木登りをし、車庫の屋根づたいに裏にあるだだっ広
いジョアキンおじさんのCampo(カンポ=畑)の大きな大きな木にまでたどり
着き、際どい遊びを楽しんだものです。

そうそう、我が家の子猫がその木のてっぺんに上ってしまい、それにはホト
ホト手も焼いた。一晩木の上で過ごし、翌日、モイケル娘が木の枝ギリギリ
のところまでのぼって、ようやっと胸に抱きしめることができたのでした。

3年目にも入ると、以前ほどの実をつけなくなりました。何しろまったく手
をかけなかったものですからね。すると、我が家のお掃除のベルミーラおば
さん、

「ドナ・ユーコ、これはお仕置きをしないと!」
お、お仕置き?木にですか?
   
「そうです。木の根元に大きな石を置くのです。
んまぁ(笑)しかし、その大きな石をどこから手にいれまする?ろくすっぽ
世話をしないのですから、毎年たくさんの実をもらおうとすること自体厚か
ましいと言うもの。結局、お仕置きはなし。

もうかれこれ、13年以上も昔になりましょうか。
ママこと、わたしくの桃の木にまつわる話でした。


(注:現在はこの家から数メートル離れたアパートに引越しまして、今では
我が家の所有物ではなくなりました。よって、「その桃の木、遊びに行った
ら見せてね。」などと、のたもうべからず。笑)
                   
★よかったらランキングクリックお願いします^^

関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ