2008年10月2日

今日はやっと少し落ち着いたところで、長い間行きたいと思いな
がら、週末が自由にならないので、この夏ようやく訪問してきた、
シントラの「キンタ・ダ・レガレイラ」をご案内!

レガレイラ1
見よ、この妖艶さ!エキセントリックさ!この姿を目にした時は
ゾクッと鳥肌がたったのでありました^^

エピローグ
      
カプーシュ修道院に続き、シントラの魅力的なミステリーシリーズ
第2弾。
Quinta=キンタとは一言で日本語に表現できないポルトガル語で、
果樹園、荘園、別荘となり、かつての貴族たちが所有していた広
大庭園、森を意味します。
神秘的な山中の町シントラにいかにも似合ったミステリアスなシン
ボルに満ちた4ヘクタールの広さを持つキンタ・ダ・レガレイラは
宮殿、キンタをじっくり観るには3時間を要します。
UNESCO遺産に登録されています。

わたしがキンタ・ダ・レガレイラの存在を知ったのは自分が追っか
けをしているポルトガルの「テンプル騎士団の歴史」がきっかけ
です。テンプル騎士団を調べているとどうしてもぶつかるのが
「フリーメーソン」の存在でした。そして、そこからたどりついたのが
このキンタ・ダ・レガレイラ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

この夏、ようやく2日かけて、シントラを歩いてきましたが、時間が
足りず2時間ほどでは見切れず見落としてきたシンボルがたくさん
あります。近いうちにもう一度でかけることになるでしょう。
      
そのようなわけでキンタ・ダ・レガレイラはシンボルの歴史も含めま
すので、私自身調べて考察したなら載せていきますから長いシリ
ーズになると思いますが、今日はまず外側から観たキンタ・ダ・レ
ガレイラをご案内いたします。
もっと拡大した写真をご覧になりたい方はこちらでどうぞ。(同内容)

外から観たキンタ・ダ・レガレイラ 
レガレイラ星 レガレイラ入り口
入り口へたどり着くまでの道路の歩道にモザイク石で敷きこまれ
た六ぼう星。シンボル邸への誘いは(いざない)ここからすでに始
まっている。右は入り口。

レガレイラ外1 レガレイラ外2
こちらも出入り口だが観光客用ではない。右は飾り門の拡大。
下は庭にあるテラスの一部。
レガレイラ外3

キンタ・ダ・レガレイラの歴史は17世紀に遡り、18世紀の終わり
頃にはキンタ・ダ・トール(塔のある荘園)もしくは、持ち主の名に
ちなんでQuinta da Castroと呼ばれていた。
    
元々は国の所有地であったのが19世紀になって売却され、所有
者が数人に変わっている。
1840年にはポルトの裕福なレガレイラ男爵に受け継がれる。
1893年に、男爵はアントニオ・カルヴァリュ・モンテイロに売却し、
シンボルいっぱいのキンタ・ダ・レガレイラの歴史はここから始ま
ったと言える。
アントニオ・カルヴァリュ・モンテイロについてはシリーズ(2)で
紹介いたします。

インフォメーション
所在地:シントラ歴史地区内。
見学時間:2月~3月、10月 10:00~18:30
     4月~9月 10:00~20:00 
     11月~1月 10:00~17:30
     (閉館30分前に入ること)
見学料金:5ユーロ ガイド付き 10ユーロ
Tel: 21‐910‐6650

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/03(Fri) 07:40 |  |  | 【編集
こんにちは
なんだか「透明感」みたいなものが写真から感じるんです。存在してるんだけど、半分消えてる、というような感じで(笑
ちょっと行ってみたいところです。
2008/10/03(Fri) 18:31 | URL | maioha | 【編集
>maiohaさん

写真を見た感じからして、何かスピリチュアルなものが伝わって
来る気がするのはわたしだけではないのですね。
これから少しずつ邸宅内部外部をご紹介していきますが、
実に不思議なシンボルだらけの屋敷で、わたしも大いに
興味を持っています。
2008/10/04(Sat) 06:32 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村