2008年10月18日
cralaboa
★いつかシリーズで取り上げてみたいポルトの街の美しい天窓。

「生徒はマセラティ・レーシング・ドライバー」なんてやってるけれど
も、このところわたしは、小さなトラブル続きなのである^^;

いずれも自分が発したのではないのだが、先週の火曜日のこと。
これが朝っぱらから土砂降りの雨で、運悪くその朝は、前記「マセ
ラティの君」(笑)の出張日本語レッスンの日でありました。

いつもは20分ほどで行ける距離なのですが、自動車道路でその
朝は事故があり、40分ほどもかかって、ようやく社に到着。
車のドアを開けるや否や土砂降り度が増し、駐車した場所から社
屋のドアまで走ることの10秒ほどで靴、コールテンのズボンはドボ
ドボに。持っていた傘などなんの役にもたたなかったのでありました。

社屋の玄関ドアに着いたところお~~っと!いつもなら自動的に
開くはずのオートマドア、開かんではないの^^;
やっと内部を人が通りかかり、ドアをゴンゴン叩いて、ドアの内側に
人が立つや、開いたのですが、この間待つこと10秒ほど。
わたしの姿は、まるで下半身川を渡って来たかのようであった。

そのまま、3階まで階段を上り「マセラティの君」のオフィスのドアに
立つや彼の君、濡れ猫のようなわたしの姿を見て
「Look at you! あっはっはっは!」・・・・・・・・・・
ええわいええわい^^;
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

風邪などひいて寝ている暇などないこのごろ、そのままの状態では
風邪を引くこと必至。
マセラティの君にはレッスンキャンセルをお願いして雨の中を再び
引き返すことになったのですが、その帰り道のこと、後ろからドンと
やられたのでありました

この時、わたしの口から出たのは、日頃知人たちにわたしが偉
そうに言っている「こっちじゃ簡単にすみません、と言うものじゃない。
言ったが最後、責任は全部自分が被ることになるのよん」
とは正反対の「す、すみません~」であったのだっけ~~^^;
ダメダこりゃ^^;

夜、夫が帰宅してことの次第を話すと、
「それって、君の方が悪いとは思えないよ。なんで謝るの」^^;
翌日、夫とともに事故った場所へ向かい、交通標識を確認、もちろん
わたしに落ち度が全くなかったとは言えないが、メルセデスのおじい
さんのほうがまずかったらしい。

事故の処理は夫に任せることとなり、さて、一昨日のこと。

「マセラティの君」のレッスンから帰って来(まただw)、車を我がフラ
ットの前のいつもの場所に駐車して家に入ったところ、玄関のブザ
ーが「ビビー」。
向かいのお肉屋さんのおじさんが、なんかわめいておる。

「なんじゃいな、騒々しい」と階下へ降りて外へ出てみると、我が愛
車の傍に赤いFIATが止まっております。
すると、30台と思しめす女性が真っ赤な顔をして、
「すみませんすみません」と言う。
どうやら雨で車が滑ったらしく、見ると我が愛車の前方左に赤い
塗料がズズ~ッと!二つ目の

彼女の車後座席には赤ちゃん用の椅子が取り付けてある。
謝りながら名刺を出して、自分とご主人のケータイ番号を書く女性の
手はブルブル震えており、先だっての自分の姿と重なったわたしは
(と言ってもわたしの手は震えはしなかったがw)彼女にすっかり
同情。

「あ、いいですよ。たいしたことにならなかったみたいですし。それ
よりも、落ち着いて気をつけて運転して行ってくださいね。」
ナーバスになっていた女性はほとんど泣かんばかりの表情で詫び、
夜夫同士が電話で話しあうということで、その場は終わり。

帰宅して名刺を手にした夫、「で、君、相手の車のナンバーは?」
ハッ!・・・・・鐘がなります、ゴンゴンゴ~~ン@@
ナンバー控えるの、忘れたで~~~(大汗) ダメダこりゃ・・・

幸いにして、そちらにはきちんと連絡がとれ、今日土曜日の午後、
こちらも一件落着はしたものの、つくづく夫がいなければ何もでき
ない自分ではないか・・・

「あんた、ポルトガルでは独りでとても生きていかれへんな。
がははは」
とは、わたしから話を聞いた今朝の大阪出身の友の言葉。

こういうことはからっきしダメダメなわたし、ブログで偉そうにいっ
ちょ前にああだこうだと書いてはおりますが、お釈迦さまの手の
ひらの孫悟空のごときおのれ、参っちゃうなぁ。

更に口さがない我が友が畳みかける。
「二度あることは三度あるで~」@@
あってたまるか~、喝!!←自分にです
コメント
本の題名は忘れたが・・・
何らかのアクシデントが起きた時に
「ありがとう!」と口に出せ!と言う著書がありました。
『ぶつけられた!こんちくしょう!』ではなく
自分に怪我なくよかった。大事にならず良かった。
相手も怪我せず良かった。
このような体験をさせてもらい勉強になったと
考えるだけで事も穏やかに済み
自分自身も冷静に対処できると言うような内容でした。
一時、実践しましたが長続きしませんでした。
熱しやすく、冷めやすいちゅうでした。
それにしても、ご主人の懐は深いだすね!感心!!!
2008/10/19(Sun) 09:56 | URL | 本日もテニスちゅう! | 【編集
大きな事故でなくて良かったです。
雨の日はやはり事故が多くなりますね。
私も、夏に、初めて擦りました・・・(泣)
相手がショッピングセンターの柱ちゃんだったので不幸中の幸いと思い、気を引き締めてハンドル握っております。
私も、こういう状況では、夫がいないとダメだと思います・・・
赤いフィアットの女性も、きっと初めてだったのかもしれませんね・・・
彼女も無事に家路につけてよかったです。
2008/10/19(Sun) 20:58 | URL | GIRAS+SOL | 【編集
事故連立
ケガがなくてよかったですね^^
あっしも昔仕事で車使っているときに
追突されたりとかありました。
警察呼んだり色々と面倒なんですよね~
脱車社会をめざすべきでしょうかねぇ^^;
2008/10/20(Mon) 00:36 | URL | ぎたれれ | 【編集
>ちゅうさん

ほんとにね、そんな風に行きたいです。
でも、きっとそれだと正直者や人のいいのは
割りがあわないことになるのでしょうね。
それで人のいいのも「なんでやねん!」となるのですわ^^;

ちゅうさんが実践して長続きしなかったのなら、わたしも
実践はだめね(笑)
ん?もとがヌケだから心がけなくても実践しとるって
おっしゃっとらんでしょうなぁ、ちゅうさんw

>GIRAS+SOLさん

あ、そういえばブログで帰国して間もなしに車のこと、
なにか書いてましたね?ま、まさかあの時に^^;
でも柱ちゃんでよかったこと!
FIATの女性、昨日ご主人と一緒にうちへ来たのですが、
なんと、すぐ裏通りの人でした(笑)
わたしも近頃は自ら決めてる80キロをオーバーして
調子に乗り100キロなどで自動車道路を走ってましたので、
いい薬になりました。
ヘタクソが調子に乗るなや、とのご忠告と思い、ありがたく
頂戴して気をひきしめて参ります。

>ぎたれれ君

そうなのよ、警察呼ぶとこっちも色々大変^^;
で、示談です。
脱車社会、こっちは難しいなぁ。
車の運転ができなかったころは、全て夫と行動が一緒
ってことだったもの(笑)かなわんわよ。
ところでチェックアップは問題なしだったかな?

2008/10/20(Mon) 06:23 | URL | spacesis | 【編集
車と雨・・・災難でしたね~~。
でもお怪我とかはなかったようで、
それだけでも良かったですね。

私も車の免許(日本のだけですが)は持っていますが、自分の性格を考えて(笑)全然運転していません・・。

前の記事ですが、ホワイトボード、私もあまり好きではありません!!なんか滑った感じで落ち着かないんですよね(笑)
2008/10/20(Mon) 21:47 | URL | tulp | 【編集
>tulpさん

もともとが運転にあまり気乗りしない人は、免許をとったきり、
という場合も多いでしょうね。

わたしの場合は子供たちの学校が遠いところにあったため
その送迎に夫を頼れないので仕方なく、という事情でした。
その免許も送迎のため30代も半ばを過ぎて日本へ帰国していた時に
とりました^^;
ですから日本での運転は試験の時以外したことがないのですよ(笑)

ただ運転できるようになって行動範囲が広まって、この点は
よかったと思います。

そうそう、ホワイトボード、滑った感じなのですね。
書くときに力を入れがちなわたしは、高いペン先もダメに
しがちでしょうね(笑)ただ黒板は重いのが難です。
2008/10/21(Tue) 16:33 | URL | spacesis | 【編集
マセラティの君からココに至るとは・・・

なんとも引きが強いというか(゚ー゚)ニヤリ



こうして記事に出来るもので済んだこと、
ヨシとしましょう^^;

2008/10/21(Tue) 23:32 | URL | マー | 【編集
>マーさん

ほんとですね^^
でも、さすが、すぐには記事にできませんでしたっけ(笑)

雨の日とか夫がポルトにいないときは出張レッスン
止めようかなぁ、なんて考えたりして^^;
そうもいきませんものね、仕事だったら。

自分に喝を入れてがんばってます~~
2008/10/22(Wed) 21:41 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村