2008年11月12日

巷では、田母神前航空幕僚長の国会参考招致のテレビ中継がさ
れなかったことが、却って田母神前航空幕僚長の論文以上に言論
弾圧だと騒がれていますが、論文への評価は別にして、ネットで質
疑応答の内容を読むことはできるので、目を通してみると、なんだ
かなぁ・・の感あり。異例のテレビ中継をしないというのも、すること
が稚拙ではないの?と逆に勘ぐってしまいます。

こういう現世(うつしよ)の出来事を横目に、相変わらずマニアック
な追っかけを続けているspacesis、お笑いくだされ(笑)
しかし、少し言い訳をするならば、シンボルの謎解きももちろん面
白いのではありますが、もうひとつには、富や権力の果てに行き
つく人間の心理にも大いに興味があり、シンボルの謎解きはそれ
を探るのと重なります。

ということで、シントラの謎、キンタ・ダ・レガレイラ・シリーズの今
回は、これです↓

第2章 レガレイラの森について
キンタ・ダ・レガレイラは、その草木の強力な魔術、精気をもつ庭
園と森からして、言葉で表そうとするならば「自然へのオード(抒情
詩)」の一言に尽きるであろう。

ポルトガル語の「Quinta=キンタ」を適切な日本語で表すのは難
しい。農園、荘園、果樹園、庭園とそのどれをが含まれるような
気がする。神秘的な謎のシンボルが散りばめられたキンタ・ダ・レ
ガレイラは、殊にそれらと十把一からげに扱われることを拒むであ
ろう。ゆえにわたしは、キンタという言葉にとらわれずに「レガレイ
ラの森」と言わせてもらう。
              
第2章では、森にある様々のシンボルの紹介をして参ります。
このシリーズでは、新しい情報入手次第、書き変えていくことにも
なります。レガレイラの森第一弾は「螺旋階段の井戸」。

レガレイラ井戸1
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

螺旋階段の井戸が意味するところ

深さ30メートルのこの井戸は、地中に潜った逆さ塔、もしくは逆さ
ピラミッドと言われる。
塔は古代秘儀では「天と地を結ぶもの」とされる。 

底にたどり着く螺旋階段は9段階になっており、各々15階段から
なる。井戸そのものが、ダンテの「La Divina Comedia(神曲)」を
象徴する。
レガレイラ井戸5

13、4世紀のイタリアの詩人ダンテの代表作品「神曲」は地獄編、
煉獄編、天国編の3部からなる長編叙事詩である。
聖なる数字「3」を貴重にしているその構成から、ゴチック様式の
大聖堂にもよく例えられる。
(わたしの疑問→ダンテは秘儀参入者=グノーシス主義者か?)

「神曲」の地獄編は「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」と銘
打ってある地獄の門をダンテがくぐるとこから始まり、9圏の階層を
見ていく。
井戸は地獄編のみならず、煉獄編、天国編をも意味するという見
方もある。

井戸の底の大理石には、テンプル騎士団の十字、錬金術のシン
ボルである立方八面体の幾何学形(これはスコットランド・メーソン
のシンボルでもあり、キンタ・ダ・レガレイラの持ち主、モンテイロ
氏の紋章ともなる)が、組み合わされたドラマチックな刻印が見ら
れる。

レガレイラ井戸4
(この画像は借り物)

井戸は更に、森のあちこちにあるラビリント(迷路)やトンネル洞にも
つながっている。
下は森の中にあるダンテ神曲井戸(勝手に命名)の入り口。
レガレイラ井戸3

こちらは入り口中から。
レガレイラ井戸2

真ん中の柱のように見えるのは実は一枚の回転石ドアである。
これをギィーッと押すとこのような形になり出入りができる。
「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」と銘打つ地獄の門を表す
のだろうか・・・
森にはもうひとつこれに似た井戸があるがそちらは未完のままだ。

今日はspacesisの道楽にお付き合いくださり、ありがとうござい
ました。レガレイラ森のシンボルは次回に続きます。
コメント
神道楽
なにやら
村山談話と河野談話を
神棚の上にかざってお祈りをしている
人たちの集まりがこの国には
いっぱいいるみたいですw
とか書くと拉致されちゃうかもしれないので
やめときます。あ、でも書いちゃったw

螺旋階段面白そうですね~
日本にはないのかな~そういうの^^

ダンテの神曲は読んだことないけど
3部作ってのは昔からの基本なんですかね~
そう考えるとスターウォーズは
最初の3部作で終わりにしておいたほうが
よかったのでしょうかw
2008/11/13(Thu) 02:30 | URL | ぎたれれ | 【編集
螺旋階段の井戸・・・なんともミステリアスですね~~~。
塔というと空に登っていくイメージがありますが、これは地の中にもぐっていくのですね(?)
回転扉といい、
これはぜひその場でその独特の雰囲気を味わってみたいものです~~(^^)/。
2008/11/13(Thu) 22:37 | URL | tulp | 【編集
>ぎたれれ君

自分の国なのにわたしは近頃段々と、
「分からなくなってきました」(笑)

>tulpさん

やはりもう一度ポルトガルへいらっしゃい!(笑)
レガレイラはわたしももう一度行くつもりです^^
今回は神曲井戸ですが、まだあるのですよ~^^
2008/11/15(Sat) 03:37 | URL | spacesis | 【編集
「螺旋階段の井戸」の写真にゾクっとしました。行ってみたい!!これこそトトロじゃないけど宮崎 駿のアニメの世界に出てきそうな雰囲気ですね~。
シントラの近くなんですよね??ガイドブックにはレガレイラ宮殿がチラっと紹介されているくらいなんで行ったことないんですが、次回は必ず!!とこの写真を見て思いました!

※ぎっくり腰はだいぶよくなりましたよ^^;
2008/11/16(Sun) 11:50 | URL | tomapote | 【編集
こんにちは。
なかなかコメントできないんですが、
このシリーズ大好きです。
とにかく写真が不思議なんですよねー。

次回も楽しみにしております
2008/11/17(Mon) 19:36 | URL | maioha | 【編集
>tomapoteさん
シントラの旧市街から徒歩で数分です。
シンボルが分かって見るとのそうでないのとでは
見ごたえも違いますもんね。
次回はご主人もご一緒に!今度こそはビールか
ワインで乾杯を!^^

>maiohaさん

お忙しいところ、コメントをありがとうございます。
マニアックかなぁ、と思いながら一人で楽しんでおくには
もったいないと思いついつい^^;

お気に入っていただきアップのしがいがあります!


2008/11/18(Tue) 07:48 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村