2009年1月2日

12月に入ってから続いて三つ作ってきた、spacesis十八番(おは
こ)のパイナップルケーキ、元旦の朝、どれ4つ目をと材料を用意し
て最後に気づいた、「か、かんじんの缶パイナップルがあれへん
やん!^^;・・・・」

お正月メニューにデザートとしてフルーツサラダともう一品のパイナ
ップルケーキを計画していたのに、うっかり在庫の缶パイナップル
を全部使ってしまっていたのを忘れていたのでした。
今年も元旦からこんな具合で、spacesis、ずっこけモードで始まり
ました(笑)

生パイナップルがあるにはあるが、必要なのは缶パイナップルのシ
ロップであります。こればかりは他のシロップで間に合わせがきか
ない。う~~ん、もう一品甘いものを、いかんせん?と考えたところ、
年末に夫の患者さんからいただいた栗があったのを思い出しました。
よっし!栗の甘露煮だ!と、メニュー決定。

以前、やおら思い立ち、それまで一度も作ったことのない栗甘露煮
に挑戦したのですが、煮る前の下準備の皮、渋皮剥きにエラい手
間取り、親指間接を痛めたのですが、既に一度経験している今回、
正月料理準備で元旦は10時半には台所に立ちましたから、なんと
かいけるだろうとふんだのが大間違い^^;
結果、料理が出来上がり、テーブルに着いたのは例年通り午後3
時になったのではあるが^^;

さて、始まりは余裕しゃくしゃく、鼻歌など歌いながらの皮むきでした
が、いつのまにか歌もなくなり、腹の中は「こんちくしょ!」と包丁で
削ることひたすら。
すると起きて来た夫、横から渋皮ごとの栗を一粒、また一粒と口に
放り込むではないの!「こら!食べた分、自分で剥け~」(笑)夫、
「どれどれ、大変そうだから手伝いましょう。」と渋皮剥きに参加^^

こうしてようやっと剥きあがった栗400グラムが下記の写真。
甘露煮1
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー
まだ渋皮がついている状態。
甘露煮2
しぶとい渋皮をやっとむきました。

水400cc、砂糖200g、みりん60ccでオーブンヒータで煮込み始
めのですが、この間、所沢の我が妹に国際電話で新年の挨拶。
うっかり長電話になり、煮過ぎた栗甘露がすっかり型崩れしてまる
で納豆の如し・・・残念無念^^;
甘露煮3
しかし、味は上出来^^
これはこれで良しとしましょう。

では、みなさま、また^^ 
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村