2006年2月21日
昔の路面電車

本日は、日記です^^
実は夕べ、いつもの事ながら(^^;)突然断水。
よって台所に昨夜の夕食の汚れた食器が二人分、そのまま洗わずになってるのでありまして。
水、もう来てるかなぁ、と気になっていたのでしょうか、早めに目が覚めてしまったw

恐る恐る水道の蛇口をひねってみましたが、水、出てきませんわ。
んもう、これなんだから・・・
この間からから雨が降ってるちゅうのに、なんで水がないのよ~~。
と、叫んだところで、一滴も出てくるわけはなく、ジッと我慢の子。

お役所に電話で問いただしたところが、「わかりまへん」とのこと。
ええねん、分かってるねん、こっちは。
どうせ、「お、もう時間じゃないか。残りは明日にでもまわして、終わろう終わろう。」てな感じで、修理、途中でほったらかして帰ってしまったに違いない。

ああああぁあぁ、もしかして今日一日水がないかもだーーーー!

そういえば思い出しました。ポルトガルに来て2年目の正月。
大晦日から新年の3日間、断水で過ごしたことがあったのを(爆)
それまで、日本でもアメリカでも、断水なんてほとんど経験したことがなかったわたし、旧年の垢も落とさず正月かい!と腹がたつのを通り越して、「エラいとこに来てしまったもんだ」と思ったのでしたっけ。笑

そして、その後度々出くわした断水には辟易したものですが、一番困ったのは子供たちがまだ小っちゃな赤ん坊だった時です。
おむつの換えとミルク瓶の消毒。意外と神経質なところがあるわたしは、これにはほんと、参りました。

ポ国在住四半世紀経た今、あの頃ほどの断水はないにしろ、しょっぱなから一日の生活の段取りが、断水で狂わされることにすっかり慣れることはない。
今日、水がないのだったら、あれをしようこれをしてみよう、という応用、咄嗟の対応がまだまだきかない。選択技が少ない、ってことでしょうねw
これって、生真面目なわたしたち日本人に、けっこう言えることではないかな?

ラテン系哲学の、「今日は今日の風が吹く」と、まだまだやり過ごせないところに自分の「やはり生まれついての日本人」みたいなものを感じます^^;

水、こないかなぁ・・・・w

★本日の写真は、ポルトを昔走っていた路面電車。
 現在では、路面電車の博物館で見られます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
水が出ないとほんと大変ですよね。
ここ数日ずっとぐずついたお天気だったのに。
日本でもお金が払えなくて最後に止められるのは確か水だったような。
早く直るといいですね。
2006/02/23(Thu) 02:09 | URL | きゃしー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村