FC2ブログ
2009年3月4日

衣服は二の次で、分解したpc接続音楽機器のパーツを箱二つを
大事にバックパックに詰め込んで背負い、ノートパソコンを持って。

大きな旅行カバンは、関空に着くや、新しい住まいとなる千葉の新
住所に宅急便で送ることになるので、パジャマくらいは手荷物に入
れろというのに、音楽機器で重量目一杯、パジャマなしでも寝られ
ると言って聞かない。

出発前々日まで、画家の友人ジェスパー君の引越し先となるアパ
ートのペンキ塗りを手伝いに行き、夜な夜な出かけては午前様。
出発の前夜、翌朝は4時起きと言うに、まだ出かけようとするので、
さすがにのんきなおっかさんも、 
「バカ息子!いい加減にせぇ~!」と爆弾落とし(爆)

リスボンから引き上げて来たこの二週間、ひと時もじっとしている
ことのない息子ではありました。

出発前、
「お前、千葉に宅急便で送るはいいけど、漢字は大丈夫?」と聞くと、

「うげ!ローマ字じゃダメかな。」
「いいや、漢字書かなきゃダメだったら、書いてもらうから、プリント
してよ。」
っとっとっとっと、マジかい、息子^^; 
こりゃ先が思いやられること、目に見えし。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

9年間、毎週土曜日の日本語補習校に通い、通信教育も同じく9年
間しっかり修めたとは言え、中3を卒業して以来今日まで13年間、
話す以外は日本語からずっと遠ざかって来た彼、無理からぬこと
ではあります。

さて、3月3日、昨日の朝6時の便でフランクフルト→関西空港→
福岡→下関へと26時間の長旅です。
やっと日本時間で今日の夕方、下関にあるモイケル娘のアパート
に到着でした。

着くなりモイケル娘、
「兄貴、関空でたこ焼きと納豆巻きを食べて、今、コンビニで肉まん
とカルピス買ってきて食べてる・・・」
カルピスは、1年に一度、クリスマスとお正月にマドリッドから取り
寄せる貴重な飲み物で、息子の好物なのであります。
肉まんも然り、この手の日本食はこちらではとても高いもので、そう
そう買えるわけではないのでした。

息子よ、分かる分かる^^

で、更にモイケル娘が続けるには、
「アパートに靴履いたまま、あがったんだよ~」
これにはわたし、あっはっはっはと大笑い。
だって、これ、昔、わたしたちが帰国して所沢の妹宅に滞在する度
に、「ジュアン君!また靴履いたまま家にあがってる~~」
と彼女をしょっちゅう泣かせていたのであり、あぁ、成長のないヤツめ、
あの頃、そのまんまではないか@@

昨日まで息子の気配があった彼の部屋は、もぬけのカラ。
使い古された数本のエレキギターが、おっかさんとおとっつぁんの
気持ちを反映するように、生気を失い寄り集まって立てかかって
います。

今晩一眠りして、明日の朝はいよいよ、二人は、いえ、
二人+3匹の猫+それぞれのパソコン+それぞれのバックパック
らは、一路新幹線で関東へ移動です。

その格好を想像するにつけ、噴出さずにはおられないおっかさんで
あります。
ケータイでちゃんと写真撮ってねん^^載せるから(笑

ジュアンとマリアナ


 
関連記事
コメント
う~!
何だかとても泣けてきました。

息子娘を送り出す母親の気持ちとはこういうものなのかと胸が熱くなります。

でも、何だかとても清々しい涙です。

家族は物理的距離が離れれば離れるほど、心の距離はより近く近くなりますからね。

近くに暮らしていた頃にはあり得なかった数々のドラマが、これから生み出されていくのでしょうね。

朝からとっても爽やかな風を心に通わせて頂いた思いです。

私も負けじと頑張りますよ~!
2009/03/05(Thu) 08:39 | URL | じゅん | 【編集
苦労はしても、これからも笑いに満ちた航路でありますよう!
息子くん、そろそろ日本上陸したはず…と思っていましたが、
そうですか、いきなり、たこ焼き・納豆巻き・肉まん・カルピス
…、「異常に“日本通”なガイジン」と見られそう(笑)。
納豆もOKなら、食生活に関しては全く問題なさそうですね。

新居は東西線沿線の「都内」かと思っていましたが、「千葉」
なら、だいたい浦安~船橋とか、そのへんかしら。
うちの三男のとこ(稲毛)とも、結構近いなあ。
なかなか良い場所柄ですね、いざという時は、私が助けに行
ける距離でもあるし(爆)。
機会があったら、(spacesisさんの来日時でもそうでなくても)
お二人のお子たちにもお会いしたいものです。
ディズニーランドへのアクセスもバッチリですしね^^

しかし、「もぬけのカラ」になった息子くんの部屋を眺める
spacesisさんのお気持ちを思うと、私も何やら胸が一杯…。
しかし、子どもの自立はめでたいこと。
とにもかくにも、彼らの前途を祝しましょう、“夜明け前”の
“ブルーモーメント”を愛でるように(^_^)
2009/03/05(Thu) 10:20 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
懐かしい~
その昔、ポルトに友達がいて
文通をしていました。
そして一度だけポルトを訪れ
その魅力にやられてしまいました。
それからは行ってませんが、
みんな元気にしてるんだろうか・・・
ブログを拝見させていただき
あの頃を思い出してしまいました。
またゆっくりとブログを
見させていただきますね。
2009/03/05(Thu) 17:30 | URL | 石原正也 | 【編集
近い!
世話好きの(?)K姐様が近くにいるので
私も一安心。ひもじくなったら、声をかけてください。
肉まんの5個や10個、ごちそうします。もちろんカルピス付きで。
2009/03/05(Thu) 22:12 | URL | 黙々と仕事ちゅう!? | 【編集
>じゅんさん

こんにちは。お元気ですか?

今にして、亡き母にどんなにか心配をかけた
であろうかと、
「子を持ってみて初めて親の気持ちが分かる」を
実感しております^^;

じゅんさんも頑張ってください。
遠方より我が子同様、応援しております。

>かんちがいさん

お久しぶりです!
近頃は読み逃げばかりでごめんなさい^^;
もう少ししたら落ち着きますので、ご勘弁~。

子供たち、地下鉄東西線の南行徳だそうですよ。
そちらの方は全く土地勘がないので、環境が
いいのかどうか、
わたしは全く分からず。
娘は勤め先が築地、息子は赤坂あたりだそうで、
なるべく近くて安いところを目安にしかも大急ぎで
選んだそうですが。。。

いざと言うときには、我が妹宅よりもK家や
ちゅう家wが
近そうですから、お願いしようかしら(笑)

夫がしょげ返ってて、そっちの方が気がかりですわん^^;
2009/03/07(Sat) 10:17 | URL | spacesis | 【編集
>石原さん

初めまして。

どのくらい昔になります?
ポルトはこの7、8年で本当に変わりました。

その文通のお相手はポルトガル人ですか?
日本人ですか?
案外知っているかもしれませんよ^^

是非もう一度ポルトにいらっしゃい。
そのときにはご一報を^^

当ブログ右のリンク欄「ポルトガル・ロマン」では
ポルトやポルトガルを写真で案内しております。
よろしかったら昔を懐かしみ、どうぞおでかけください。
今後ともよろしくお願いいたします。

>ちゅうさん

うふふ。本気にするかもよ(笑)
かんちがいさんのレスでも書いたのですが、
K家、ちゅう家、どちらに近いのかしら?(笑)
2009/03/07(Sat) 10:26 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ