2009年3月15日

バラの花束

昨日は土曜日の職場の卒業式でした。
そして、わたしも開校当時から21年間続けてきたこの仕事を卒業
してきました^^

まだ居座ろうと思えばできたのですが、人間、引き際というものが
あります。ズッコケが多い先生ではありましたが(いや、ほんまw)、
自分としては全力投球の思いで長年取り組んで来ましたから、
悔いはなし。

「先生、死ぬまでおればいいのに。」とのK君の言葉には、思わず、
おいおい^^;と思いながら、嬉しかったよ^^

昔、帰国して行った生徒が作文に、
「ぼくらが子供を持ち、すっかり大人になって、先生80過ぎていても、
まだ補習校で教えててね」
と書きましたが、H.A君、ご期待に添えずだ(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

奇しくも、この日、まるで合わせたかのように、卒業式の前日に、
小学校4年生まで補習校にいて帰国したF.H.君が、バッグパッ
カー卒業旅行で、ふらりと現れました。11年ぶりです。

モイケル娘とは同級生で、二人して、おアホな物語作文を書いて、
笑わされたのを覚えています。
ひろ君
↑サン・ベント駅で待ち合わせして会ったF.H.君。
  モザイクかけたから載せてもいいよね^^

F.H.君には昨日の卒業式にも出席してもらい、卒業記念写真に
も入ってもらいました。
  
こんな風に元在校生が訪ねてくることほど、嬉しいことはありませ
ん。そして、トップの写真が、退任式でわたしがみなさんからいただ
勤続年数21年に1本足りない(笑)20本のバラの花です。
  
バラが黄色なのは、わたしがそれが好きなのを知っている人が
用意したのでしょう^^

これまで何度か受け持ち、今年また担当してきた女生徒から受け
取った手紙も嬉しかったです。
MIさんの手紙

日本語があまり分からなくて、学年を数年も下げて補習校に入学
してきた彼女、大人しい性格も手伝い、クラスではほとんど発言が
なかったのですが、近年、力が伸びて逞しく成長しました。

「先生の笑顔、大好き。いつも輝いてキラキラしていて、わたしに
元気をくれました。」とありました。

そっか、わたしはキラキラ光っていたんだ^^
どんな人でも、笑顔は素敵だよね^^
好きなことをしているとき、人は光ってるといいます。
M.A.さん、あなたもこれからの人生、うんと光ってください!

小学1年生に初めて受け持ち、以来中学部も含めて何度か担任し、
現在は高校部のT.Y.君からは、小学生時代に彼が作り、海外
子女教育文芸コンクールに佳作となった「ぼくと魚」の詩が書かれ
た色紙をいただきました。

君も大きくなったなぁ、ゆうきこぶた君^^
(小学1年生でちょうどコブタのお話を読み、当時3人いた1年生を、
みんなで、名前の後にコブタをつけて呼び合っていた。日本なら人
権云々で騒がれるかしらね?^^;)

「ゆうこせんせい」と呼べなくて「うnこせんせい」とわたしを呼んでい
た幼稚園児もいましたっけ。
はい、「うnこせんせい」にも「はい!」と返事しておりました。

補習校の21年間が走馬灯のように、頭をぐるぐる巡っています。
今日は手前味噌いっぱいの日記です(笑)

補習校1
みんなが帰ったあと、こっそり引き返し、通いなれた校舎内の写真
を記念に撮ってきました。廊下の左側が教室です。
 
補習校3
  この入り口から、「ボン・ディーア=ポルトガル語のおはよう」と
  「おはよう」が飛び交う。
 
写真は遠慮しようかな?とも思いましたが、日本にいる我が子達
にも見せたいとの思いで、アップしました。

spacesisさん、いよいよ年金生活ですな?
い、いや、それが、あぁた、わたし年金ないんですってば~^^;

しかし、まだ、余力がありまする。よって、もうひとつ見る夢があり
ますので、完走できるかどうかは別にしまして、ヨタヨタとではあり
ますが、追いかけてみようと思っています。

そうそう、昨日はわたしたち、結婚30周年の記念日でもありました。

いい春の一日でした^^
コメント
しみじみ!?
21年と30周年、おめでとう!
一つの区切りが、次なる新たなスタートですね。
花束を始め、写真の一枚一枚が余韻を残す良い写真です。なぜか清々しい!
まだまだ元気なS姐様のことですから、次なる夢(興味津々の事?)の実現に向かってがんばる事でしょう!期待してまっせ!
ちゅうも、なんとカルチャー教室開催に向けて準備中です。教室を借りる近くの大学の審査が必要なのです。こけるかどうかは8月頃に結果が出ます。お互い夢に向けて☞「アラカン!」発進せよ!
2009/03/16(Mon) 00:33 | URL | カード制作ちゅう!? | 【編集
卒業写真
卒業おめでとうございます^^
21年は長いですねぇ~
生徒の数はいったいどの位になることでありましょう。
ひとりひとりやっぱり覚えているものでしょうかね~

うちの父は小学校の先生だったのですが
やはりあっしもその血を受け継いでいるのか
ギター教室をやってみたいなーと
最近思うようになりました^^
昔、1年間だけ専門学校で教えていたことはあるのですけどね^^

まぁとにかく、
人ごみに流されて変わってゆくあっしを
ときどき遠くで叱ってほしいものであります(笑)
2009/03/16(Mon) 03:16 | URL | ぎたれれ | 【編集
おめでとうございます。卒業が春だと、感慨も格別ですね、日本人は。
そしてお疲れ様でした。
いよいよ、謎の追跡に時間を費やすことができるようになられたのでしょうか・・・
2009/03/16(Mon) 07:34 | URL | garapy | 【編集
>ちゅうさん

ありがとうございます。
そちらも活動開始ですか!
なんだかこれまでより益々忙しくなりそうな
気配が^^;
目一杯、日本語授業を入れてます(笑)

うふふふ。テンプル騎士団、メーソン追っかけの謎解きは
あくまでも趣味でありまして^^
ちゅうさんの教室開催に似てないこともありません^^

大学の借用教室、うまく運ぶといいですね。
わたしの夢は多分10年単位になると思いますから、
完走できるかどうかは未定、のんきなもんですw。

お互い懲りない人間だわねw

>ぎたれれ君

ありがとう^^
生徒の数は分かりませんが、名前はほとんど覚えてます。

お父上が先生だったなんて初耳です。

せっせと貯めてるみたいだから、教室も夢ではないと思う^^ 
がんばれ!

ユーミン、いいわね^^

>garapyさん

息子も娘もこの4月から日本で新生活スタートです。
果たしてどうなるか未知数ですが、若いと言うことは
なんとでもなると楽観視(笑)

garapyさんはまだまだこれからですね。
ロングランの道のりです^^

謎の追跡は、近頃あまりアップしていませんが、実は少ない時間を
みては、資料となる分厚い本を目下読んでいるのです。
すっかりはまってはおりますが、やはり趣味の範囲です^^

2009/03/16(Mon) 08:20 | URL | spacesis | 【編集
お疲れ様でした。
21年間、お疲れ様でした。
生徒さんが大きくなって、また訪ねてきてくれるなんて、本当に嬉しいことだと思います。
いろんな生徒さんたちとの思い出が詰まった場所とサヨナラするのは、寂しいですが、人生においてのひとつの区切りでもある訳ですね。
今後も、spacesisさんにとって、いろいろと充実した、スバラシイ人生でありますように!!!
私もいろいろ楽しくがんばりたいと思います。
2009/03/16(Mon) 21:04 | URL | GIRAS+SOL | 【編集
祝卒業+祝結婚30周年♪
そうですか、21年来のお仕事、卒業されたのですね。
「死ぬまでおればいいのに」という生徒の気持ちも
わかるので、ちょっとセンチな気分にもなりますが、
大小の節目がいろいろとあるのが人生。
「悔いはなし」と言って去れることを、心より祝したい
と思います。
これから、日本語授業+ブログ+もうひとつの夢追い
で、ますますお忙しくなるのかな?
「体力」的にはいろいろ難しくなりますが、「自由な
精神」と「大胆さ」というspacesisさんの武器は、若い
頃より更に磨きがかかっているはず。
何だか知らないけど、頑張れ~!(笑)
結婚30周年のご主人とも、どうぞ今後も睦まじく^^

↑ちゅうさん、カルチャー教室準備中なのね?
となると、私もいよいよ弟子入りか?(笑)
「アラカン」は、spacesisさん、ご存じなのかしら?
(アラフィーの上、「アラウンド還暦」ですぞ^^)
2009/03/16(Mon) 22:16 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
>GIRAS+SOL

こんにちは。
お嬢さんの学校生活、ブログを通して拝見しております。
わたしの子供たちはBritish Schoolに通いましたので、
ポルトガルの学校のことは知らないことが多く、
楽しく読んでおります^^

補習校が終わったところで次のスケジュールを土曜日に
入れようとして夫にギロリとにらまれております。
体力を考えながらもう少し何か活動したいですね^^

GIRAS+SOLさんがおしゃるように楽しく子育てを頑張ってください!

>かんちがいさん

でた~~!(笑)お久しぶりです!
はい、土曜日は少しの間、休みますが、代わりにもう週2回の
外部での仕事が入りました。
ですから、前と同じ、もしかしたら輪をかけて忙しくなりそうです。
でも、気分的に違います^^

おっしゃるように、もともと大して体力がないもので、
それを考慮しなければいけませんが、かんちがいさんに
乗せられて、「自由な精神」と年の功の「大胆さ」でなんだか
知らないけど頑張るじょ~(爆)

アラカンね、ま、まさかちゅうさん、嵐寛十郎(かんちがいさん、
知らないかも^^;)じゃないだろ、なんぼなんでも!
というので推理しましたら、バッチリでしたねw
と言うのは、以前かんちがいさんのブログ記事に「アラフォー、
アラフィー」の言葉が出ましたよね?
それで、「なんなんだ?これは?」ということで
早速ググッてみたのでありました^^

ちゅうさんの計画、うまく行くといいですね^^
かんちがいさん、一番弟子に?^^






2009/03/17(Tue) 19:17 | URL | spacesis | 【編集
こんにちわ

ご無沙汰しております

おつかれさまでした、そして、おめでとうございます

誰もいない廊下の風景を見ると、ぼくも学生のころを思い出して、ホロリと来ました

こういうのもサウダーヂと言うんでしょうかね~?

spacesisさんを見てると、ぼくも元気が湧いてきます

ぼくも、無鉄砲な感じのまま22才になってしまいました…

でも、人との繋がりに恵まれて、充実した日々を送っています

夢を見るだけじゃない、spacesisさんは現実にも光を与えてくれるから素敵です

これからも楽しく拝見させていただきます~
2009/03/17(Tue) 23:20 | URL | しおん | 【編集
お疲れ様でした!
spacesisさん、お疲れ様でした。
生徒の皆さん、教師仲間の皆さんに惜しまれて、まだまだいて欲しいと言われておられるのではないですか?
補習校の先生って、本当に難しいと思います。生徒それぞれが、補習校に求めているものが違うし、レベルもまちまちだし。。。。
毎週の授業の準備、宿題等々、、、おつかれさまでした。
2009/03/18(Wed) 03:36 | URL | かたこ | 【編集
>しおんさん

こんにちは。
22歳と言えば我がモイケル娘と同じですね。今
度22になりますから。

無鉄砲でいられるのは若いうちです。
時にそれは原動力になります^^
若いというのは、ただそれだけで素晴らしい!

しおんさんもがんばってください。
そして、ありがとうございます。

>かたこさん

人に何かを教えるというのは、どんなことでも準備に色々
時間がかかるものですね。
でも、教えることは自らが学ぶことだと、補習校、日本語
教室を通して知りました。

また、自分の子供や補習校の子供たちと接して成長を
目の当たりにし、「鉄は熱いうちに打て」も方法ではあるけれど、
子供はそれぞれみな、伸びたり成長したりする時期が違うのだ
という風なことも知りました。

現地の学習、補習校そして毎月の通信教育を「三重苦」と言った
ものですが、我が子たちもその道を通って9年間の補習校生活を
してきましたが、かたこさんは今が子育て、日本語教育の最中で
すね。どうぞ、周りに振り回されず、ご自分の教育方針を貫かれて
ください。

補習校の体験はいずれ、第三者的な目で眺められるように
なったら、これから同じような体験をするかも知れない人の
ためにも、少し綴ってみたいトピックですね^^
もっとも、わたしの目はどこか節穴ですし、論ずるところまでは
行かず、「こんなことがあった」形式で終わるのですが^^;

2009/03/18(Wed) 17:02 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村