FC2ブログ
2009年4月1日

数日前の記事、ポルト、サン・ジュゼ小教会のドアのシンボルです。
 
まず右ドアから。
サンジュゼ教会ド扉1
まぎれもない、三角ピラミッドの中の「全てを見通す叡智の目」こと
「All-Seeing_Eye」です。他は定規か?いまひとつはっきり判断し
かねるのですが。

こちらは左ドアです。
サンジュゼ教会扉2
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

拡大しました↓
サンジュゼ教会3
上部に見えるのは「ウロボロス」と呼ばれる自らの尾を加えた蛇、
もしくはドラゴンです。

無限大∞の記号はこれから来たと言われ、遡れば古代エジプト文
明のシンボルに原型が見られるといわれますが、ローマ・カトリック
教からは異端とされるグノーシス主義や錬金術のシンボルでもあり
ます。
(註:グノーシス主義とは1世紀に生まれ、3世紀から4世紀にかけ
て、地中海で栄えた二元論的世界観を持つ哲学思想で、「秘境的
知識」とも呼ばれる。グノーシスとはギリシャ語で「知識」と言う意味)

真ん中の開かれた本(聖書)は、異端、錬金術等のシンボルマーク
にもなります。
本のページ数5やそのしたの紙の3という数字も同様。

次回は是非、この教会内を見てみたいと思っていますが、カトリック
教会の装飾にこのような不思議なシンボルが施されるてあるのは
、いかにも意味ありげで、ミステリー好きのわたしなどは、たまらな
い魅力を感じます(笑)

これらの作品が、もしかすると、ローマ・カトリック教から異端と排除
されながら、時に密かに、時に大胆にこんな風にして、シンボルを
残すという手段を使った石工たち(メーソン)の作業かもしれないと
想像すると、もうぞくっと来ます(笑)

このところ、「spacesis、謎を追う」シリーズの筆が止まっております
が、テンプル騎士団追っかけから始まった、この歴史の謎解き、
実はとんでもない深みにはまり込み(笑)、目下のところ、調べたり
本を読んだりして、密かに追っかけを続けながら、頭を整理中なの
でござります。
楽しみにしている方がおられましたら、今しばらくお待ち乞う。

さて、謎を追うシリーズが、益々嵩じまして(笑)、spacesis、明日か
ら3日ほど、昨夏訪れて来た、シントラは、シンボルだらけの「キンタ
・ダ・レガレイラ」へ、もう一度足を運んで取材に参ります。
レガレイラ

その間、よろしかったら、こちらにて「キンタ・ダ・レガレイラ」や、
シントラの秘境「コルクの修道院」など、ご覧ください。

ではでは、行って参ります!
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ