FC2ブログ
2006年4月30日
fatima1

ファティマ大寺院。

1917年5月13日昼過ぎ、当時はだだっ広い単なる小さな農村であったファティマのCova da Iriaで、羊飼いをしていた3人の子供、ルシア(10歳)とその従兄弟に当たる、フランシスコ(9歳)、ジャスィンタ(7歳)が、遊びながら石を拾い集めて積み立てた小さな石の家の前で祈りを捧げていると、突然眩しい雷光が空から差して来ました。
     
それを見た3人は怖くなり、急いで野原を降りて家へ帰ろうとしたところ、その道のすぐ下で再びパッと光が落ち、辺りを照らしました。見ると、小さな木の側に、白い数珠を手にした太陽よりも明るく光り輝く夫人の姿が、そこにありました。
     
光り輝く夫人は3人の子供達に、「以後、5ヶ月の間、毎月13日のこの時間にこの場所に来るように」と告げました。こうして、6月、7月、9月、10月の13日、同じ時間に光り輝く夫人は現れました。8月13日が抜けているのは、この噂が町中に広まり、3人の子供は、この日、首都オレンま尋問されるのため、連れて行かれ、約束の場所へ行くことができなかったからです。光り輝く夫人はこの日、500m離れたValinhosと言う場所に姿を現しました。

最後の10月13日の出現には、この噂を聞きつけて、人目これを見ようと7万人の人がこの場所にやってきました。この日も3人の目の前に現れた光り輝く婦人は、自分はサンタ・マリアであることを告げ、この場所に小さな教会を建てるようにと伝えました。

この日、集まった7万人の目撃者は言います。
太陽が不思議な輝き方をし、その太陽を直視しても目が焼けることはなかった。その太陽はまるで銀の円盤のように天空を動き回り、聖母マリアとイエス、聖ヨセフ(マリアの夫)の姿を映し出し、世界を祝福した、と。

この日、3人の子供達の後ろに控えて、この様子を見ていた人々の間には多くの奇跡が起こったと言われ、このニュースはたちまち、国中の新聞で報道されたのでした。この奇跡以来、世界中から人々がファティマに集まるようになり、現在に至っていると言うわけです。

さて、実はこの話、これで終わりではないのです。ファティマの奇跡には、もうひとつ、有名な「ファティマの三つの秘密」と言うのがあります。

聖母マリアは、ポルトガル語では、「Nossa Senhora=ノッサ・セニョーラ」(我らが母)と呼ばれるのですが、Nossa Senhoraは3人の牧童に「誰にも話してはいけない」という三つの秘密を打ち明けています。
     
そして、マリアがフランシスコとジャスィンタに、間もなく天国に行くでしょうと告げたように、二人は幼くして天に召されるのです。
3人の中で一番年長のルシアは、長じてシスターになりその一生を神に祈ることに捧げ、2005年2月13日、97歳で生涯を閉じました。現在はファティマに眠っています。
     
3人の子供の中では、ルシアが一番年長ですが、実際にマリアの話を聞くことができたのは、この10歳だったルシアだけで、他の二人は姿を見ただけでした。シスター・ルシアは、「ファティマ唯一の生き残り幻視者」とも言われました。
     
聖母マリアから、「誰にも話してはいけない」といわれた、シスター・ルシアが生涯胸に抱えた三つの秘密。実はこれ、調べて見ると、とんでもなく面白いものになってしまいました^^

これは、「ダヴィンチ・コード」ならぬ、「シスター・ルシア・コード」になりそうです!

それでは、次回、お楽しみに!

ファティマの幼い3人の牧童の幻視者
fatima3

写真はファティマに願かけをし大寺院まで膝で歩む信者。
fatima2


★よかったらランキングクリックお願いします^^


関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ