FC2ブログ
2006年5月1日
gato

♪だれかがこっそり 小路に木の実 うずめて~
の歌いだしで始まる、大好きなアニメーション^^
何度も飽きることなく我が家の子供たちと繰り返し繰り返し観たものです。

わたしも子供達も、気に入った映画は何度も観る、というマニアックなところが
ありまして、特に娘などは台詞をソラで言えるとこまで参ります^^;

さて、このアニメ、当初は時代が何時ごろなのか、などとは考えもしないで
観ておりました。
観ながら、さつきがメイを学校の教室の中で、自分のとなりの席に座らせながら
授業を受けている場面に出会った時は、思わず叫んだものです。

「あああ!ママもこれとおんなじことしたんだよ、小学校1年くらいのときに。」
そうです、まさにあれと同じシーンを遠い昔にわたしは実体験したのでした。

ところは郷里の、青森は弘前の下町にある城西小学校。
昭和20年代も終わりのころです。
こんなことを書いたら、年もすっかりバレてしまいますが、ま、
いいでしょう(笑)
あのころは、今の時代のように物が豊かではありませんでした。
白黒の、色も褪せがちになっている当時の写真を見ますと、すっかり両膝の出た
ズボンに、ツンツルてんのセーター。
履いてるものだって、靴ではなくゲタですわ(笑)

我が家は、下町の祖母の家に4世帯ほどが一緒になって住んでる大所帯。
子供の数だけでもわたしを筆頭に、妹従兄弟と合わせて5、6人。
それに大の大人が9人と、ただいま11人どころか、14、5人で、今思えば
食事時はいったいどうだったのでしょうかw

それでも、貧乏所帯でしたから、日中は祖母を始めとし、全員外へ働きに出て
おりましで、家の中は子供のみ。

わたしが小学校にあがったころは、独りにしておくこともできず、何度か
妹を学校に一緒に連れていったことがあります。
妹は、このアニメと同じように、わたしの隣に座って静かに絵を描いておりました。
その絵がまた、上手いのですね^^で、先生がほめるわけです。

今そんなことは、とても許されないでしょうね。
学校も部外者は簡単に構内に入れないでしょうし、父母から一言二言どころでは
済まないでしょう^^;しかし、あの子供の頃、わたしはトトロの中の同じ
出来事を実際に経験した一人なのですね。

そう思いながらジブリのホームページで見ましたら、やはりあれは、昭和30年
ころのことなのだそうです。
         
日本が貧しくても鷹揚な教育観念を、学校も周りの大人も持っていた時代
だったのではと、今ふっと思ったりします。
「あの子がいると、他の子の足をひっぱる」だののような言葉は思いつきもしない時代。
できる子もできない子も、豊かな子も貧しい子も、みんな一緒に交じり合って、
それがごくごく普通の学校生活だった時代。

あのアニメが、わたしのような大人も観れる、というのは、ただ懐かしい
からだけではないでしょう。
現代社会が失ってしまった鷹揚さ、人間としての基本的な生活の芯がうかがわれる
からではないのかと、わたしは思っています。

最後になりますが、わたしの隣に座って絵を描いていた妹、今でも絵が好きで、
趣味で友禅染から始まって、現在は日本画を学んでいます^^
そして、これもまた、とても不思議な偶然ですが、所沢に住んでいるのですね^^

車でものの10分もしないで、「トトロの森」に行けます。

★今日の写真は、かつて飼っていた「あおむけレオくん」
★よかったらランキングクリックお願いします^^


関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
いつも、読み逃げばかりで・・・m(..)m
私は、この時代を体験したわけではないのですけれど(強調!笑)、なぜか、この映画は、郷愁を誘いますね。
大きなくすのきに、田んぼの情景、などなど。
自然の中に、入っていけないような気分(感じ)がありましたね。
「ゲゲゲの鬼太郎」や「トトロ」がごく自然に、受け入れることができるような背景、今の子供たちは、感じることができるのかしら。
2006/05/02(Tue) 11:36 | URL | 美緒 | 【編集
「弟妹連れ」の風景
私も、この時代を体験したわけではないのですけれど(微妙か?…笑)、
授業中でこそありませんでしたが、学級のクリスマス会の時など、
就学前の妹を連れて行ってやってくれと、母に頼まれ、しぶしぶ(笑)
連れて行ったことが何回かあります。
放課後に学校の校庭に遊びに行く時なども、当然のように、妹を
押しつけられました。 友だちと遊ぶのに、4才年下の妹は邪魔
だったんですけどね~。。。(笑)
“おマメ”として入れてやれるような遊びだといいんですが、
そうでない時は、今考えると邪険に扱っていたようにも思いますが、
それでもやはり、妹はおとなしく待っていましたっけ…^^
…でも、そんな「弟妹連れ」の風景も、今では確かに見られないかも
しれませんね。。。

トトロのテーマソングを始め、久石譲さんの曲は、私も好きな曲が
多いです~♪(^_^)
2006/05/02(Tue) 15:15 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
好きです

我家の子供達も大好きです。トトロ^^

実際にあった時代背景なのですねー。
「魂」が揺さぶられる何かがありますよね。

幼い頃のspacesisさんも可愛かったのでしょうね。^^
2006/05/02(Tue) 22:59 | URL | syomin1 | 【編集
美緒さん、かんちがいさん、お二人ともしっかりと予防線
はってますなぁ(笑)
ほんとに昔は下の子は、上の子にくっついていましたね^^
ちゅうさんの絵を見ても、赤ん坊をおんぶして連れて行き、
野原にほったらかしだったものね(笑)

古い話ではありますが、いい時代に生きたのかなと
今では思ってます。

syominちゃん、妹はね、笑うとほっぺたにエクボが出て、
見るからに可愛い女の子だったのよ^^
それに比べて姉のわたしは、可愛げのない、男か
女かわからんような、膝っ子増の出たズボンで、
いなかっぺまるだしの子供でした^^;

しかし、人間は原石のようなものだよね^^
磨けばいくらか光るようになるのだ~(笑)
原石のままも、もしかして素朴でいいのかも・・・
2006/05/03(Wed) 01:27 | URL | spacesis | 【編集
s姐さん かんちがい姐さんといっても 私のほうがチト早めに出てきてるかも ちゆうさんの話もトトロの話も体験済みです 懐かしい出来事です。姉が2人おりましていつも おさがりを着てました 母がよく毛糸をほどいて ヤカンの湯気でゆのしをして編みなおしてくれたっけ かーさんがー夜なべーをして の時代です 今思うと のんびり ですが 手作りだったなー 上の姉とは年が離れていたので ワンピースなんかも作ってくれたのを 思い出しました。母・姉 ありがとう とうさんもね。
2006/05/05(Fri) 22:34 | URL | 隣のphoo | 【編集
phooさんになりましたね^^
おお!我が母も左利きで、毛糸のセーター編んでくれましたっけ。
懐かしや^^
左利きなもので、編み物教えてくれても、さっぱりでした@@

で、ポルトガルに来てから独学!子供達のセーターは小学校を
出るまでは、全て、わたしの手編みでした^^
編み方は、正統ではないみたいですが、なに、ちゃんと着れたし、
いろいろ自分で模様も編みこみました。
懐かしいや~^^

隣のphooさんもしますか?(なんでもできそうだな^^)
2006/05/05(Fri) 23:10 | URL | spacesis>隣のphooさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ