FC2ブログ
2009年6月1日

この1週間きつかった!
結局入っていた1週間の予定全てをキャンセルし、家の中に閉じこもり
食事も作らず(これは嬉しい。あははは。が、自分も食べられなかった
のである^^;)ひたすら寝る羽目になりましたっけ。

微熱があり、のどが痛いもので、不機嫌になりがち^^;
さんさんと差してくる初夏の光もブラインダーをおろしてシャットアウト。
できるだけ口を開かぬようにし、横になってるはいいが、いい加減背中
が痛くなるというもの。これはたまらん。

それで、ベッドでしていたことは読書読書(笑)
お陰で、モイケル娘から送ってもらったものの、まだ読んでいなかった
ウンベルト・エーコの「フーコーの振り子」読破。
フーコーの振り子
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

ちょっと怪しげなカバーではありますが、なに、知ってる人はこれを見て
ひと目で、「錬金術」のシンボルと分かりることでしょう。

テンプル騎士団から薔薇十字、カバラ、異端教、フリーメーソンと秘密
結社、錬金術もりだくさんの歴史推理小説でしょうか?
昼夜関係なく目覚めたときに手に取り、微熱で読んでて、ますます頭が
こんがらかり、色々推理していたら夢にまで見たっけ(笑)
よくやるよ、わたしも^^; 機会を見て、もう一度読む必要あり、です。

しかし、わたしが20代の頃に読んでいた「宇宙考古学」や歴史ミステリ
関係の本で見覚えのある「サンジェルマン伯爵」の名前が何度も出て
きて、これはこれは、なんだ、わたしは遠い昔にすでにこのミステリの
入り口をちょこっとくぐってたことなのであると、改めて認識。
結局興味のあることは、幾つになっても変わらない、という話です(笑)
進歩がないとも言える?ご~~~ん^^;

さて、もうひとつ読破したのが吉川英治の「新・平家物語」16巻。
と言っても、これは既に前9巻ほどは昨年に読んでおったのですが、
「聞くも涙、語るも涙」、いやぁもう読んでて泣けて泣けて、詰まってる鼻
が益々詰まり。
「どう?」と様子を伺いに来る夫に隠すのにちょっと大変だったw

去年9巻あたりで放ったらかしにしてしまったのは、読み進むにつれ、
単純なわたくしめ、源の頼朝と政子殿の為す理不尽に腹が立ち、もう
もう義経が哀れで読み進めなかったのであります^^;
「諸行無常」ということが、少しは感じられる歳になり申した。
「驕れるものも久しからず」。北の将軍様もいずれいずれ。おっと、横道
それたw

吉川英治の「新・平家物語」はところどころを抜粋して、日本語教室の
生徒さんたちと読めるようになると嬉しいと思った次第。

さて、もうひとつ、ぼちぼちしていたことがこれ↓
折鶴

今秋、個人で日本文化展をと考えており、これまでは折った鶴を訪問客
にせっせとあげていたのですが、今回はこうしてつないで展示会用に
保存しておくことにしました。
それで、少しの暇があれば折鶴を折ってつないでいます。

モイケルよ~~、はよ、千代紙も送ってくりゃれ^^

さて、明日からはまたいつも通りのスケジュール、行きますわよ^^

コメントレスも遅くなりましたがこれからいたします!I´m back!
関連記事
コメント
風邪大変でしたね~。
もう今はだいぶ快復されたのでしょうか?
活動的なspacesisさん、ついつい動かれてしまうのでしょうが(笑)どうぞ無理はなさらないでくださいね(^^)

「フーコーの振り子」、表紙をみてもとっても気になる本ですね。今度こちらでも探して見ます♪

折鶴、やっぱりこれだけ数がそろうとさらにきれいですね。日本文化展、どんな展示をされるのか楽しみです。
2009/06/03(Wed) 22:25 | URL | tulp | 【編集
>tulpさん

ありがとうございます。
まだ本調子ではありませんが、今日からいつものスケジュール
で動いています^^

日本文化展はなにしろ全く個人的にするものですから、
高価で立派なものはありません(笑)
そのような芸術作品文化展は大使館にお任せして、こういうことの
ために時間をかけて持ち込んだ、日本だったら極一般的に手に入る
ものや普段使うようなものを展示するつもりです。

準備が整ったらここでご報告いたしますね。

本の表紙、おもしろそうでしょう?^^
ウンベルト・エーコの本は「薔薇の名前」もそうですが、
宗教観の違う日本人には少し難解なところがあるかも知れませんね。
テンプル騎士団に興味を持って調べ出していなかったら
わたしもチンプンカンプンだったと思います^^;

ところでtulpさんの住むオランダでは新型Aはいかがですか?
新型Aでなくとも風邪にはお気をつけあそばせ。
2009/06/05(Fri) 08:53 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ