FC2ブログ
2006年5月7日
galo

ポルトガルの雄鶏「galo=ガロ」が世にでたのは、1966年にイギリスで
行われたワールドサッカーのイギリス対ポルトガル戦の準決勝の時であります。
このガロはポルトガルチームのマスコットとして登場、準決勝では惜しくも
イギリスに下され、三位に甘んじたのですが、それでもポルトガルが上位に
躍り出たのはこの時が初めて。
大喜びのポルトガルチームは会場でマスコットのガロを掲げ、以後、この
雄鶏はポルトガルの象徴となったのでした。
ちなみに、この時のワールドサッカーの得点王は、ポルトガル選手、Eusebio
(エウゼビウ)なのです。

このガロはポルトガルでは「真実の証、バルセロスの雄鶏」として知れらています。
バルセロスは地理上ではポルトの上部、ミーニュ地方にあり、当地ポルトの
サン・ベント駅から約1時間ほどでいくことができます。
「真実の証の雄鶏」には、昔から次のような伝説があります。

前回三度に渡って綴ってきたファティマ巡礼より、更に遡ること10世紀も昔、
巡礼の中心地と言えば、スペイン、ガリシア地方にある「サンチアゴ・デ・
コンポステラ」でした。
9世紀の初めに、キリスト12使徒の一人、聖ヤコブ(ポルトガル語スペイン語では
サン・チアゴ)の墓がここで発見され、以後聖地と定められました。
ファティマ巡礼同様、サンチアゴ巡礼も現代でも行われます。
わたしも一度、家族旅行で訪れたことがある地です。

さて、バルセロスは今でもそうですが、ポルトガルからサンチアゴ巡礼をする
時の中継地になり、この話は16世紀のこと。

ある日、この地に一人のガリシア人が通りかかり、宿をとります。
ちょうどこの当時、町では盗みが横行し、なかなか泥棒がつかまらない。
なんの因果でか、このガリシア人に容疑がかかり逮捕されます。
男は無実を訴えるのですが誰にも信じてもらえず、とうとう絞首刑を言い渡されます。

聞き届けられる最後の願いとして、男は自分にその判決を言い渡した裁判官を
訪ねたいと言います。
町の名士を集めて宴を開いていた裁判官に男は再度自分の無実を訴えますが、
居合わせた誰もがこれを聞いて信じはしませんでした。

テーブルの上に載せられている丸焼きの雄鶏のご馳走を目にした男は言います。
「明日の朝、刑に処せられる時、わたしの無実の証として、この丸焼きの
雄鶏が鳴きだすだろう」
これを聞いた人々は大笑いしますが、それでもその雄鶏の丸焼きのご馳走に
手をつけないで、明朝まで置いておくことにします。

翌朝、処刑の時間が来たとき突如として、テーブルに載っていたご馳走の雄鶏が
起き上がり、「コケコッコー!」と鳴いたのでありました。
裁判官は即座に男の無実を悟り、自分の判決を翻したのでした。

数年経ち、ガリシア人の男は再びバルセロスに立ち寄り、自分の信仰に応えてくれた
聖母マリアとサンチアゴを讃えるために十字架を掲げる石碑を建てたということです。
その石碑は現在もバルセロスの町に残っています。

と言う訳で、これがガロが「真実の証」と言われる所以なのですが、色鮮やかな
バルセロスのガロは、現在ではポルトガルの土産物屋では、飾り物、栓抜き、
テーブルセンター等等、色々なものにこのデザインが使われ、大小も様々です。

そうそう、日本では恐らく一箇所、このバルセロスの雄鶏の一番大きいのが、
所沢市小手指の北中小学校で、見られるはずです^^
なんとならば、我が息子がこちらの学校を少し早めに夏休みし(笑)、小学校
2年生の時に、北中小学校で約1ヶ月間、海外からの体験入学生として受け入れて
いただき、そのお礼にと、わたしが置いて来たものなのです^^

★よかったらランキングクリックお願いします^^




関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
おっガロが出てきたぞ~
ガロの置物、大きさの違う物7種飾ってあります。
大きさがダブっているのもあるし、8個です。
人にあげたりもしたから・・・

初めて訪れた(初めての海外出張だった)際、
言葉もそうですが、ガイドブックを読み、
お土産は「ガロ」じゃあーーと決めて、
ポルト空港で買ってきました。
2度目に行った際は、サイズがダブらないように
注意して^^;違うサイズを購入。

なぜか、風景とかの写真は撮らなかったのです。
撮ったのは、オジサン達の働く姿とか・・・
今思えば、余裕も無かったんでしょう(^^ゞ

2度目、今度こそ写真をと最終日。
霧が・・・(T_T)
なので、ガロの置物は
形として残っている、大切なものになっています。
2006/05/08(Mon) 22:35 | URL | マー | 【編集
こんにちは。遊びに来てみました。
そうですか。「ガロ」知りませんでした。
それにしても、愛らしい。

もうすぐワールドカップですね。

又、遊びに来ますね☆
2006/05/09(Tue) 00:52 | URL | tama | 【編集
マーさんへ
おお!たくさん持って帰ったのですね^^
毎度ありがとうございます!(笑)

わたしはここへ来た最初の頃は、
「なんだ、あの鶏・・変なの」@@などと
思ったりしたのですが、これが、オリーブの
実のつけもの同様、病み付きになって
しまったのでした(笑)

あまり大きいのは、いまでもどうも好きに
なれませんが、ちっちゃいのは可愛い^^
爪楊枝入れなどもおもしろいですね。

ポルトは深い霧になることも結構ありますから、
残念でしたね。
もうこちらへ来ることはないのでしょうか。
ポルトの空港、見違えるようになりましたよ。
前のように寂れた感じはすっかりなくw
モダンな空港に様変わり。
市内へのメトロも貫通。こういうところは
とても便利になりました。

いつかアキ君連れて、いらっしゃい^^
2006/05/09(Tue) 16:26 | URL | spacesis | 【編集
tamaさん
いらっしゃい^^

ワールドカップ、こちらではそろそろ盛り上がり
助走が始まりました^^
4年に一度の国同士のこのお祭り、楽しみですね。

イギリスもなかなかのサッカー狂^^;
そちらはどうでしょうか。

2006/05/09(Tue) 16:31 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 今日は木曜日ということで、バルセロス(ポルトよりも北に位置する)に行ってきました。というのも、木曜日にはポルトガル最大級の市場がバルセロスで開かれるからです。  バルセロスといえばポルトガルのお土産でちょくちょく目にするあの鶏の聖地です。…、じゃな...
2009/08/21(Fri) 05:56:23 |  33Qのブログ@ポルトガル
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ