FC2ブログ
2006年5月8日

ドウロ川を挟んで、ポルト市側を「cais da Ribeira」(cais=波止場 ribeira=川岸)と呼び、
ガイア市の対岸を 「cais de Gaia」と呼びます。
ポルトの旧市街でも、わたしは特にこの川べりの景色に魅惑されて何度も訪れます。
古くからのポルトの人々の生活の匂いがします。
ribeira

最近、亭主の働くサン・ジュアン病院からポルト旧市街を通って、川にかかるドン・ルイス
一世橋を渡り、ガイア市に入るメトロが貫通しましたので、今日は、近くのサン・ジュアン病院
に車を乗り捨て、メトロでリベイラまで行ってきました。

このメトロの切符ですが、システムがややこしい^^;

一度買い求めてメトロに乗ったら終わり、と思い捨てていたら、とんでもない!
最初に買った切符は行き先までの料金に50セント(約75円)多く払うとこになっているのだ
そうです。
一度買ったその切符は、ボロボロになるまでずっと使うことになります。

つまり毎回切符を買わずして、一度入手した切符を機械に入れ、行き先を押すと料金が出る。
料金を入れると、またその切符を受け取り、メトロに乗る時は、マジックチェッカーに切符を
かざしてOK。メトロ駅改札はすべて無人です。
ズボラな人とか、すぐものを失くす人は、毎回切符を買う度に、50セント多く払うことになる
のですね(笑)
なんとまぁ、めんどくさい。

この切符「andante」(=アンダンテ)と言うのですが、今日病院の路上メトロ駅で世話好きな
おじさんに捕まり、(わたしはこういう日はツーリストに変装です^^みなさん、親切にして
くれますからw)、懇切丁寧にご講義いただきましたです。

「切符をこの機械に入れてみな。ほれ、画面に書いてるだろが。1時間以内だったら、行きの
料金でここまで帰って来れるぞ。1時間を過ぎたら帰りは同じ料金を払わないかんのだ。
わがったか?」^^
おじさん。。普通ツーリストは、ポルトガル語わからないんだど・・・^^;と思いながら、
「オブリガーダ!」と言ってメトロに乗りましたら、すぐ、
「どちらまで行くの?」と後ろから英語で女性に声をかけられました」
振り向くと親切そうな中年女性です。(わたしゃ、グラサンかけてますから、むこうには歳は
わからんでしょw)

「切符、大丈夫?ポルトの切符システムは、とてもややこしいの。
ほんとにもう、ポルトガルなんだから! リスボンはもっとシンプルなのよ」@@
おいおい、おばさん^^;
「Thank you~」と余計な事を言ったら、ここでもおっつかまってしまう。
さっさと別車両へ^^;外での人との交流も大事ですが、話をすると周りが見えなくなる
ものですから^^;

メトロは新しいのでとても乗り心地よし。半分は外を走るわけですからこれまた景色よしで
あっという間に、旧市街です。
もっと利用客があっていいと思ったのが意外でした。

1時間でダーッと歩いて帰るには、坂道もありますし、せっかく来たリベイラ、川べりに少し
座るなどしたら、無理です。
で、それは諦め、たかが85セント(約130円)、ゆっくりしてリベぶら(リベイラぶらつきw)、
帰途につきました。

旧市街のメトロ駅は地下に降ります。
ふむふむ。マジックチェッカーにかざしましたら、
「1時間はとっくに過ぎたから、もう一回金払え」と出ましたw
さっさとメトロに乗り、座るのをやめてつったっておりました。
するとすぐ外へ・・・・あれ?来た時は地下だったと思ったが・・・
ぬぬ?城壁ではないのん、これ?あったっけ?ポルトに・・ribeira-morro

途端に分かった!しまった!反対方向やんか~~~@@
ドン・ルイス一世橋を渡ってガイア市に入っちまった(笑)

降りた次の駅からの眺め、これまた絶景なり。
ribeira-metro


デジカメ探検隊、しっかりカメラに収めてきました。

★よかったらランキングクリックお願いします^^




関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
コメント
リベぶら(笑)
「リベぶら」(笑)…思いがけずガイア市まで見てきて
収穫大!でしたね~^^
しかし、spacesisさん、ポルトに四半世紀も住んでいるくせに、
都合が悪いときは今もツーリストになりすますの?(笑)
spacesisさんにしても、きゃしーさんにしても、
異国に住むとたくましくなりますなぁ^^!

そう言えばね、すぎさんも読んだって言ってたけど、
私もようやく「ダヴィンチ・コード」読みました。
2日かけて一気に^^
(…って、仕事どうすんねん! いいや、仕事は明日からで…笑)
2006/05/09(Tue) 23:53 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
かんちがいさんへ
あははは。たまには仕事をほったらかしにする
くらい、読書にのめりこんでもいいわよね^^
わたしはしょっちゅうやってますけど^^;

東洋人はめだつのです、ここではw
で、大人しく観光客やってます~(爆)

一つには、よく英語で話しかけられるのですが、
それがね、いちいち、「ポルトガル語分かりますから
ポルトガル語で」というのが、もうめんどくさく
なったのです。
英語の話しかけに対してこちらはポルトガル語で
応えても、ずっとなまりのある英語で話し続けるし・・・
もう、ええねん^^;
皆様のご期待に沿いまして、観光客でまいりまするw


2006/05/10(Wed) 21:41 | URL | spacesis | 【編集
全ては
そう、これらの風景にガツーンとやられちゃったのであります。
ドウロ川のこの風景は、車で移動しながら計4回(うち1回は霧)
夜景も含めて、
吸い込まれそうな景色。
そして、ジョアキンおじさんがOK!
なのも判りますね~(~_~;)
がんばれ、おじさん、いやもう、頑張らなくて良いのか^^;

最後は03年10月、色々変わったんでしょうね。
たしかETCは近隣諸国に比べ、整備が早かったとか・・・?

今後、行く機会はある筈です。まだ高度な補修を教えてませんから。ただ、後輩もSVとして育っていますので、あとは時の運?かも知れません。
あー、宝くじ当たんないかな(^^ゞ
2006/05/14(Sun) 22:11 | URL | マー | 【編集
まーさんへ
旧市街は変わっていませんが、それでもメトロの乗り入れで外観に少し変化が見られますね。

あと、目下ポルト市庁舎をてっぺんにした大通り、Aliados、鳩の群れが集まり市民の憩いの場にもなっていた、真ん中を走るグリーンベルト、
これが工事中です。

どんな風に変貌するのか、やたらモダンにしてしまったら、周りにある古い優雅な建物とマッチしなくなりますから、ちょっと心配ですね。

こちらへお越しのチャンスがおとずれましたら、是非ご一報を!
2006/05/15(Mon) 17:15 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ