FC2ブログ
2009年9月29日(火)
日光江戸村7
日光江戸村入場券こと「通行手形」
 
日本に着いた時は時差ボケがたった一日で抜け、翌日からせっせ
と予定の行動開始に入っていたのですが、ポルトに帰るや、これが
なかなか抜けきらないのが毎回のこと。

明け方3時4時に起き上がり、眠れない、いや眠いとふらふら幽霊の
ごとき風体で家の中をさまよっており、まだ周囲に目を向けることが
できない頭脳状態が正直なところです。

ポルトガルと日本の時差は目下のところ8時間ですが、日本は8時間
先に行っているので、日本へ向けて飛行するのは未来に向けて飛ぶ
ということですね。
逆に、日本からヨーロッパへは過去に向かって飛行することになりま
す。未来に向けて飛び立つのと、過去に引き返すのは、思考的観点
からも違いますものね。
行きと帰りの疲れはこの辺にあるのかな?ふとそう思ったりしますが、
それともこういう違いはわたしだけかしら?

さて、トピックの「黄門さま、助さん格さん連れて日光へ」。

帰国する前に夫が「母子三人でどこか旅行しなさい」と一泊旅行の
プレゼントをもらい、自費では子供たち、恐らく行けまいと候補地に
京都をあげてみたのですが、どうも時間的経費的に厳しい。

一泊旅行なら関東に限る、というので、自分がまだ行ったことのな
い日光東照宮をあげてみた。
しかし、日本歴史に疎い我が子たち、これだけでは面白がらない
だろうと、日光江戸村をコースに入れて見ました。
大の大人3人が、わたしの日本滞在中に「江戸村」を楽しんで参り
ました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

↓お供の助さん格さん(笑)ですが、お調子者の助さんこと我が息子、
日光江戸村5

北千住から特急スペーシア列車内ではず~っと格さんをからかい
続け、格さんいい加減ふくれておりまする。

さて、江戸村アクセスとなる、降りたのはわたしたちだけの小さな
新高徳駅で下車と相成り、改札口を出ようかの段、助さん息子、
突然「あっ!」と声あげ、「いけね、切符がねぇ!」と今降りたばかり
の向こうホームの電車めがけて、階段上って突っ走る。

「いつものおふざけだね、ったく。」と言う女黄門さまに、格さん言う。
「いや、あれは本物だ。必死で走ってるもの」・・・・

あぁぁ、しかし、公共交通機関時刻も含め何事も「まぁ、いいではな
いか」のポルトガルと違い、非情なるは発進する日本の電車(笑)、
助さん後に残し行ってしまった。

すごすごと引き返してくる助さん息子に、女黄門さま、
「おアホ。だいたいがいい歳して、昔と変わらず、妹をからかって
喜んでおるから、こういうことになる!」

で、無いのは切符だけかと問いただすと、
「切符と財布とケータイっす・・・」
財布の中には、健康保険証、ポルトガルのIDカード(ポルトガルで
は常時携帯すべき身分証明書)が入っていたと言う。

こうなると、「おアホ」が「どアホ」になりますって^^;

横で一部始終を見ていた改札口の駅員さん、座っていた指定座席
番号を書きとめ、即、たった今発進した列車に電話連絡。
しばらくして、
「ありましたよ。落ちてたそうです。申し訳ないですが、終着駅まで
受け取りに行ってください。」
・・・・・・・・・・・

てな訳で、行く予定もなかった「鬼怒川温泉駅」まで行く羽目に!

子供たちが小学生の頃は、長い夏休みには車で随分あちこちを家
族旅行したものです。
ポルトガル国内はもちろんのこと、マドリッド、バルセロナ、サンタン
デール、アンドラ王国からピレネー山脈を超えてフランス、果ては、
ジュネーブと、ヨーロッパは陸続きとは言え、今振り返ればまったく
よくできたものだと思いますが、それらの道中、車の後座席で、
モイケル娘をからかう息子の度が過ぎるのに、
「こら!いい加減におし!」と、幾度車を急停止したことだろう・・・

あの頃と変わらぬ成長のない助さん息子には、女黄門様も叱るの
を忘れ苦笑の至り。

どなたか、しっかりした日本のお嬢さん、紹介してくれないかしら
ん^^;

以下、日光江戸村の写真を一部、ご紹介。

日光江戸村2
江戸村入り口。

日光江戸村2
入り口で控えるお侍。カメラを向けたらポーズをとってくれ、手に持つ
脇差を「持ってご覧」と言ってくれました。刀というのは、結構重い。

日光江戸村6
江戸村内。

日光江戸村3
旅籠(はたご=昔の宿)の前で。助さん、ここでもおふざけ顔^^;

今日も長いブログを読んでいただき、ありがとうございます。
よろしかったらあちこちに配置してありますランキングのクリックを
お願いいたします。
関連記事
コメント
血は争えない(ぷぷぷ
どうもお兄ちゃんの方にママの血が強く出てるようで(笑)

でもすぐ見つかって良かったね。

>いいお嬢さん
は、お兄ちゃんの舌が日本人なら日本人、
ポルトガルかイギリスならヨーロッパ人、
になるのかな?たぶん胃袋捕まえるのは
世界共通かと思うので(^_-)☆
2009/09/29(Tue) 17:37 | URL | なみ | 【編集
ぷぷぷ
黄門さまより、うっかり八兵衛の方がキャラ的に・・・( ̄◇ ̄)。
2009/09/29(Tue) 23:20 | URL | ゴッチ@大阪 | 【編集
常連さんのコメントが・・・!
日光へは2回ほど行ったが江戸村は残念ながら体験してないな。
で、江戸村体験の感想は?
ちゅうも最近大失敗をしてます。それは後ほどブログにでも紹介しようかな。
でも、仲の良い兄妹だね。写真の表情が物語っているね。
2009/09/30(Wed) 01:22 | URL | まったりちゅう! | 【編集
>なみちゃん

男友達はたくさんいるようですが、あの調子で
忙しい生活をしていたら、ガールフレンドは難しいと思われ(笑)

息子は食べ物の国籍にこだわらないみたいよ。
わたしのいまいち苦手なトロも喜んで食べてます^^

>ごっち

うっかり八兵衛て、なんでんねん!
ま、言えてるが・・・^^;

>ちゅうさん

江戸村、わたしたちは結構楽しみましたよ。
まだ全部紹介していないのですが、江戸村内の
劇場、水芸、花魁、遠山の金さんが面白かった!
特に水芸と花魁の衣装は素晴らしかったですよ。
近々ご紹介いたします^^

で、ちゅうさんの大失敗とは?楽しみよ!(笑)
2009/09/30(Wed) 13:45 | URL | spacesis | 【編集
うっかり八兵衛
水戸黄門の登場人物やん(^ ^;ぐぐってみたら(Googleで検索してみたら)、わかるよ( ̄◇ ̄)。
2009/09/30(Wed) 22:21 | URL | ゴッチ@大阪 | 【編集
もう、どうしてお約束のように、いつも珍道中なの~?!
鬼怒川温泉駅まで行くはめになったくだりで、声出して
笑っちゃいましたヾ(@^▽^@)ノ

それにしても、お子たちとの小旅行に、江戸村を含めて
日光とは、なかなか良いコースを考えましたね^^
何たって、「日光見ずに結構と言うな」ですものね。
私は日光は何回か行っていて(息子たちが小さい頃には、
義父母ともども出かけたり)、でも、江戸村には一度も
行っていないの。
(鬼怒川温泉の東武ワールドスクエアには行ったけど。)
この記事読んで、ちょっと行ってみたくなったわ^^

我が家は、子供たちが大きくなってからは、家族旅行を
全くしていません。
(鹿児島に帰省するだけでも、旅行なみの時間と費用が
 かかるのも一因なんだけど…(^^;)
でも、うちも、たまには子供とも旅行しなくちゃ…。
そんなことも思いました。

ジュアン君ともいけるちゃんの写真、先日も拝見したけど、
大きい写真で見ると、お二人とも、どことなくspacesisさん
に似ているわね。
お子同士は、そんなに似てないようなのに…不思議だわ^^
2009/10/01(Thu) 10:10 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
>かんちがいさん

村内は江戸情緒もあり、散策もできましたよ。

それと、後ほどご紹介するのですが、花魁、水芸、お化け屋敷や、
小さな劇場もあって、これがまたわたしには面白かったです。
(ワールドスクエアの前を通って、バスで鬼怒川温泉駅へ
行きましたっけ^^;)

ところで、鹿児島帰省のかんちがいさんの記事をよく拝見
しますが、時間もさることながら国内移動でも日本は本当に
費用がかかりますね。

ヨーロッパでも同様だと思います。ですから、家族旅行は
ドライバーのお父さんが元気なうちは陸続きのヨーロッパ、
ほとんどは車での移動です。

以前の記事で、かんちがいさんとお嫁さんが交通費をお互い
渡し合いしているのを呼んで、思わず微笑んでしまいました^^

今回はほぼ毎日のように電車を使いましたので、足代に
合計数万行ってます(笑)
それと、思ったのは、コーヒー代の高いこと!

滞在中2度ほど子供たちと居酒屋へ行きましたが、特に息子が
幼いときから、成人になった暁には、是非母子で日本の炉端で
飲んで、人生の何たるかを語り合ってみたいというのがわたしの
密かな夢でして、今回はモイケル娘も加わって、それが叶いました^^

もっとも昔と違い、今ではわたしはすっかりお酒をあまり飲まなく
なり、息子の方がわたしより強い。
親子して飲みながらの「人生論を闘わす」まではいきませんでしたが^^

成長した(歳だけねw)子供たちとの旅行も案外いいものです^^

ところで、こうしてまたブログ上でのお付き合いに戻りましたが、
今回の再会に懲りず、今後とも宜しく、末永いお付き合いの
ほどを!^^

>ごっち

うっかり八兵衛、し、知ってるわ~^^;
黄門様抜きの道中ってことになるね(笑)
2009/10/02(Fri) 15:53 | URL | spacesis | 【編集
ああ、そっかあ(爆
黄門様の衣装は金色(黄色?)だったもんね。
赤ではなかった(もごもご)。

だから黄門様抜きなのね(ニヤニヤ
2009/10/03(Sat) 21:34 | URL | なみ | 【編集
>なみちゃん

赤ってなんの赤でんねん?と、
とぼけてみたり(笑)

2009/10/05(Mon) 06:39 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ