FC2ブログ
2009年10月6日
 
思春期から、そして大人になってからも、海外文学に親しみ、読み
漁った本や詩集は数知れず。
好きな詩人はと問われれば,迷わず「ジャック・プレヴェール」「ギヨ
ーム・アポリネール」と先ずは答えるのですが、音楽も同様、邦楽
よりも洋楽を好み、昔なら「西洋かぶれ」と言われたに違いない
わたくし。

しかし、ひばりさんの「柔」や井沢八郎の「ああ、上野駅」等の演歌
にも心惹かれるところがあり、時代劇や歌舞伎のお決まりのセリ
フも実は大好き^^

これは幼い頃の自分の環境と、和洋折衷好みの母の影響でもあり
ます。言うなれば、日本人としての「三つ子の魂百まで」のわたし
の部分でしょうか。

3週間の今回の日本滞在で、日本に住む子供たちと3人、日光江
戸村へ家族旅行して、一番喜んでたのは実は母親のわたしだった
りして(笑)

江戸村1
日光江戸村内では、こんなお侍の姿も見られ、時間をうまく使いこ
なせば、村内の数箇所の劇場も見て回ることができる。

下は雨さえ降らなければ観劇できる野外劇場。今回は「ねずみ
小僧」。ユーモアもあってなかなか面白かった。
江戸村2

一緒に見ていたモイケル娘、「なに?ねずみ小僧って?」
「諸説はあるけど、金持ちの大名屋敷から小判を盗んで、貧乏人
にそれを施したという、まぁ、いわゆる義賊と呼ばれた江戸時代の
大泥棒、ねずみ小僧次郎吉さんよ」

こういう時代劇のことなら任しとき!と、おっかさん(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

↓入った村内劇場のひとつ、お大尽(だいじん)の花魁(おいらん)遊び。
江戸村5

花魁もさることながら、その豪華絢爛な衣装の美しいことったらない!
江戸村4

思わず、「きれいやなぁ~」と声に出さずにおれませんでした。
西洋宮殿女性の衣装も素敵でしょうが、花魁衣装には適わない
気がしますね^^

ちなみに、ここでのお大尽は観客の中から一人選び出され、
「苦しゅうない」「よきに計らえ」のセリフを言わされる(笑)

こちらは、「水からくり」こと江戸伝統の水芸。
江戸村6

こうして見ると、赤色は実に日本的な色のような気がします。

そして最後がこれ!ご
存知北町奉行、遠山金四郎「お白州」の場面。
江戸村7

ありもしない嘘で言い逃れようとする悪党どもに、出た!胸のすくよう
な金さんの啖呵(「たんか」と読むのだよ、我がモイケル娘よ。笑)!

江戸村8
「おうおうおう!!!あの日あの時あの場所で、うぬらの悪の一部
始終、この遠山桜がしっかと お見通しなんでえぃ。おぅ、これでも
しらぁ切ろうとでもぬかしやがるのか!? どぉなんでぇい。
さっきまでの威勢のいい剣幕、どこいっちまったんだょおぅ!」


カッコいい~~(笑)

こういう訳で、入場料4500円は少し痛いけど、よしとしましょ!
日光江戸村ホームページはこちら

また入場券は江戸村ホームページで「手形割引」をプリントアウト
して持参すると10%割引になります。
我ら親子3人で1350円の節約になりました^^

最後に、よろしかったら「spacesisのポルトガルよもやま話第31話
「遠山の金さん」も読んでいただけたら嬉しいです^^

本日も長いブログ日記をお読みいただきありがとうございました。

関連記事
コメント
懐かしい!
子供の頃、裏の観音様のお祭りで水芸を見ました。
太夫が扇子を翳すと、あちらこちらから水が噴水のごとく噴き出すのを、驚きの眼で見ました。
昔は東映撮影所や日活撮影所に仕事で行き
江戸時代のセットを興味深く見たことありますね。
お子さんたちも良い思い出となりましたね。
「梅がだめ~!」は笑えた。
昔レストランで指を洗う器を口に運んだ男を見ました。
決して、ちゅうではありません。
2009/10/07(Wed) 19:02 | URL | 切磋琢磨ちゅう! | 【編集
日光江戸村、入場料はちょっと高いですが面白そうですね!
実は私、子供の頃は時代劇大好きで時代劇を漫画(子供用の番組)と思っていたぐらいでした(笑)

前の記事「梅はダメなんです・・」
笑ってしまいました。こういうのって実際生活の中で接しないとわからないですもんね~。
2009/10/07(Wed) 23:34 | URL | tulp | 【編集
>ちゅうさん

昔とは言え、観音祭りで水芸が見られたなんて、さすがお江戸ですね!
わたしは始めてでしたよ。
ステージが色鮮やかでとてもきれいでした。

指を洗う器で水を飲んだのはちゅうさんじゃないのね(笑)
アヤシイ・・・・(笑)

>tulpさん

時代劇がお好きとは意外や意外!
なんて言いながら、わたしも案外そう見られていたかも
知れません^^;

わたしの子供の頃は時代劇の全盛時代、大河内伝次郎、
中村錦之助、大友柳太郎、大川橋蔵、市川雷蔵などなど、
挙げたら切がありません。って・・・tulpさんは知らないか^^;

ラングドック地方、いかがでしたか?なにか
面白いシンボル、
目につきませんでした?^^
2009/10/08(Thu) 03:20 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ