2009年10月26日

昨日からポルトガルは夏時間から冬時間に移行し、日本との時差
がこれまで8時間だったのが9時間になりました。

つまり、夕方で言うと暗くなるのが早まるということです。
元気な夏は終わり、日暮れ時がセンチメンタルな、母恋し、子が
恋し、友恋し、こんな風に人恋しい季節でもあります^^

さて、昨日に引き続いてシントラのモンセラー、今日は宮殿の案内
です。

Monserrate500-1.jpg
なだらかな芝生の丘の上建つエキゾチックなピンクのドームを頂く
モンセラー宮殿。この写真はwikiより拝借した宮殿裏庭園。

と言うのは、この芝生の丘は森の道から入れるのですが、道徳的
に「芝生に入るべからず」がしっかり頭に染み込んでいる日本人の
わたしはここを避けて周り道して横から宮殿バルコニーに入ったの
でして(笑)よって、一番美しいモンセラー宮殿と裏庭の全容写真
が撮れなかったのであった^^;
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

モンセラー宮殿2
この石階段をのぼって宮殿のバルコニーに。     

モンセラー宮殿3

        モンセラー宮殿7

    イスラム文化の香り漂う宮殿の優雅な窓。↓
    モンセラー宮殿4

インドに造詣が深いイギリスの大富豪フランシス・クックは朽ち果て
ていた館にイスラム文化の影響を受けたイン・ムガル帝国建築様
式を取り入れ華麗に改築、ここを一族の住まいとした。
モンセラー宮殿5

↓写真は八角形の入り口ホールからミュージック・ルームにつながる
 ピンクの大理石柱の廊下。宮殿内のイスラム建築の華麗さを目前
 にして、ただため息が出るのみ。

モンセラー宮殿6
モンセラー宮殿内は現在も一部修繕中で、内部撮影は禁止されて
いる。上の画像はwikiより。

明日は不思議なモンセラーの森のボタニックコースをご案内します。
コメント
苦労で咲かす夢の花
 至り着く辺の無い愚痴ばかりで、花が咲きましぇ~~ん(=_=)

モンセラーの森と宮殿!繊細なレリーフ!イベリアの緑の風を感じます。神虎‥ポルトからはチト遠いです、が、税関のリスボンからはイト近く、足が延ばせそうです(p_-)。道すがら、ゴォ~ツッイ!ポルトガル煙突?があります、シントラ国立宮殿へも。

高倉健!曰「宗教と人種の話題はタブー」では無くて「ポルトガルが一番好き」でした。パシュテイシュ・デ・バカリャウ!美味ちそぉ~う!さぁて、安心して‥‥再び眠りに落ちます、ぞ。
2009/10/29(Thu) 03:10 | URL | 非行左衛門 | 【編集
>非行左衛門殿

あっははは。確かにリスボンの税関からはぐんと近いシントラ^^
シントラはこの追っかけテーマで何度か足をを運んでいます。
そのごっつい煙突も宮殿の台所から見てきましたよ。

バカリャウは百種類以上もの料理の仕方があると言われるほど
様々な料理があります。

ところで、高倉健さん、そんなこと言ってたのですか?^^
2009/10/30(Fri) 16:36 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村