FC2ブログ
2009年10月29日

モンセラー公園入り口。門柱の上には森を護衛するかのようにベック
フォードの「gargoyle(ガーゴイル) と呼ばれる異様な怪物「キメラ」
が一対立っている。 
モンセラー森1

レガレイラ宮殿、パリのノートルダム寺院もそうだが、ファンタスティックな
gargoyleはゴチック建築にはつきものだ。
モンセラー森2

巨大な岩戸「バセック(Vathek)の門」。ゴチック作家ウイリアム・ベック
フォードの著書「Vathek」から来る。

モンセラー森3
ベックフォードの東洋趣味に基づく、ムスリムのVathekを主人公にした
この小説は、当時のヨーロッパ社会からすると異教的であり、発表当
時はスキャンダルになったと言われる。

モンセラー森4
森の中で見られる「ベックフォードの滝」。

モンセラー森6
16世紀にスペイン・モンセラー修道院の「黒いマリア」への奉献として
建てられたカペラ(礼拝堂)の跡。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

↓クロムレック(Cromlech=列柱の上に乗せた大きな平石を言う)。
 太古の人々が信仰のために作った古代の遺物。これら、モンセラー
 のクロムレックは18世紀末、ベックフォードが作ったと言われる。
モンセラー森5

シントラが太古の昔から神聖な山とされてきたことを考えると、ベック
フォードがこうしてまがい物を作らずとも、この「月の山」には本物の
クロムレックがないとは言いきれないだろう。
モンセラー森7

モンセラー森8
クックが直接インドから持ち込んだ石造物。↑「インドの門」門の周辺
にはこういうもの置かれている↓
モンセラー森9

モンセラー森10

モンセラー森11
休憩所の側の「丸石の家」もおもしろい。

シントラの「月の山」は、ローマカトリックが敵視してきた異端と関連
するのではないかとようにわたしは推察しているのである。

ベックフォードも、バイロン卿も、フランシス・クックも、更に言えばキン
タ・ダ・レガレイラの主だったアントニオ・カルヴァーリュ・モンテイロも、
シントラに集まる著名人たちには一癖二癖あり、クリスチャンを装った
異端教、錬金術崇拝、フリーメーソンへのつながりが見えてくるので
ある。

近々、再び「レガレイラの森」の考察に入ります。

今回は3回に渡ってspacesisの道楽にお付き合いくださり、ありがとう
ございます。

関連記事
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
狛犬!鯱!鬼瓦!シーサー?羽根が無い!
 ガーゴイル!パリの大聖堂にも‥‥

【インドの門】の向こうは藤の花【丸石の家】は、近代物?接合剤はセメントです、か。

1931年 福岡生 明治大学卒業 伝説の不器用なポージング さすらい人 『高倉健』の「ポルトガル好き」は、超~~有名です。特別【カスカイス】或いは【サンタクルス】が御好きな様です。

ポルトガルを旅の終わりとした?沢木耕太郎『深夜特急2』の巻末『高倉健』との対談でも話が弾んでいる、らしいです。

高倉健のエッセイ集『あなたに褒められたくて』の中で、夕陽のロカ岬、村はずれのカフェで絵葉書を認めた‥‥が、絵葉書は投函されなかった‥なぜに。また、同時期に、カモンエスのエエトコ取り?宮本輝の『ここに地終わり海始まる』にも似たような件がある(=_=)。勿論【最西端到達証明書】発行帳簿に『高倉健』の名は記されている、そうです。

因みに、高倉健の好きな言葉は「28番の路面電車」‥惜しいけどチャウ!「寒青」です。漢詩で言う「冬の松」やそうで‥流石で御枡。
2009/10/30(Fri) 21:52 | URL | 非行左衛門 | 【編集
秋雨?
いよいよ明後日の月曜日にポルト出発です。今週の天気はよかったみたいですが、来週の予報は曇り/雨。。おまけに気温もいっきに下がるみたいで、これではまるでロンドン!週の初めは少し田舎に逃げて、週末をポルトで過ごそうとかいっしょに行く彼と話し中です。2-9日の間でなにか面白いイベント等あればぜひおしえて下さい。残念ながら14日にはもう帰国してしまっていますが、展示会ぜひ成功させて下さい。すごいですね。きっと思い出の品がたくさんお家にあるんでしょうね。うちを見回すと日本らしき物なんて、おたまと酒枡ぐらいです(笑)。
2009/11/01(Sun) 00:17 | URL | tsuggie | 【編集
>非行左衛門殿

沢木耕太郎氏の 「深夜特急」は昔からよく知られて
いるようですね。
どういうことが書いてあるのかな?と思うものの、
実はまだ読んでいないのです^^;

健さんがポルトガルファンだというのも、教えていただき
今回初めて知りました^^;

この頃時々思うことですが、世の中のこと、内側から見るのと
外側から見るのとは、色々違うものなんだなぁ・・・と。

ポルトガル然り、我が母国然り。勉強することが
死ぬまでに追っつかないくらい、山ほどあります^^

また色々お教えください^^

>tsuggieさん

おとといは朝焼けが美しかったので、あ、これは天気が崩れるかな?
と思っていましたらどうやらそのようですね。
今週の予報は雨と出ました。
これもあまりあてになりませんが(笑)

ただ、もともと11、12月はポルトはかつては雨季だったのです。
それが近年は少し気候が変わってきたように思います。

14日までいらっしゃらないのは残念ですね。
でもロンドンの展示会とは比べ物にならないほど小さな小さな
展示会です。

思い出の品と言うより、日本恋しさにポルトに持ち込んだ
物がほとんど、埃をかぶって眠らせておくにはしのびない、
ということで^^安物ばかりです(笑)

ポルト市のサイトで面白そうなイベントがないか、見てみましたが、
いまひとつです^^;

お天気、予報が外れるといいですね!

2009/11/01(Sun) 03:24 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ