FC2ブログ
2009年11月6日

希望は向学心の源泉である(by spacesis)

2年半も前に卒業した息子の大学卒業証書が昨日届いた。
 
     卒業証書3
↑証書が入っていた金属製の筒。リスボン大学のロゴマークが
  ついている。

いやもう、さすが、何事もゆったりのポルトガルであると思ったの
だが、証書のことをすっかり忘れていたわたしもかなりポルトガル
化したものだと、変な感心をしている(笑)

ポルトガルの大卒証明書は、発行に100ユーロほど払わなければ
ならず、即座にはもらえない。
半年くらいかかり、生徒が受け取りに行くのが通常なようで、息子は
どうやら受け取りに行くのを忘れていたらしく、今日まで受け取り主を
待って放ったらかしになっていたのだ(なんちゅうことを^^)

本人は目下日本にいるので、変わりにわたしたちが開けて見た↓

卒業証書1
     
証書は全てラテン語で書かれており、当人の名前は当然のこと、
その次に「誰々の息子」と、両親の名前も記されている!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

うわ!これは嬉しい^^ この証明書は6年間も息子の経済的サポー
トをしてきた親の証明書でもあるがな^^と喜んでいるわたしである。

卒業証書2   
水色のリボンは理学部を表し、銀の印章は終了したコースのロゴ
でしょうか?

わたしは日本の大学卒業証明書を見たことがないので違いが分か
らないが、似たようなものだろうか?(と書いて、モイケル娘の卒業
証書をまだ見せてもらっていないことに今気がついた、なんとものん
びりな親ではあった^^;)

さて、世は「資格」の時代で、大学、専門学校などのように数年かけ
なければならないのから、短期間学んで意外と簡単に手に入れられ
るものまでたくさんある。

山ほどの種類で、どれにも共通する事がひとつある。
それは、資格コースのための学資です(笑)
子をサポートできる経済力のある親を持っているなら、子は幸運です。

資格云々に限らず、お稽古事、趣味もそれ相応に資金はいるものだ。
わたしは若い頃、親元を離れて大阪でアパート暮らしをしていたのだ
が、親元から通うのと違い、若い女一人が働いて生活するのは経済
的に厳しいものだった。
田舎の両親は自分たちの生活でキチキチなのを知っていたので、
「今月は足らんから、ちょっと金送れ~」とは、口が裂けても言える
わけはなかった。

若い美空なのに、化粧品も衣服もあまり買えなかったのだが、えさ
代がかかる猫だけは野良を拾い上げてしっかり飼っていた。
そして、今、東京で我がモイケル娘のしているのは、遠い昔の自分
と似たようなことだと気が付き一人苦笑しているのである。

そうです、都会で一人暮らしのモイケル娘、兄貴と同居しているとは
言え、二人とも金銭面はきちんと分けて、薄給の彼女は3匹の猫の
えさ代やらもあるので、なかなか苦労しているようだ(笑)

9月に様子を見にわたしは3週間ほど帰国してきたのだが、曰く、

「化粧品代に金かかるから、今はスッピンで出勤だぁ~」(爆)

わたしがポルトガルに帰りしな、一緒に成田空港まで見送ってくれ
たのだが、出掛けに靴に足を入れたら、足の甲に被さる所が裂け
てしまった。
「あらら、モイケルよ。これは会社に履いていけんぞな。
 ひとつ買わんと」
と言って来たのだが、つい先ごろ、メッセで話した折に、靴はもう買
ったかと聞いたら、
「後一ヶ月したらボーナスが入るから、その時に買う~」・・・

おいおい、モイちゃん、まさかあのまま履いて行ってるんじゃぁない
よね^^;足元、目立つのだぞ。

あれもしてみたい、これもしてみたいと夢見たものの、わたし自身、
大学どころか稽古事のひとつも、経済的な理由でできなかった。
英語学校も一時通って見はしたがお金が続かず、結局途中で止め
て、後はひたすらコツコツ独学の日々だ(笑)

食費だけを入れ、残りの給料は自分の好きなようにできるという自
宅通いの同僚を見ては、少し羨んだことががなかったと言えば嘘に
なるが、あの頃わたしには「一人自由」があったと思っている。
自由が孤独と表裏一体であることもそのとき知った。

話が横道にそれたが、そのようなモイケル娘の状況から、本人が
自費で稽古事などの余裕がないのは分かる。
そこでおっかさん、助っ人したいと言っているのだが、今のところ彼
女は独りで「お絵かきの練習」「ピアノの練習」だ。

独学ってところも、なんだかおっかさんのわたしと似てるなぁ。
そう言えば、息子の音楽作曲も独学だ^^;

資格取得は大事な部分だが、本当に大切なのは、経験、素質、実
力、そして、その道に対する大きな向学心ではないかな?と資格証
書の類をほとんど持たないわたしは思ったりする。
もちろん、物事によりけりだが。


関連記事
コメント
鷹揚は大器の源泉 wink
    破顔微笑

リボンのロゴは表裏同一、卒業証書到来!よう御座いましたね。御喜び申し上げます。

卒業までの艱難辛苦と、までは行かなくても、些かの辛苦は御座います、もの‥御察し致します。

卒業証書・学位記は、角の朱印三つに、二行‥‥。それに致しましても、ホルダーでは無く丸筒で、ブロンズカラーの金属製「シュポッ!」と音がします。ロゴマークのプレスの跡も鮮やかに、渋い証書入れで御座います。角筒もあります、よね、ちょっぴり証書が取り出し易くて転ばない(>_<)。

さて、如何に申し候、動きませんねぇ。腐りません、ので、次回用と言う事で如何な物で御座いましょう‥‥‥や(+o+)。
2009/11/07(Sat) 23:50 | URL | 非行左衛門 | 【編集
>非行左衛門殿

動きませぬね^^;
こうなるともう果報は寝て待て(笑)
展示会は恒例にするつもりですので、今回はできなくても、
次回に出展できます。

こういうことはわたし個人では今回が初めてですが、
土曜日の職場の教材一式が留められ、新学期に間に
合わなかったということもありました。

こういう国では人間ひとまわり大きくなりまする(笑)
2009/11/09(Mon) 23:05 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ