2009年11月21日

ちゅうさん個展

「紙・神」がポエム・デ・リラに舞い降りたと謳ったタイトルでアーティ
ストのちゅうさんが、昨日から個展を開いています。

開催場所等の詳しい情報は是非、こちらで
今回は50点以上もの展示作品とのことです。うち数点は既に人手に
渡っていたという貴重な作品にもお目にかかれるそうです。

近場の方、また、ちょっと遠方だけれど時間はあるとおっしゃる
方は、是非お立ち寄りください。もちろん、日本国内にお住まいの
方ですが^^

さて、同じく「神」がらみの話題です。

W杯予選で行われたアイルランドーフランス戦、フランスが勝ってW杯
出場の切符を手にいれたのですが、もめております。

と言うのは、
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

フランスチームのアンリ、うっかり手をつかっちゃったんですね(笑)
で、ゴールで一点入ってしまった^^;

本来は勝利で喜ぶべきところが、「ハンドプレー」を審判がうっかり見
逃したのかはたまた? W杯予選や本番ともなると、残念ながら何が
起きても不思議はない!

勝ったもののどうも居心地が悪い。そこでアイルランド側はもちろん、
ヘンリーも試合のやり直しをFIFAに要請したのですが、結局のところ、
FIFAはこの要請を却下、アイルランドは再試合をあきらめるしかない
ということになりましたね。

W杯アンリ
「お前、ハンドだろ!」とする相手チームと、「あ、あれ?ゴールになっ
ちゃったのん?」の表情のアンリ君。(画像は借り物)


かつて天才児と呼ばれたアルゼンチンのマラドーナも1986年メキ
シコW杯の対イギリス戦で、うっかりかどうか知りませんが、やはり
同じようなハンドプレイをしたそうです。

審判はゴールと認めたのですが、後日、マラドーナは、
「あれは神の手の仕業であった。」と、のたもうなそうな(爆)

まったくもって、人を食った話ではありますが、サッカーの天才児
ならではの言い訳、ついつい周囲も飲まざるを得なかったので
しょう。以後、マラドーナのこのハンドリングは「神の手ゴール」と
して知られているそうな。

サッカーの激戦を見てると、時々、「あ、あぁーーー!手を使いそう
じゃん!」と見てる方も手に汗握ることがありますが、天才でも
ゴールゴールと気持ちが焦るあまり、思わず手が出ちゃうんだろか?

本番はヘンリー、「Batota!(=バトータ=いかさま)と相手チームの
観衆にののしられること、間違いないな^^;

ということで、今日はふたつとも「神」がらみのお話でした。
コメント
神々の仕業!?
ちゅうは、神ならぬ「カミ」さんのお話をば!
個展三日目です。
カミさんセッセと友達を案内してくるのですが
その都度2階の喫茶室で友達と一緒に
ランチのスープセットを食しています。
今日もそのコースです。
良いんだか!?悪いんだか!?
本日は、ちゅうのテニスの公式試合が。
通算三戦全敗!今日も強敵だす。
と、言うか皆若い相手なので・・・。
”ロートル”は静かに去るのみ?か!
2009/11/22(Sun) 08:04 | URL | いろいろに行動ちゅう! | 【編集
>ちゅうさん

あははは。ちゅうさん、「カミさん」もいましたね。

旦那の個展なればこそ、内助の功でセッセと
お友達をお連れしてるのです。
ありがたいと思いなはれ^^

で、試合の結果はどないでしたの?
わたしも今日は、自分の子供のような年齢の
若いジャーナリストをお相手に、たくさん
おしゃべりしてきました^^
まだまだ、お互いにいけますぞ!

2009/11/25(Wed) 04:49 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村