FC2ブログ
2010年1月10日(日)
 
週末の今朝、息子は仕事でアパートにいなかったが、モイケル娘としばらく
チャットして後、「ではでは、今からシャワーを」といったんおしゃべりを
切って立ち上がり、ふと窓に目を移すと、おお!雪だ!
雪

雪はすぐ小雨に変わりましたが、道理で今朝は寒いわけです、この冬初めて
朝からヒーターをつけました。今日は摂氏6度以上気温があがらない。
春は遠い。

自宅の教室は月曜日から開始したのですが、ダウンタウンの土曜日の日本
語教室は昨日が初レッスン。前夜金曜日は、干支と日本の正月についても
少し話そうとイラストと写真を揃え、パソコンでの授業準備も終わった
ところで、教材を整理して両手に抱え、リビングを出ようとした途端!

あぁ、わたしとしたことが、今年最初のズッコケ、いや、本場のスッテン
コロリン、こけてしまった^^;
敷いていたカーペットに足を取られ、両手が教材でふさがっていたもので、
恐らく無意識に転ぶ体を支えようとでもしたのか、まともに右膝だけを
床に着き、がーーーん!
息が詰まるほどの痛さで、数分間立ち上がることができなくそのままリビ
ングのドアの前で座ったまま、じっと息をこらしw打った膝ではなくて、
その上部をひたすら手でさする^^;何もせずにいることには痛みで
堪えられないのだ。

通りかかった夫、
「O Dona Yuko(=オ・ドナ・ユーコ=ユーコ奥さん=ドナは既婚女性に
つく冠詞)、そんなとこで座ってなんばしとっと?」

なんばしとっとじゃあれへんがな、転んだんです、立てないのです・・・

助け起こされ夫の手を借りて「膝のサラでも割れていたらどうしよう」と
思いながらやっとこさ寝室まで行ったのですが、痛みがひどい。
塗り薬と痛み止めのピルを用意しながら、

「少し様子をみよう。明日は休んだら?」
という夫に
「2010年初授業よ。みんな日本語を勉強しようと気持ちも新たに
 楽しみにして来る。キャンセルはできるだけしたくない」とわたし。

明朝まで様子を見て場合によってはレントゲンを取りに行こうということ
になった。翌朝起きて、
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

「少し痛みが引いてるみたいなので、行って来るわ」
と出かける気、満々のわたしに夫曰く、
「メトロ駅まで車で行くでしょ。ブレーキを踏むのは右足だよ。
それにメトロは階段だらけだ。」

もちろん地上へ出るエスカレーターやエレベーターもあるが普段使うこと
がないので、こんな膝で探すことになる、それじゃ試しがてらにフラット
の階段を下りてみようとしたところが、
「ダメだ、こりゃ!」
膝が痛くて上り下りにかなりの苦心が要る。

ついに見かねた夫が昨日は車まで教室まで送って行くことに。

いつもだとわたしは始業の15分前には教室に入っているのですが、昨日
はぎりぎり10時に到着。
夫に教材カバンと自分用のイス(教室にはイスが6脚しかなく、我が生徒
は丁度6人。自分用がないのだが、普段わたしは1時間半の授業中に腰掛
けることはない)を持ってもらい、「ヨッコラショ、ヨッコラショ」と二階に
たどり着くと、案の定、生徒6人が既に全員集合してドアの前で待っており、
「あけまして おめでとうございます~」
と覚えたての挨拶^^;
「はいはい、おめでとうございます^^」

こんなわけで今日もビッコをひきながら今年の活動が始まったのですが、
私見ではどうやらレントゲンの必要性はないのではないかと思われます。

運良く、先週金曜日は仕事のキャンセルが入り自由になったので、さっと
3時間ほどダウンタウンへ出かけたので、ブログネタは尽きませぬ(笑)

ダウンタウンを歩く際にわたしが下車するメトロ駅はたいてい市庁舎前に
出る「Ariados=アリアードス駅」だ。(土曜日の日本語教室もこのすぐ
側になる)
しかし、先週金曜日は目的があったので、久しぶりにサォン・ベント駅で
下車することになった。

メトロ駅構内では時折、絵画展写真展などの小展示会が催されるのだが、
今回はこういうのに出会った。題して「皇帝の食卓」とか。↓

皇帝の食卓1
ポルトのメトロ当局とホテル・インファンテ・サグレスと高級レストラン
「Boca doLobo」の協賛でクリスマス・イブ、誕生、勝利等の祝宴の王
(富豪?)主催の食卓をイメージしての展示だ。

皇帝の食卓2
18人用の長いテーブルに下の絨毯はアフガニスタンの高級カーペット。

皇帝の食卓3
コップ類は金で縁取られたドイツクリスタル。ディッシュ類はCaca Real
(二つ目のcにはニョロ記号ことcedelhaが付く)コレクションと清王朝
コレクション。

皇帝の食卓4
↑こちらは食卓用白銀のスープ入れ↓
皇帝の食卓6皇帝の食卓5

白いスープ入れはまるで白鳥が赤いリボンを首にまいているような美しさ
でした。

これらの高級品には手が届かないのはもちろん、賄い婦さんでも雇ってでも
いない限り持っても分不相応と言うもの、こうして偶然見かけて撮影でき、
目の保養になっただけでも儲けものです^^
関連記事
コメント
無理しないでね(^_^;
転んで骨でも折ったら大変だったでしょう。
ドクター(旦那様)の言うこと聞かないんだから~
でもやっぱり日本人らしいなあと思ったり(^_^;)自分より仕事ってとこ。

歳とともに反射神経とか鈍ってきますし、私も転びやすくなりました。
狭い室内でもそうですから、足下、床の状態見直してみてね~

お大事になさって下さい。
2010/01/11(Mon) 04:59 | URL | なみ | 【編集
>なみちゃん

そうですね。早速敷いていた小さ目のカーペット、
滑り止めを取り付けるまで取り払いました。
もうひとつは、室内靴も問題かなと思うのですが、
スリッパが苦手なわたしは変えられませんものね。

通常通りの早足大股で歩くようになるにはしばらく
時間がかかりそう。

なみちゃんも気をつけてね。

2010/01/11(Mon) 18:10 | URL | spacesis | 【編集
I should have studied English very hard.
お大事に~
ケガや病気が一番つらいですからねー
うちの親も転んで骨折なんてことがないように
あわてないでゆっくり落ち着いてが合い言葉になっています(^^)

ポルト寒そうですねー
あっしの住んでいる神奈川はまだ雪降ってないですよ~
初雪はいつかな~(^^)

いやしかし、このまま民主党政権が続くと日本は何やら
デフレスパイラルに突入しそうなので、
日本脱出を本当に考えないといけなくなりそうです(^^;)
ポルトガルは景気どうですかね~(^^)
2010/01/11(Mon) 20:42 | URL | ぎたれれ | 【編集
お大事に
 大事に至らなくてよかったですネ。
 カナダも雪が多くていつ転ぶかひやひやです。
 ところでspacesisさんは九州の出身ですか?私の両親が長崎なので九州弁の響きが好きです。
 どうかお体をお大事に。
2010/01/12(Tue) 04:38 | URL | Starway | 【編集
>ぎたれれ君

うっうっ^^;・・・
ぎたれれ君の親御さんと同年代のわたしだったっけ^^;
慌てないでゆっくりと気をつけます~

ところでNipponn!どうなってるの!どうなるの!
毎朝Web新聞を読むのが怖いよ。
モイケル娘には、子育てはこっちでせよ、と言っています。
って、ちょっと早いか。まだ結婚もしてないんだった(笑)

ポルトガルも諸々問題を抱えているけれど、「ポルトガルが一番いい!」
と言ってはばからない、国を愛し国を誇りに思う若者が多いよ。
それなのにそれなのに・・・いやいや、ここでは止めておこう。

移住するなら、言葉とどこでも使える特技がいる。
祖国に留まって悪法を阻止するのも方法だよん^^
どっちの道にしろ、がんばれ~~。

>Starwayさん

こんにちは!

階段の上り下りは苦しいですが、車の運転はどうやら大丈夫
みたいで、仕事にはあまり支障なし、大きな怪我にならなくて
よかったです。
そちらも滑りやすいご様子、お気をつけくださいね。

ところで、わたしは九州とは正反対の青森は弘前の出身です。
「なんばしとっと」は、モイケル娘の携帯にメッセージを送るときの
わたしの決まり文句でして^^;
「今、なにしてるの?」よりも「なんばしとっと~?」の方が
なんだか温かみがあるような気がしていつもこれで連絡をとるもので、
ブログでもついつい^^;

でも、長崎市とは無縁ではありませんよ^^
ポルト、長崎は姉妹都市になっており、滞在年数が長いわたしは、
時々、両市のお手伝いをしたりしています。
ポルトには長崎市から寄贈された原爆2世の「柿の木」も植えられて
いるのですよ^^

下記ではその柿(あらら、駄洒落ではありません、偶然こうなりました^^;)
の木の記事があります。
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-529.html#more

また下の長崎市国際課サイトではこんなことも時々しています。
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/kokusai/exchange/porto.html

ご両親は現在も長崎市にお住まいですか?
2010/01/12(Tue) 22:55 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ