2010年1月18日(月) 

spacesisさん、いよいよモイケル娘さんのお嫁入り仕度?
なぁんて、わたしのように早とちりの方はそう思うかしら(笑)

「結婚適齢期」なる言葉があった昔なら、今年、年女のモイケル娘、そう
いう話が出てもちっともおかしくありませんが、こればっかりは相手のいる
ことです、「お嫁になりた~い^^」と本人がわめいても、そうそう簡単
には参りませぬわ(笑)

息子にいたっては、日本で英語教師を一生の仕事とするわけではないと思わ
れますし、となると、生活の基盤がまだないことからして結婚など今のとこ
ろまず無理^^; ですから我が家の話ではありません。

週末に読んだ新聞に結婚費用の記事がありました。

挙式や披露宴の形式も近頃はこれまでと違ってきて、お披露目は身内だけで
シンプルにする人たちも増えてきたようです。
ある程度の期間同居してその後に、結婚を決めると言うスタイルも若い人たち
の間では広まっています。 離婚する場合も想定して、財産分割の面倒さを
回避するため結婚後も初めから共用財産を持たない、とするケースもあります。

ポルトガルで目下議論の対象になっているのに同性同士の結婚があります。

ポルトガルは、2001年に、2年以上の交際関係にある同姓同士は、異性
同士と同様の権利を付与することを決めましたが、今年2010年1月8日、
議会で賛成126、反対97、棄権7で、同姓婚が承認されました。

ポルトガルにおける同姓婚の場合、夫婦に準じると同様の権利は認められ
ますが、今のところ「養子縁組は不可、教会で婚姻の認知を受けられない」
の制約があります。

議会は通過したものの、これから法律として発布するために話し合いがなさ
れ、更に立法案(?というのかな?適切な日本語が分かりません。ご勘弁)、
が最終的に大統領によって認可された時点で初めて正式に認められたと
みなされるようです。大統領がゴーサインを渋る場合もあるとのこと。

また、立法案で問題になるのは、ポルトガル語の「casamento=結婚」という
語彙の表現になるようです。
「casamento」は異性同士の婚姻の意味ですので、同姓婚の場合あてはまら
ず、これはこれまでも論争の的になってきました。どのような言葉で同姓
カップルの婚姻が表現されることになるのか、興味あるところです。

いずれにせよ、正式に発布されるまでにはまだまだ時間を要します。
ちなみに、同姓婚が議会で承認されたケースは、ヨーロッパではポルトガル
は6番目、世界では8番目だそうです。

賛否は別にして、結婚、家族に対する考え方、様式は現代では様々です。
わたし自身の考えとしては、敢えて反対を唱えるものではありませんが、
「権利と義務」の部分で、捉え方、考え方を同姓婚の推進組とは、少し
異にすると思います。養子縁組の点でも同様です。

さて、それでも、生涯にただ一度の日(と最初は誰もが思うのだが^^;)、
この部分は伝統通り、華やかな挙式をしたいもので、下記新聞の記事は、
その場合、ポルトガルではどれくらいの費用がかかるのかをはじき出して
います。ちょっと見てみましょう^^

ポルトガルの結婚費用1
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

まず「婚約指輪」。これは白金で少しゴツイのがブームらしく、指輪の
裏には花婿の名前と署名、好みによっては短い詩も彫りこむことができる。
費用は12万円。

次はウェディングドレス。
一般の店で買うと平均12万円ですが、少し名の売れたスタイリストの
ものだと40万円はする。ドレスの色は伝統的な白ではなくて、今や灰色、
銀色がファッション。
また、花婿の衣装は8万円で赤やピンクだそうで、う~~ん・・・・

ま、挙式するのはご当人ですから傍がとやかく言うべきではないのかも^^; 
そうしてみれば、我が若い友人のボーカリスト、ゴッチの結婚式の衣装は
『オール・グリーン』とか言ってたような気がする(笑) 
これが20年近くも前のことだから、ゴッチよ、あんたは時代の遥か先端
を行っておったのねん^^
ちなみに、こちらでは衣装は貸衣装利用よりも買う人が多い。

さて、披露宴。
最近の流行は、大きなキンタ(庭園)でするらしく、120人ほどの招待
客の場合2万ユーロの約260万円。ウェディングケーキは33000円。
そして、真っ白なリムジンは使用料65000円。
ポルトガルの場合は、日本のように2時間3時間のお披露目ではなく、
キンタ(庭園)は貸切で、披露宴も深夜、明け方まで飲んで食べて踊って、
が普通です。
バンドやフォークロア、D.J.が入ったりすると、その費用もかかる。
結婚式は招待客といえども、新郎新婦同様、かなりな体力がいるわけです。

最後がハネムーンで40万円と、〆ておよそ330万円。

結婚式の費用には新居、家具、電化製品等は含まれていません。

これ、考えて欲しいのが、最低賃金が65000円とされるポルトガル
での金額というところなのです。結婚資金を貯めるどころか、実家通い
ででもない限り、若い人たちが自活できる額ではありません。
当然、親の懐から出るのですから、親も大変やなぁ、とわたしなど思う
わけで。

どこかのレストランで身内だけでシンプルに、と言う形式が増えるのも
分かるというものですね。

spacesisさんたちはどうしたのかって?

あは^^わたしたちの場合は、挙式云々は一切なし^^;

ポルトガルは挙式は教会ですることになり、そのためにはカトリックの
洗礼を受けることになる。もちろんわたしはカトリックではありませんし、
結婚式のために洗礼をとは考えませんでした。夫も子供の頃、こちらの
習慣として洗礼を受けてはいるものの、敬虔なカトリックではない。
これが理由のひとつ。

他には金銭的な理由です。わたしがビアハウスの歌姫バイトで必死に
貯めた貯蓄は、アメリカ留学でほとんどなくなり、結婚を決意してアリ
ゾナでの大学進学を捨てて、急遽帰国したわたしの手元に残っていた貯蓄
は、ほぼ「ゼロ」。
当時、研究留学生だった夫の懐もわびしいものではあった。
どちらも頼めそうもない親の懐具合を知っていたましたし^^;

ま、その他にも小さな問題がいくつかあるにはあったのですが、それは
今回は置いておいて。

その代わりと言っては何だが、オフィス時代の仲間やビアハウスの常連
たちがわたしたちが役所に婚姻届をしたその日にアサヒビアハウスでお祝
いをしてくれました。↓ 
若き日の夫とわたし、ほっそりとして贅肉もなく(笑)
古い写真ですが、見分けられますか?
わたしたちの結婚1

 
下は常連の一人とデュエットでよく歌った「世界は二人のために」の二人。
彼と一緒に歌ったのはこの日が最後で、曰く、「世界は君らのために」だそうです^^
わたしたちの結婚3

「パパとママの結婚式の写真は?」と、友達のご両親の結婚写真でも見せて
もらったでしょうか、モイケル娘が小学生の時、訊いたことがありました。
「えっと、えっとね・・・」と一瞬焦りましたが、その時に彼女に見せた
のが、下の写真です。

わたしたしの結婚2

花嫁、花婿衣装は着ていませんが、二人で目一杯めかしこんで写真屋で撮っ
てもらった、これが、わたしたちの結婚記念写真です。(珍しいわたしの
ショートカット写真でもあるw)。この日は、我が母、我が叔母、そして
我が妹夫婦とわたしたちのささいな食事会が祝宴になりました。

豪華も質素も、とにかく結婚式を挙げなかったわけですが、それでも今日
までなんとか30年添い遂げてきました、いや、明日のことは分からない
わたしたちの運命、まだ「添い遂げて」って言うのは早期かな(笑)

わたしの場合はこんな具合だったが、「結婚式を教会であげたかった、
披露宴をしたかった」という気持ちが全くなかったと言えば、正直、嘘に
なる^^;
が、そんなことは、ある意味どうでもいいことだ、一緒にいられれば、と、
当時、わたしが思ったのも正直な気持ちである。

上述の「結婚費用330万円なり」は、ポルトガルに暮らす一般人にとって、
たやすい金額ではないが、息子よ、モイケルよ、全額二人はきついよってに、
半額ずつならばなんとか!と、おっかさんは今、ヘソクッテいるのではある。

明日もがんばるぞ!

今日も長いブログを読んでいただき、ありがとうございます。
よろしかったら「ポチッ」とランキングクリックしていただけると
嬉しいです。
コメント
結婚費用〆て330万円ですか~~~。
この額だけ見ても高いなあと思いますが
最低賃金とあわせてみるとさらに高いですよね?!

同性婚、どうなるでしょうね。
興味があります(^^)

そしてお2人のお写真素敵です!
やっぱり記念になる写真があると良いですね。私達も一枚ぐらいちゃんとした写真を撮っておこうかなあと思いました♪
2010/01/19(Tue) 12:03 | URL | tulp | 【編集
御目出度い話で盛り上がっているところ
恐縮ですが、本日はお願いがありコメントしました。Frankfurt⇔Porto、往復航空券、押えました。2/14-2/20です。狙いは2/17、チャンピオンズリーグ、FCポルト対アーセナルのサッカー観戦。当然、地元サポーター会員に優先的に販売。売れ残れば、一見客の非会員に前売り券、当日券を販売。

spacesisさんの日本語学校の生徒さんの中に熱狂的FCポルト・サポーターがおられますでしょうか?できれば聞いて頂きたいことがあります。

1.一見客の非会員に売ってくれそうか。1週間前から?それとも当日券だけか?

2.売ってくれるのはゴール裏?メインスタンド側?

3.一見客の非会員(ここ重要!会員には当然、割引価格で販売されると思うので)にはいくらで売ってくれるか?ゴール裏、80ユーロ、メインスタンド、100ユーロとか。

あつかましいお願いで申し訳ありません。もしそんな生徒さん、おられましたら宜しくお願いします。

ではでは。
2010/01/19(Tue) 18:41 | URL | Werder Bremen | 【編集
>tulpさん

それに新居費云々を入れると、すごいね^^;
普通の若い人が自力でできる額ではありませんね。
すると、鳩山ママのような財力ママがいなきゃ~(笑)

ウエディングドレスを着なくても、記念写真を撮って
おくのは、いいかもよ^^

>Werder Bremen さん

夫にまず聞いてみましょう。少し時間がかかるかもしれませんが、
分かり次第、掲示板にて!
2010/01/19(Tue) 19:36 | URL | spacesis | 【編集
ありがとうございます!
旦那さんに聞いて頂けるとは心強い!掲示板とはここですね(↓)?
http://www1.ezbbs.net/02/spacesis_pt/
でも旦那さんは確か、ベンフィカのファンでは?このブログのどこかに書いてあったような気が。「憎きライバルチーム、FCポルトかよ!知るか、馬鹿者!」などと怒りださなければ良いのですが。少し心配です。老婆心ながら。

繰り返しますが、有難うございます。でも無理なさらず。最後は、当日、ダフ屋という手もありますから。

ではでは。
2010/01/19(Tue) 22:45 | URL | Werder Bremen | 【編集
ポルトガル同性婚
フランスより楽しく読ませていただいております。
とくに、お子さんを日英ポのトリリンガルに育てられるにおいての、創意・工夫・努力に、感銘を受けました。

さて、ポルトガルにおける同性婚のこと、先々週かしばらく前に、こちらのラジオの報道で、ポルトガルでも認められた、ヨーロッパでは6カ国目と言っていたような記憶があります。
ラジオで聞いただけですけど・・・
2010/01/20(Wed) 00:24 | URL | フランス在住ブログ読者 | 【編集
こんにちは。

同性同士の結婚については、今回ポルトガルに滞在した時に、親戚一同で大議論が繰り広げられていたのを覚えています。
今後の展開が楽しみです。

それから、ポルトガルの結婚式費用330万円は納得です。
昨年、旦那の友人の結婚式に出席させてもらったのですが、まさにspacesisさんの記事にあるような、流行の結婚式。
教会の挙式から、庭園を貸切披露宴が終わった後、夜はクラブのように変身し、その間にもデザートブッフェが登場したり、もうこの世の終わりかのような食べ物の量でした。(笑)

私もspacesisさんと同じく、結婚式はしていないので、結婚費用に関しては負担していないのですが、日本はこんなに派手な結婚式をする人は最近みかけないように思います。
大がかりな挙式でも、300万円程度と聞いております。
給料水準が日本の方が高いことを比べると、ポルトガルの結婚式への意気込みはすごいものが感じられますね。

結婚記念写真、とっても素敵ですね!
spacesisさんのように、子供に結婚式の写真を見せて欲しいと言われた時のためにも、写真位は残そうかなと感じている次第です。
2010/01/20(Wed) 01:09 | URL | じょみー | 【編集
ビショップ スリーブのワンピースです か‥
 分かります!爆笑されて、ます、もんねぇ。それにしても眼鏡の御仁が多い(p_-)自分も【免許証】では(眼鏡使用)になって居ります。が、老眼ではなくド近眼ですぅ。

あの頃、梅新界隈、近畿一円で、この手のスリーブが流行ったのかな?記憶の何処かに残ってます、が。津々浦々です、ね。

綺麗な『記念写真』で御座います。やっぱ本格的な写真も必要です、ね。それに!カメラ目線で無いのが素晴らしい。キャッチライトも効いて、左上45度?からの程良いライティングによる、仄かな影にも味わいが御座います。

スマートな御両人!旦さんの拘りと気どり、ヨーロピアンダンディズムが‥オーパ!!。spacesisさんの乙女チックな緊張感が初々しいし、若き日の女優の誰かに似ています、ねぇ‥オーパ!!。

ささいな食事会が気になって(^_-)-☆漫画切手は後で検索して見ま~すV。
2010/01/20(Wed) 04:28 | URL | 非行左衛門 | 【編集
>Werder Bremenさん

確かに夫の贔屓チームはFCポルトではなく
ベンフィカ、そのせいか、
直接観戦は、わたしが知る限り、なかったです。
一応彼に聞いてみましたが、やはり詳しいことはわかりませんでした。

FCポルトのオフィシャルサイトを見てみましたが、現在そのサイトで
売られている券はなしとのこと。

案外日本語でのネット検索のほうが情報が得られるかも
しれません。

お役に立てずにごめんなさい。スポーツ面は
わたしはダメなのです^^;
でも、今日の若い生徒さん、あるいは少し知っているかも
しれません。なにかわかりましたら、またこちらで、ご連絡します。

ドラゴンサッカー場はうちから車で2、3分ほどという
近距離なのにね(笑)

観戦にいらっしゃるのですか?
2010/01/21(Thu) 18:28 | URL | spacesis | 【編集
>フランス在住ブログ読者さん

初めまして。
当ブログの拙文、読んでいただきありがとうございます。

同姓婚ですが、今月8日に確かに議会で賛成126、反対97、
棄権7で、可決されましたね。ブログ読者さんがお聞きに
なったのはそのニュースだと思います。

ただ、ポルトガルでは「養子縁組」は今の段階ではできず、
異性婚カップルと同等の権利を有することはまだできません。

また、議会は通ったものの、これから法律として発布するために、
色々話し合いがなされ、更に立法案(?というのかな?適切な
日本語が分かりません。ご勘弁)、が最終的に大統領によって
認可された時点で初めて正式に認められたとみなされるようです。

そこで大統領がゴーサインを渋った場合は最高裁にいくのかな?

また、立法案で問題になるのは、ポルトガル語の「casamento=結婚」
という語彙の表現になるようですよ。
「casamento」は異性同士の婚姻の意味ですので、同姓婚の場合
あてはまらず、これはこれまでも論争の的になってきました。

いずれにせよ、正式に発布されるまでにはまだまだ時間を要する
のではないかと思われますが、当記事の方は誤解を招きそうです
ので少し書き直しいたします。

今後もどうぞよろしくお願いいたします^^

>じょみーさん

結婚披露パーティーと洗礼パーティーはポルトガル、凄いですね。
ただ、これも持てる人ならばの話で、一般人は質素に
済ます人が多いのではないでしょうか。

数年前にわたしたちが招待された結婚式、挙式はポルトのセ(大寺院)、
披露宴はポルトワイン社のテイラー庭園、
豪華そのものでした。
「ある所にはあるんだなぁ」とつくづく思いました。
もちろん、食べて飲んで踊っての宴は明け方の4時まで。
わたしたちは失礼した一番最初の客で、なんとまぁ11時の退席でした^^;
その日は午前中仕事もあり、とても体力的に無理、もちろん
前もってのお断りはしましたが。

記念写真は撮っておいても悪くないかも^^

>非行左衛門殿

あっはっはっは。そのスマートも今ではなんでございますな(笑)
ブログのどっかに、この写真から30年後のわたしたちが
載ってるはずですが、見比べないでもええのよ~(笑)

このドレスだけは、自分で生地を選びデザインして友達に作って
もらいました。
今でももっていますが、眺めるに付け、どうやってこんなに
痩せてたのか!(爆)

で、「ささいな食事」のとこまで目が行くとは!
あの頃はビールさえ美味しければそれでよかったのです^^
梅新アサヒビアハウスのビールは吹田(だったと思う^^;)からの
直送で、美味しい生ビールでしたよ!
2010/01/21(Thu) 23:39 | URL | spacesis | 【編集
同性婚・追記
 わかり易い解説(及び記事の変更)をありがとうございました。
こちらでは、議会を通っていないこともあり、8日(だったんですね)は、日中のラジオ報道で繰り返し、トップのニュースとして扱っていました。それだけ、フランスにおけるこの問題への関心度は高いようです。
 
今後とも、話題豊富な当ブログ、楽しみに読ませていただきます。
2010/01/23(Sat) 02:13 | URL | フランス在住ブログ読者 | 【編集
>フランス在住ブログ読者さん

書き直した自分の記事にもう一度目を通しましたら、
脱字で文がおかしい箇所がありました^^;
こうのようなことをよくしておりますので、どうぞ、ご勘弁ください。

こちらでも議論沸騰、わたしもこの問題は、新聞記事などを
切り抜き、ポルトガル語の勉強にもなりますので、個人教授
をお願いしている先生に丁寧な解説をお願いいたしました。

こちらこそ今後もどうぞよろしくお願いいたします。
2010/01/23(Sat) 05:56 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村