2006年5月14日
dijon

ここ数日、もいける娘夏の帰省格安切符を求めてネットサーフィン。
7、8月はさすが高い。
が、頭にくるのは、提示されている切符の値段を鵜呑みにすると、とんでもない
ということです。

よく読むと、成田空港使用料、現地空港税、航空保険料、更に燃料サーチャージetc.
と別途料金があること。
パリ空港税など2万以上です。なんだかんだと3万ほど結局上乗せになるの
でしょうか・・・

機内サービスも以前に比べて随分落ちました。
食事の回数がイヤと言うほどあったのが、メイン食は一食のみ。
後は軽食です。 
先ごろブルッセルへ行って来た亭主、アルコール類、食事は有料だよ、と
驚いてました。

こんなことをしていた今日、昔、ケンブリッジで一ヶ月語学勉強をしていたころ、
思い切ってロンドンからパリへと一人飛んだことがあったのを懐かしく思い出しました。
乗った飛行機はエール・フランス。
それでですね、あの広い機内に乗客はわたしも含めて10人もいませんでした。

日本からロンドンまでは語学研修のグループ旅行で、パリへ飛んだのが生まれて
初めての海外旅行一人旅。
緊張と不安でコチコチになっていました、わたし(w)

フランス人のとてもハンサムなエア・ホストが、何度もわたしの席まで来て、
キャンディをチョコレートをすすめるのです^^;
その度にわたしは、正しいかどうかも知らないのにメルスィはありがとうだからと、
「ノ、ノン・メルスィ・・・」^^;
しまいには、シャンペンを開けてくれましたw
そのシャンペンにも口をつけず、今から思えば、なんとももったいない話。

そうして着いた初めてのパリは当時、オルリー空港。
そっから豪腹にも、空港からタクシーでパリの街に入り、過分のチップを上げ^^;
それ故か、タクシーの運転手がフランス人には珍しくw親切にしてくれました(笑)

わずか数日の滞在でしたが、その間、パリから汽車で絵の勉強をしている友人の友人
が住む、ディジョンと言う小さな町まで行ったものでした。
当時のパリもロンドンも、日本からはまだまだ遠く、海外旅行は高値の花だった
時代でした。
その後再び二つの大都市を訪れる機会がありましたが、あの頃の雰囲気とは
すっかり違っていました。
それも当然の話です。
日本も豊かな国になり、世界は一般人の国際舞台となったのですからね。

ひなびた魅力を湛えてきたポルトガルも徐々に変わりつつあります。
ポルトガルがまだ日本の人達からすると、穴場なのは、日本からの直行便がない
ことだと思います。

例えリスボン空港からでも日本への直行便があれば、帰国はとても楽になるな、と
思いながらも心のどこかで、「そうならなくてもいいや」と、どっといつの間に
やら文明が(笑)、この国に押し寄せてくるのを、危惧しないでもない^^;
勝手なものですw
30年以上も前のパリ飛行を思い出して、「グローバル化」と言うのは、国事態の個性が
失われることでもあるかな?と、思ったのでした。
pari

↑パリーディジョン間の列車内で。

★上の写真は1960年代のディジョンの町
★ランキングクリックお願いします^^


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村